書籍ご案内:この文書はいけだ版です。益岡さん版と少し内容が違います。最新情報はウェブログにて。

『ファルージャ 2004年4月』

『ファルージャ 2004年4月』表紙画像 ラフール・マハジャン、ダール・ジャマイル、
ジョー・ワイルディング、エイミー・グッドマン著
益岡賢+いけだよしこ編訳
現代企画室(website
ISBN 4-7738-0404-1
定価 1500円+税
amazon.co.jp
[AD-IMG]楽天ブックス(商品直結リンク)
※上記リンクからの購入の場合、代金の5%が私に還元されます。このリンクからの売上は他のものと分けて計算し、イラクの医療支援NGOなどに寄付します。⇒会計報告はこちらで。  
 

3月31日の「米民間人殺害」――それが2004年4月の「ファルージャ」の発端でした。
 
2004年4月、米軍が街を包囲し、陸空から攻撃を行い、商店を破壊し家を破壊し、人々を殺害していたまさにその只中にファルージャに入った“西側”の人々の中に、米国籍のジャーナリスト2名と英国籍の人道活動家がいました。彼らはウェブログなどを利用してネットで日々の状況を発信していました。
 
この218ページの小さな書籍は、これらのジャーナリスト(ラフール・マハジャン、ダール・ジャマイル)と人道活動家(ジョー・ワイルディング)の記事を、現代企画室と編訳者が独自に企画・編集し、日本語化したものです。
 
ファルージャで何が起きていたのか、何が行われていたのか、何が為されていたのかを3人の視点によって立体的に描き出すこと。
 
イラクの人々が生きる「いま」を知り、また、イラクの人たちと私たちの間にある隔たりに思いをめぐらせること。
 
米英主導のイラク占領とは一体何なのか、そこで起きている「テロ」とは何なのか、さらに日本の自衛隊のイラク派遣はどのように位置付けられるのかを、じっくり考えること。
 
ちょっと欲張りすぎかもしれませんが、この本のねらいです。
 
できるだけ多くの人に読んでもらいたいと思い、持ちやすいサイズで読みやすい活字の本にしてもらいました。また、出版社の現代企画室に無理を言って、定価を1500円に抑えてもらいました。
 
買って頂けると嬉しいですが、図書館に注文して、あるいは知人の間で読み回して等、どんなかたちでも、ぜひ、お読みいただけると幸いです。
 
2004年6月21日
いけだよしこ+益岡賢
■目次■
ファルージャ背景(益岡賢)
地獄の扉を開く――バグダードからの報告(ラフール・マハジャン)
 
I ファルージャ 2004年4月10日・11日
恐怖は怒りに変わっている――イラク人レジスタンスの報告(ラフール・マハジャン&エイミー・グッドマン)
「我々はファルージャを『救済』するために破壊せねばならない」(ラフール・マハジャン)
米軍はファルージャで民間人を虐殺している(ダール・ジャマイル)
ファルージャの目撃者より(ジョー・ワイルディング)
 
II バグダードより
「イラク人の心をつかむ」(ラフール・マハジャン)
医師たちの報告――ファルージャではクラスター爆弾が使われ、米軍は患者にいやがらせをしている(ダール・ジャマイル)
「帝国ノート」より(ラフール・マハジャン)
 
III ファルージャ 4月13日〜15日
ファルージャへ戻る(ジョー・ワイルディング)
 
解説 イラク侵略・占領と日本の動き(益岡賢)

編訳者あとがき
ささやかでも、できること
日本語で読めるイラク関係情報のウェブサイト ⇒webで見る
参考文献
原文一覧 ⇒webで見る
著者紹介 ⇒webで見る
編訳者紹介 ⇒webで見る
 
---------------------------
 
■写真(いずれもダール・ジャマイルによる)■
見返し表:米軍の攻撃で負傷した子どもを運ぶ父親(4月11日)
見返し裏:犠牲者を埋葬する墓地と化したサッカー場(5月7日)
本扉:米軍の爆撃で破壊されたモスク(5月7日)
33ページ:米軍の狙撃兵による銃撃を受けた救急車(4月11日)
 
---------------------------
 
■ 訂正 ■
p. 206.
コリン・パウエル米国務長官のURL
http://contact-us.state.gov/ask_form_ cat/ask_formsecretary.html
→ http://contact-us.state.gov/ask_form_ cat/ask_form_secretary.html

