Re-enactment

香織さんの寄稿(2001年9月)

イングリッシュ・ヘリテイジには"Re-enactment"と呼ばれる催しがあります。ボランティアの人たちが,テーマに沿った中世の扮装でなりきって1日過ごす,というものです。お姫様や粉引き,糸つむぎのおばさんや狩りから帰ってきた男たち……騎士や王様もいます。私も経験したのですが,観光客がいることなどおかまいなしに彼らの芝居というか,生活を営んでいるので,本当に中世に迷い込んでしまったような気がしてきて,おもしろかったです。彼らは仕事の余暇などを利用して各地のヘリテイジ物件をキャンピングカーで回り,楽しんでやっているそうです。イングリッシュ・ヘリテイジが1年間のスケジュールを記したパンフレットを配布しています。

(c) 香織さん,文責 no frills

■関連記事■
イングリッシュ・ヘリテイジのいわゆる「フリーパス」について

  
  trust & heritage 目次

  
  home

no frills