■ No Frills
 
■ 「お金持たずの
ロンドン案内」

  ┃
  ┣ トイレ問題,昼間編
  ┃
  ┣ トイレ問題,夜間編
  ┃
  ┣ トイレの基礎知識
  ┃
  ┣ 石鹸類の基礎知識
  ┃
  ┣ 石鹸類購入
  ┃
  ┣ 石鹸類の選び方
  ┃
  ┣ 女性のスキンケア
  ┃
  ┣ 男女共通のスキンケア
  ┃
  ┣ 成功する風呂
  ┃
  ┣ 故障すると大変
  ┃
  ┗ などなど……
 
 
 
 

◆◆◆◆◆◆◆◆
持っていて損はない
紙媒体(書籍)

◆◆◆◆◆◆◆◆

Rough Guide London

 
地球の暮らし方 イギリス (2000〜2001版)

 
地球の歩き方 イギリス (2001〜2002版)

 
ほんまのロンドン

 
ディープなロンドン

 
ロンドンに関する
日本語の本,一覧


 
この他の書籍について


 
 
 

↑イギリス生まれの普段着英語
 
 
 
 

 
 
 
 
Click Here!
 
 
 
 

↑巨大リンク集
 
 
 
 

↑イギリスにもかけられます
 
 
 
 

↑「旅行」カテ必見!英国のB&Bが安い!
 
 
 
 
Click Here!
↑業者さんのサイト専門の検索エンジン。お店探しがさくさくと
 
 
 
 
 
 
 
 

 「お金持たずのロンドン案内」
目次へ

 

problem 9.
清潔第一,さあお風呂

この文章は1993年初出で,1995年に"a music-lover's guide to London"としてまとめられたものです。
2001年5月に細かい部分をアップデートしました。

■ お湯を溜めるのも一筋縄じゃいかねぇってやんでぇ

西洋の風呂というのは,ご存じの通り,日本のみたいに「肩までどっぶりつかる」「お湯が冷めたら追い炊きする」というわけにはいかない。外国に行くたびに私が恋しくなるのは,白いご飯でも街に群れなす自動販売機でもなく,風呂である。風呂だけは日本のが世界中で最も優れていると思う。(もちろん西洋の「身体を伸ばして寝転がれるような風呂」もそれはそれでよいし,日本人でもそっちの方が好きという人もいる。)

西洋式の風呂というのは洗い場がなく,パスタプの中で全ての用を足さなくてはならないので,日本人にはいささか窮屈に感じる。普段広々とした洗い場に慣れているからか,日本人は無意識に動きが大きくなるらしく,水をバスタプの外へこぼしてしまったりしがち。少しくらいなら問題にはならないのだけれど,あんまりこぼしすぎると下の階に水漏れしたりすることがあるので,なるべく気をつけて。(あくまでも「なるべく」。「1滴もこぼすまい」と緊張する必要はない。)

B&Bに泊まる場合も,フラットを借りる場合も,すべてのお風呂(バス)にシャワーが付いているとは限らない。バスタプだけのことも時々ある。一度バスタブだけのB&Bに泊まることになった時には,どーやって髪洗ったらいいんだ,体に付いた石鹸関係の泡はどうすりゃいいんだと悩んで,私は苦労して体を曲げて蛇口のところで頑張ったが(洗面器の類は備え付けられてない),どうやらイギリスの人には入浴した後に体についた石けんを水できれいに流す習慣がないらしい。パスから上がってバスロープ着て終わりだって。肌が強すぎ,とも思うが,聞くところによると,石鹸に含まれている保湿剤成分などは洗い流すと効果が消えてしまうということらしい。ま,日本でも「温泉の素」とか入れた場合は,上がり湯(シャワー)は使わない方が効果が持続すると言いますが。

B&Bやフラットの共同バスなんかだと,壁やシャワーカーテンに前に使った人の髪の毛や石けんの泡が付いたままのこともある。そうでなくても,誰でも一応入る前にバスタブや壁なんかをざっと流すと思うけど(この時にお湯を使わないこと。詳しい理由はまた後で),そこで完璧に美しいパスタプを求めたりすると,入る前に疲れきってしまう。あくまでも「ざっと」で妥協する。こういうことができないと,ロンドンでは生きていけない。ある程度無神経になれない人はロンドンを楽しむどころか,胃に穴を空けてしまうのがオチ。