 

「これが民主主義だって?
平和的なデモ参加者を攻撃することが?
人びとを殺して建物を破壊することが?」

オビにあるこのことば↑は、バグダードのシーア派スラム、サドル・シティで、米国人ジャーナリストのラフール・マハジャンが聞いたものです。

「これは犯罪である」

こちら↑は、ジョー・ワイルディング。オビの背表紙側も出典はワイルディング記事。

 

最新情報(アップデート)

ファルージャについて書かれているもののリンク追加など、新しい情報の追記は、基本的にウェブログ(http://teanotwar.blogtribe.org/)で行います。
 

 

本書より、各種資料

本書巻末の資料集にちょこちょこと加筆。適宜ご活用ください。(最新情報についてはウェブログもご参照ください。)

●日本語で読めるイラク関係情報のウェブサイト
Riverbend Project訳 『バグダードバーニング』
http://www.geocities.jp/riverbendblog/

バグダード在住女性RiverbendさんのウェブログBaghdad Burning(http://riverbendblog.blogspot.com/)をRiverbend Projectが日本語化して紹介しているもの。イラク人の声を知るために必須のページ。このブログをまとめた書籍が、2004年6月にアートンより刊行予定。
 
Nofrills訳 『Raed in the Japanese Language』
http://raedinthejapaneselang.blogspot.com/

「世俗主義で左派のムスリム」建築家で、NGOの活動もしているRaed JarrarさんのウェブログRead in the Middle(http://raedinthemiddle.blogspot.com/)を、本書の編訳者の一人いけだ(nofrills)が日本語化しているもの。
 
『TUP速報』
http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/

約40人の翻訳者がボランティアで戦争と平和に関する記事を手分けして紹介しているもの。ダール・ジャマイルの記事をはじめ、ファルージャ関係の重要な最新情報も提供している。イラクについて考えるために、大手メディアが伝えない情報源として重要。
⇒TUPの翻訳記事のアンソロジーが『世界は変えられる――TUPが伝えるイラク戦争の「真実」と「非戦」』(七つ森書館・1800円)として2004年5月に出版されました。
⇒ジョー・ワイルディングさんと行動をともにしていたオーストラリアのドナさんの手記が日本語に翻訳されています。イラク人道支援家ドナ・マルハーンのメール:「ここバグダッドでは」《豪州NGO女性ドナのファルージャ拘束報告No1》《豪州NGO女性ドナのファルージャ拘束報告No2》など。
 
『反戦翻訳団』
http://blog.livedoor.jp/awtbrigade/

主として反戦運動にかかわる海外記事の翻訳紹介を行うページで、ラフール・マハジャンの記事をはじめ、ファルージャ関係の重要な最新情報も提供している。イラクについて考えるために、大手メディアが伝えない情報源として重要。
カテゴリー:ファルージャ……【Ali君の救出 合州国狙撃兵が救急車に発砲する土地】リー・ゴードンや,【合州国による大屠殺によって、イラク人の墓が増大している】Gang Eun Ji(2004/5/3)など。
 
『バルダザールどこへゆく』
http://si-f.air-nifty.com/bal

2004年4月8日の「あるイラク人の母親から、ファルージャで殺された米国人の母親達への手紙」をはじめ、バスラ、ファルージャについての記事を収録。
 
斎藤力二朗抄訳 特設コーナー「外電の目」(『中東経済を解剖する』内)
http://www2.pf-x.net/~informant/cgi-bin/keijiban/top.html

アラビア語のニュースを日本語に抄訳して紹介する貴重な情報源。
 
『ワールドピース・ナウ』
http://www.worldpeacenow.jp/

イラク侵略開始前から積極的な反戦活動を展開し、大規模な反戦行動を組織してきた団体ワールドピース・ナウのページ。様々な情報が満載。
 
『アメリカの戦争拡大と日本の有事法制に反対する署名運動』
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/

