Spitalfields Under Immense Threat

★☆★最新★☆★
2003年1月に出たBBCの記事→こちら。

注:草稿の段階に限りなく近い文です。

2002年秋,SMUTなどの抗議(署名活動など)もむなしく,地元自治体であるタワー・ハムレットが,同マーケットの建物の半分を取り壊して現代建築に建てかえる案を可決しました。新しい建築物は,ロイズタワーで有名で,かつテムズ川のミレニアム橋,通称「ぐらぐら橋」で市民を呆れかえらせ,働く人には「機能的ではない」という評をもらっている新市庁舎で巨額の報酬と名声を得た,世界的に著名な建築家の事務所が手がけます。半分はとりあえずは現状のまま,マーケットも開いていくとのことです。

が,見通しは明るくないようです。要は,「ビジネス街にこんな役にも立たないものがでーんと構えているのはもったいない。こんなに立地条件が良い場所なのだから,もっと投資を呼びこみ,経済を直接活性化できるようなものを作るべき」というのが,この再開発という名の破壊の理由です。たとえ建物は半分だけ残ったとしても,スピリットがそのまま残るとは考えにくい。コンラン卿が「パリ市民はLes Hallesを取り壊したことを後悔している」と語っていますが,ロンドン市民もユーストン駅を建て替えたことを後悔しているそうです。

そういう精神的なこととは別に,物理的な災難もまたあの建物にふりかかりました。今年の秋の悪天候(とてつもない強風)で,スピタルフィールズの建物の屋根が落ちたそうです。(以上,伝聞体の部分はうたぞうさんからの情報。)こうなってしまうと,その屋根を修復するコストのことも心配になってきます。

東京にいる自分にできることは状況を知ることだけですが,今後もニュースなど気をつけて見ていくようにします。なお,新しい情報が入り次第,当サイトのtoday's newsで記事にします。

――2002年11月14日(決定稿になる見通しは未定。)

 

  
  trust & heritage 目次

  
  home

no frills