さて,いよいよバスタブにお湯を満たす。パスの蛇口は,たいていはひねるところが「お湯」と「水」の2つに,出るところがひとつまたはふたつという構造になっている。お湯はとても熱い(60度くらい)。出るところが2つだと,片方からは熱湯が,もう片方からは冷水が出る。まず水の栓をひねっておいてからお湯を出して温度を調節するのがコツ。お湯がぬするぎても追い炊きはできないので,冬などは風邪をひかないようにちょっと熱めに調節しておいた方がいいかもしれない。

なお,この「出るところが2つの蛇口」,バスタブならまだわからなくもないが,洗面所でも「熱湯」と「冷水」の蛇口が右と左にばらばらについてるのがあって,顔を洗おうとして「あち〜っ!」「つめて〜っ!」となることもある。「このわけのわからん蛇口は何とかならんのか」というのは,イギリスに行ったことのある日本人の口からよく出ることばである。

さて,ここで無事に温かいお湯をためることに成功すれば,あなたの入浴は8割方成功。しかし恐ろしいことに,初めに温度を調節したはずなのにたまっていたのは水または超低温のお湯だった,ということもよくある。こうなったら入浴をあきらめるか水風呂に入るかのどちらかしかない。

なぜこういうことが起きるのか,それはイギリス全土に根を下ろしている旧型のポイラー(湯沸かし器)のせい。瞬間湯沸かし器は,少しは普及し始めてはいるとも聞くけど,少なくとも「当たり前のもの」として期待してはいけない。旧型のボイラーというのは,1軒の家(すなわち1軒のB&B,1軒のフラット)に1台のポイラーがあって,沸かしてためておいたお湯を全体に供給するようになっている。従って,風呂に限らず台所などでお湯を使って,ためてあったお湯が尽きると,あとは水が出てくるばかりとなる。(だから上に書いたように,入浴前に掃除するときにお湯を使ってしまわないほうがよいのである。)一度尽きてしまうとお湯がたまるのには2時間弱かかる(私の住んでいたフラットの場合)。ああ,なんて非能率的な。(* ボイラーが故障した時の話が別ページにあります。)

ついでに言うと,初めから水風呂だったときはまだラッキー。お湯がないとわかれば入浴を取りやめることもできる。入ってる最中にお湯が水になったりすると「しまった〜!!」と叫んでもどうにもならない。髪を洗ってシャンプーを流そうとしたら水だった,とか,無事に体を洗い終わって最後にシャワーで流そうとしたら水になってる,ということもある。まさに「水を浴びせられたような気分」である。なぜ異国の地でこんな思いをしなければならないのか,と,せっかくロンドンに居るのに文句ばかり並べ立てていた夏目漱石のようになってしまう。でもまあ,こればかりは天災と思うよりない。後で風邪引かないようにすればそれで済む話だし。

いずれにせよ,結論はひとつ ---- イギリスで風呂に入る時には「お湯」を完全に信頼してはならない。

さて,次はシャワーの話。バスタブに付いてるようなシャワー・ヘッドの取り外せる型のは,概して水圧が超弱い。蛇口を全開にしても小雨のようなシャワー。どうやらヘッドを動かしたときに水が外にこぼれないようにと考えられているようで,なんでイギリス人ってこんな妙なところで超合理的に思考するんだろう,と思ってしまう。これは冬には要注意。体がちっとも暖まらないので風邪をひきがち。

一方,体育館のシャワー室のような,固定されたシャワーが付いているシャワールームの場合は水圧は滝の如し。念仏唱えちゃうぞ。

シャワーだけのところで意外と難しいのが温度調節(水/お湯の栓の扱い)。栓が「お湯」「水」の2つあれば問題ないんだけど,栓がひとつで妙なダイアル式になってるのは,適温のお湯を出すのに結構苦労する。なぜならこのダイアルをどう動かせばどうなるのか,辺りを見回しても一切説明がないからである。トイレットベーバー・ホルダーにまで説明の書いてあるシールが張ってあるようなどこかの国とはえらい違い。この無愛想さにイギリスを感じるわ〜と思うかどうかは人それぞれだけど,適当にあれこれ触ってみないことにはどうにもならない。冬は服を脱ぐ前に温度調節をしておいた方が寒い思いをしなくてすみそうではある。

という具合に,お風呂ひとつでもずいぶん勝手が違う。ご成功をお祈りします。

 

<- 前ページへ ■

■ 次ページへ ->

 ... home

(c) no frills, 1999- 無断転載禁止

no frills