様々な署名キャンペーンや講演会・報告会の情報の他、劣化ウランの被害についての情報も充実している。劣化ウラン被害をはじめ様々な冊子体の報告書も作成・配布している。
 
どすのメッキー 『爆弾はいらない 子供たちに明日を』
http://homepage2.nifty.com/mekkie/peace/iraq/

詳細なイラク年表は圧巻。イラク侵略の経緯と日本の対応がよくわかる。
 
『おかしな報道には抗議しよう日記』
http://www.mypress.jp/v2_writers/talkingdrum/

大手メディアの報道を分析し、抗議の視点を提供しているページ。
 
『森住卓ホームページ』
http://www.morizumi-pj.com/

特にイラクの子どもたちの生活について写真や記事多数。劣化ウランをめぐる記事も。
 
志葉玲『REI SHIVA』
http://homepage2.nifty.com/rei-ngo-report/

ジャーナリスト志葉玲さんのページ。イラクの写真・記事ほか関連情報へのリンクも多数。
⇒2004年5〜7月にイラクを取材、ファルージャへも。志葉さんのウェブログで最新情報随時更新中。日々伝えられることを拝読してわかるのは、「ファルージャ」はファルージャだけじゃないってことだ。
 
『パレスチナ情報センター』
http://palestine-heiwa.org/index.html

パレスチナに関する情報のページだが、「注意深くお金を使うために」をはじめ、参考になる様々な情報がある。
 

●原文一覧
ラフール・マハジャン 「地獄の扉を開く」
Rahul Mahajan, "Opening the Gates of Hell: Report from Baghdad," April 07, 2004.
http://www.zmag.org/content/showarticle.cfm?SectionID=15&ItemID=5283
 
ラフール・マハジャン&エイミー・グッドマン
「『恐怖は怒りに変わっている』:イラク人レジスタンスの報告」
Rahul Mahajan & Amy Goodman, "'Fear is Transmuting Into Anger' - Rahul Mahajan Reports on Resistance in Iraq," April 13, 2004.
http://www.democracynow.org/article.pl?sid=04/04/13/1443251
 
ラフール・マハジャン 「我々はファルージャを『救済』するために破壊せねばならない」
Rahul Mahajan, "Report from Fallujah -- Destroying a Town in Order to Save it," April 12, 2004.
http://www.empirenotes.org/fallujah.html
 
ダール・ジャマイル 「米軍はファルージャで民間人を虐殺している」
Dahr Jamail, "Americans Slaughtering Civilians in Fallujah," April 13, 2004.
http://www.antiwar.com/orig/jamail.php?articleid=2303
 
ジョー・ワイルディング 「ファルージャの目撃者より」
Jo Wilding, "Please Read - Eyewitness Report from Falluja," April 13, 2004.
http://www.wildfirejo.org.uk/feature/display/114/index.php
http://www.wildfirejo.blogspot.com/
 
ラフール・マハジャン 「イラク人の心をつかむ」
Rahul Mahajan, "Report from Baghdad -- Winning Hearts and Minds," April 14, 2004.
http://www.empirenotes.org/abuhanifa.html
 
ダール・ジャマイル 「医師たちの報告 ―― 米軍はファルージャでクラスター爆弾を使用し、患者にいやがらせをしている」
Dahl Jamail, "Baghdad Doctors Reporting Cluster Bombs in Falluja, Harrassment of Patients by Troops," April 19, 2004.
http://blog.newstandardnews.net/iraqdispatches/archives/000211.html
 
ラフール・マハジャン 「『帝国ノート』より」
Rahul Mahajan, "April 15, 11:45 am EST. Baghdad, Iraq," April 15, 2004.
http://www.empirenotes.org/april04.html#15apr044
 
ジョー・ワイルディング 「ファルージャへ戻る ファルージャへの二度目の旅と礼儀正しい誘拐者たち」
Jo Wilding, "Falluja (2) The Second Trip to Falluja and the Courteous Kidnappers" April 17, 2004.
http://www.wildfirejo.org.uk/feature/display/115/index.php
http://www.wildfirejo.blogspot.com/
 

著者紹介
ジョー・ワイルディング
英国ブリストル出身。2003年6月に法律学士号を取得。弁護士資格の準備中。イラクに対する経済封鎖の影響に関心を持ち、2001年8月、経済封鎖に反対する英国の団体「荒野の声」使節の一人としてイラクを訪問。2002年英国税関に訴えられることで経済封鎖の問題を英国内に知らしめた。2003年2月、オブザーバとしてイラクを訪問。2004年にもイラクに滞在。現在は、イラクからの情報を伝える記事を執筆するほか、英国とイラクの学校間協力の確立、トラウマを受けたイラクの子どもたちのためのサーカス上演 (Circus2Iraq)、英国政府によるイラクの人々に対する人権侵害の欧州人権裁判所への告訴、イラクの草の根組織の援助に従事している。ホームページはhttp://www.wildfirejo.org.uk/。Circus2Iraqのホームページはhttp://www.circus2iraq.org/
 
