■ No Frills
 
■ 「お金持たずの
ロンドン案内」

  ┃
  ┣ トイレ問題,昼間編
  ┃
  ┣ トイレ問題,夜間編
  ┃
  ┣ トイレの基礎知識
  ┃
  ┣ 石鹸類の基礎知識
  ┃
  ┣ 石鹸類購入
  ┃
  ┣ 石鹸類の選び方
  ┃
  ┣ 女性のスキンケア
  ┃
  ┣ 男女共通のスキンケア
  ┃
  ┣ 成功する風呂
  ┃
  ┣ 故障すると大変
  ┃
  ┗ などなど……
 
 
 
 


 
 
海外生活の夢、
叶えてみませんか?

 
 
Click Here!
 
 
 
 Amazon.co.jpアソシエイト
 
 
 

↑絶版本も見つかるかも
 
 
 
Click Here!
↑"My Paso-con is so slow!"のCMは大好きでした。
 
 
 
 

↑登録制翻訳家ネットワーク
 
 
 
 

 「お金持たずのロンドン案内」
目次へ

 

problem 8.
かさかさお肌はいやなの〜

この文章は1993年初出で,1995年に"a music-lover's guide to London"としてまとめられたものです。
2001年5月に細かい部分をアップデートしました。

■ 男女共通のスキンケア

ハンドクリームは日本に比べて油分が強く,イギリスの『ニペア・ライト』が日本の普通の二ベアと同じくらい。普通のを買うとべったべたねっちゃねちゃな感じになるかもしれません。ハンドクリームのべたべたが苦手な人はベビーローション(baby lotion)を。これならさらっとしているので全身に使えます。"Johnson & Johnson"などのメーカー品の他,各スーパーやドラッグストアのオリジナルもあります。『ワセリン(ヴァセリン: Vaseline)』も手に入ります。

リッブクリームもいろいろとあります。特に冬は冷たい風が吹き荒れるので,男女問わず必需品です。日本で一般的なスティック型のものもあることはあるけれど,クリーム状のもの(lip balm)や金属のチューブに入ったものの方が多く見かけるような気がします。薬用成分が入ったの"Blistize"という商品がよく効きました。ドラッグストアでディスプレイ用に掛けられる形の箱入りで売っています。さわやかなミント・フレイヴァーなので,冬場はかなり寒いし,小さい金属のチューブに入っていて,使う時に大量に出てしまうのが使いづらいけど,これはおすすめです。リップバームも使ってみましたが,私の肌質には合わなかったみたいで,荒れが悪化してしまいました。

あと,おそらく水質の違いが原因なのか,「イギリスにいる何をやってもと髪はばさばさになるし肌はがさがさになる」と悩まされる人も多いです。入浴剤などもいろいろとあるのだけど,確実に効果があるかどうかは使ってみなくてはわからないし,あれもこれもと試すとお金がかかりすぎる。最も安上がりでかつ効果が期待できるのは,ベビーオイル。髪の毛には,濡れたままで少量のベビーオイルを全体に伸ばしてから乾かすと即席トリートメントに。(量が多すぎるとベタベタになるけど。)身体には,お風呂上がりに水気を拭き取る前にベビーオイルを少量伸ばしてすりこむと,膝下のひび割れなどが防げます。

などと言いつつ,私はいろいろと探すのが面倒だし,旅行の時は荷物は少しでも軽くしたいから(液体は重い!),ハンドクリームとひじ・膝・かかと用を兼ねて,『メンソレータム』(小さい容器に詰めて)だけで用立ててました。ハンドクリームとしては,とてもべたべたして昼間は使えないので,寝る前に薄く伸ばして擦り込みます。朝起きると手はつるつるで,ひびも1晩で治ります。これがあれば切り傷・擦り傷にも対応できるし,荷物を少なくしたい人にはおすすめです。

※ 男性のひげそり用品などについては,ごめんなさい,わかりません。何か情報があったら『no frills forum(情報交換の場改め)』にお寄せください。お待ちしております。

 

<- 前ページへ ■

■ 次ページへ ->

 ... home

(c) no frills, 1999- 無断転載禁止

no frills