どうしても印刷に間に合わなかった追加情報があります。
ここをクリックしてお読みください。

20 December 2001, it's finally out!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
当サイト作者著の『ロンドン本』が,
2001年12月20日に発売されました。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■書名■ 『週120ポンドで暮らすロンドン生活術』(……ん?)
■著者■ いけだ よしこ(No Frillsサイト作者の筆名です)
■定価■ 本体1300円+税=1365円
■版元■ 株式会社 太田出版
■総ページ数■ 216ページ
■ISBN■ 4-87233-546-5 

■内容・全体的に■

基本的に「お金持たず」の視点からの暮らし方,という感じです。
いかにお金をかけずにロンドンで普通に暮らすことができるか,お金をかけないということはどういうことを意味するのか,お金がかからない代わりにかかってくる負担とどのあたりで折り合いをつけるか,そういった点でどなたかの役に立つことができれば,と思っています。

■内容・ちょっと詳細に■

序:::::::到着したらすぐにやること=市内地図の購入とその見方
第1章:::住む場所について=フラット探し
第2章:::食べるものについて=自炊
第3章:::出歩くときについて=交通機関  ★ 印刷に間に合わなかった追加情報 ★
第4章:::露天市について=ストリート・マーケット
第5章:::言葉について=持ち物としての英語
付録:::::イミグレーション/B&B/役立つウェブサイト
※ ↑で使っていることばは,説明のためのことばであり,各章のタイトルとは異なります。

■書名について■

「週120ポンド」というのは,ハッキリ言ってしまえば,キャッチコピーです。
ただしまるで根拠のないことではありません。2000年に私が1ヶ月強ロンドンに滞在した時のことをベースに算出した,「とりあえず雨風がしのげてベッドで寝られてお風呂に入れてトイレもあって,何とか食べるものはあって用があったら出かけることができる」だけの数値です。
(※ 詳細はこちら=まえがきフルヴァージョン=をご覧ください。)
そんなものを「暮らし」とか「生活」と言ってよいのかどうか……だからこそ,この書名には,著者の心の奥底では,あんまり納得いってないわけです。真の意味で「暮らし」「生活する」には,週£200はかかるでしょう。週に2,3回は友だちと遊びに行って,たまには外食して,映画を見たりもして,本を買ったりCDを買ったり,時には衝動買いしてストレス発散させるには。
 
ということで,どうかお願いします。
週120ポンドかつかつの予算でプランを固めないようにしてください。

■内容・もっと詳細に?■

例えば第4章(ストリート・マーケット)では,以下のマーケットについて,どんな雰囲気か,どんなものがあるかについて,また開催日時や交通機関などについて,ご紹介しています。
Kingsland Road / Ridley Road / Hoxton Street / Columbia Road / Brick Lane / Bethnal Green / Roman Road / Whitechapel / Spitalfields / Petticoat Lane / Portobello Road / Sheperd's Bush / Camden Town / Camden Passage / Chapel Market / Brixton / Peckham / North End Road / Greenwich / Bermondsey / Deptford / Wimbledon Stadium / Billingsgate Fish Market / Berwick Street & Rupert Street / St James's / Covent Garden / Smithfield / Leather Lane / Whitecross / Leadenhall
あとは〜〜版元さんと「ウェブでの内容公開はどこまで可能か」についてきっちり話をしてからにさせてください。(ほんとはそういう諸問題を全部クリアにしてから出版日を迎えたかったのですが,ここしばらく身辺ががたがたしっぱなしで,そういった作業を進めることができません。あしからずご了承ください。)

■イラストについて■

本編の,かわいいような,ちょっと毒があるようなイラストは,斎藤 新さんが担当してくださいました。斎藤さんに連絡を取りたい方は,版元さん(株式会社 太田出版)または著者までご連絡ください。

 

 

■謝辞■

以下は,本来でしたらば,「あとがき」とすべき文章です。
しかし,ページ数の都合がつかず,「あとがき」がない本になってしまいました。
関係者各位にはお詫び申し上げますと共に,この場を借りて感謝の念を捧げます。
ありがとうございました。
 
自主制作出版物『イギリスのこと。』以来,多くの点でご協力いただいた皆様。
皆様の経験と情報とことばなしには,
自主制作出版物もこの『本』もこの世に生まれることはなかったでしょう。
 
また,このサイトを通じて,貴重な体験談をお寄せくださった皆様。
 
様々な意味でヒントを与えてくださった皆様。
 
アンケートにご回答くださった皆様。
 
本当にありがとうございました。

■アンケートにご回答くださった皆様へ■

本来でしたらおひとりおひとりにお礼を申し上げるべきところですが,
メールアドレスを記録してあったハードディスクのクラッシュ,
バックアップデータの損傷(フロッピーがどうしても読み取り不能)という
不測の事態に見舞われてしまい,
それがかないません。
まことに申し訳ございません。
よろしければぜひ今一度ご連絡くださいませ。(掲示板メールフォーム

2001年12月19日 筆
No Frillsサイト作者
(筆名:いけだ よしこ)

どうしても印刷に間に合わなかった追加情報があります。
ここをクリックしてお読みください。

 no frills top page