ラフール・マハジャン
米カリフォルニア工科大学数学科卒業、テキサス大学オースチン校より素粒子物理学で博士号を取得。平和活動家。「ノー・ウォー・コレクティブ」の創設メンバーで、「ピース・アクション」の全国委員。著書にThe New Crudade: America's War on Terrorism (Monthly Review Press, 2002) とFull Spectrum Dominance: U.S. Power in Iraq and Beyond (Seven Stories Press, 2003) がある。2004年1月および4月にイラクを訪れ、最新のイラク情勢を伝えている。ホームページはhttp://www.rahulmahajan.com/。イラク滞在の最新情報を綴る「帝国ノート」はhttp://www.empirenotes.org/
 
ダール・ジャマイル
米アラスカ州アンカレジ出身。ジャーナリスト、活動家。2004年、イラクに滞在し、米軍の占領がイラクの人々に及ぼす影響を中心にした記事を、米国の「ピープルズネットワークス」が運営する「ニュースタンダード」紙(http://www.newstandardnews.net/) などに寄稿している。イラク滞在を綴ったホームページはhttp://blog.newstandardnews.net/iraqdispatches/。ジャマイルの活動を支える紹介ページがhttp://newstandardnews.net/dahr/index.cfmにある。
 
エイミー・グッドマン
ジャーナリスト。米国の独立系コミュニティ・ラジオであるパシフィカ・ラジオ・ネットワークで、戦争や人権等の問題を扱う番組「デモクラシー・ナウ!」を担当。1991年11月12日東ティモールでのサンタクルス虐殺事件のとき現地にいた目撃者でもある。2001年、パシフィカ・ネットワークの一員であるニューヨークのWBAIラジオ局の首脳陣が替わった際、嫌がらせを受けて排除され、一時独自放送を行うが、翌年から番組に復帰している。デモクラシー・ナウ!のホームページはhttp://www.democracynow.org/
 

編訳者紹介
益岡賢 (この書籍の紹介文の益岡さん版もぜひお読みください)
翻訳家。詳細はhttp://www.jca.apc.org/~kmasuoka/参照。益岡さんのサイトにはたくさんの翻訳文書がアップされています。
 
いけだよしこ(ウェブでのハンドルはnofrills)
益岡さんと違ってウェブサイトが整理整頓されていないのでちょっと詳しく書きます。これまでに英語⇒日本語化した文書はここのページ、Raed in the Middle日本語化はここ、日本語を英語にしたものはここにあります。ほかにウェブログ(基本的に「英国のニュース」ですがまあいろいろと)があって、本拠地はここ。成り行き任せなので全部ドメインが違うんですが、管理者はすべて私です。ご連絡用のフォームはここにリンクしてあります。
 

翻訳資料集

著者さんたちがアラビア語で聞いたものを英語にしてるのを日本語にしたので、アラビア語の読み方の面で泣きそうになりました。というわけで、特にこの点について、資料集という形でまとめられたら、と思ってます。が、まだ手をつけてないのでちょっとお待ちください。

 

後記

私がこの書籍の作業を進めていた2004年4月後半、「ファルージャ」は「シンボル」になっていました。シーア派もスンニ派もなく、イラクの人々、すなわち「イラク人」の「シンボル」でした。
 
「シンボル」になった(なってしまった)ことの持つ意味。
 
6月19日、米軍は「外国人テロリスト(ザルカウィ氏)の隠れ家」という「確たる証拠がある」として、ファルージャの民家を爆撃しました。(私のウェブログより関連記事1関連記事2
 
ザルカウィ氏はそこにはおらず、その家に暮らしていた人たちが死にました。
 

2004年6月19日&21日 いけだよしこ


Valid HTML 4.01!
ページ作成日:2004年6月19日(リンク全確認)
ページ作成者:いけだよしこ(nofrills)
http://nofrills.in.coocan.jp/index.html
 
内容が若干異なる益岡さん版と、最新情報を書き加えていくウェブログもご参照ください。
 
thanx to Thomas "the loner" for the image