■ No Frills
 
■ 「お金持たずの
ロンドン案内」

  ┃
  ┣ トイレ問題,昼間編
  ┃
  ┣ トイレ問題,夜間編
  ┃
  ┣ トイレの基礎知識
  ┃
  ┣ 石鹸類の基礎知識
  ┃
  ┣ 石鹸類購入
  ┃
  ┣ 石鹸類の選び方
  ┃
  ┣ 女性のスキンケア
  ┃
  ┣ 男女共通のスキンケア
  ┃
  ┣ 成功する風呂
  ┃
  ┣ 故障すると大変
  ┃
  ┗ などなど……
 
 
 
 
 
 
 

◆◆◆◆◆◆◆◆
持っていて損はない
紙媒体(書籍)

◆◆◆◆◆◆◆◆

Rough Guide London

 
地球の暮らし方 イギリス (2000〜2001版)

 
地球の歩き方 イギリス (2001〜2002版)

 
ほんまのロンドン

 
ディープなロンドン

 
ロンドンに関する
日本語の本,一覧


 
この他の書籍について


 
 
海外生活の夢、
叶えてみませんか?

 
 
 
 
 Amazon.co.jpアソシエイト
 
 
 
 

 
 
 
 
Click Here!
↑毎日少しずつが効果大!
 
 
 
 

↑「イギリス」の指定も可
 
 
 
 
Click Here!
 
 
 
 
Click Here!
↑"My Paso-con is so slow!"のCMは大好きでした。
 
 
 
 

↑登録制翻訳家ネットワーク
 
 
 
 

↑絶版本も見つかるかも
 
 
 
 

↑巨大リンク集
 
 
 
 

↑イギリスにもかけられます
 
 
 
 

↑「旅行」カテ必見!英国のB&Bが安い!
 
 
 
 
Click Here!
 
 
 
 
 
 
 
 
Click Here!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Click Here!
 
 
 
 

 「お金持たずのロンドン案内」
目次へ

 

problem 7.
お手入れお手入れスキンケア

この文章は2001年4月の『情報交換の場』でのやりとりを元に,5月に書いたものです。

■ 基礎化粧品の現地調達

前置きとして,基礎化粧品関連の英語での表し方から。大雑把ですが,一応の目安として:
◆ 洗浄系
- cleanser: クレンジング(メイク落とし)
- mask / face mask: パック(数分放置し洗い流すもの)
◆ 整え引き締め系
- toner: 化粧水(肌を清潔にし引き締める)
- (skin) freshener: 化粧水(tonerと違うの?)
◆ 保湿系
保湿系は総体的にmoisturiserといいます。
- moisture cream: 保湿クリーム
- moisture gel: 保湿ジェル
- facial oil: 美容液(?)

::お願い::
上記の間違いのご指摘やより正確な情報がおありでしたら『no frills forum(情報交換の場改め)』で教えていただけるととてもうれしいです。(実は普段「乳液」に相当するものを使わないので,細かいところまではよくわかってないんです。)お待ちしております。

化粧水などは,ものによっては刺激が強すぎることもあり,「日本で普段使っているものをそのまま持って行くのが一番よいのではないか」と言う人が多いのだけど,「長期留学でそんなにいっぱい持っていけない」などで現地調達しなければならない場合はどうしたらよいかという問題が出てきます。

私自身はいつも日本から持って行くので,以下は友人から聞いたり『情報交換の場』でご意見を伺ったりした内容をまとめたものです。(グレイの文字の部分は『情報交換の場』からの引用です。)

◆ Molton Brown www.moltonbrown.com

化粧水が1瓶約£20と,かなりなお値段ですが,低刺激で値段なりの効果があるそうです。購入はボンド・ストリートとかハーヴェイ・ニコルズなどで。通販もできます。

モルトンといえば,ダメージヘア用のシャンプーとリンスがおすすめです。乳白色のボトルにブルーの文字が入っていて,両方買うと£16くらいしますが,イギリスの硬水で洗っても髪の毛があまりバリバリになりません。髪の状態が良くなれば週一回の使用でいいそうです。(Yukoさん)

◆ Neals Yard Remedies www.nealsyardremedies.com

「自然派」の総本山みたいなブランド。化粧品だけでなく食品もアロマテラピーのものもあります。本店はコヴェント・ガーデン近くのニールズ・ヤードですが,商品の取扱店は多数。(上記ウェブサイトで調べられます。)Rosewaterなどが化粧水として使えます。普通の商品は100ml で£4.20,200mlで£7.15。オーガニック商品は割高,50mlで£4.10,

◆ Kiehl's www.kiehls.com

1851年創業のニューヨークの老舗。イギリスでも買えるようです。Rose Waterなど。(ウェブサイトはなかなか始動しないみたい。)

◆ Neutrogena www.neutrogena.com

「肌への刺激が少なくて値段も抑え目」と,とても評判がよいブランド。アメリカのブランドですがヨーロッパにも広く出回っています。日本でも買えます。

Neutrogenaはアルコールフリーで値段の割には良いと思います。(アルコールはスーッとした使用感がある代わりに,お肌の油分・水分のバランスが崩れてしまいやすいのです。)日本ではジョンソン&ジョンソンが発売元で,現在は化粧水は「原産国・日本」になっていました。リップクリームはアメリカからの輸入ですがお勧めです。(COCOさん

◆ ROC www.roc.com

このブランドも評判がよいです。値段もそんなに高くないし,フランスのブランドなのでEUだと手に入りやすいことも特長。日本でも買えます。

◆ Origins www.origins.com

アメリカ在住の日本人の知人が「よい」と言っていたブランド。(香料はけっこう入っているらしいのですが……。)ロンドンではハロッズ,ジョン・ルイスなどで扱いがあります。

◆ Clinique www.clinique.com

日本でこのブランドを愛用しているのなら,イギリスでも入手できるのであまり心配はいらないかも。(ただし,成分がちょっと違うかもしれないけど。)しかしこのブランドは「私には刺激が強い」と言う人もけっこういます。

化粧水は安物しっとりタイプをたっぷりつけて,油分をちょっと奮発するという方法もあります。クリニークでは「モイスチャーサージ」というピンクのボトルの物が効果てきめんです。(COCOさん

◆ Body Shop www.bodyshop.com

「自然派」&動物テストをしないなどの方針であまりにも有名なブランド。でも化粧品はけっこう刺激が強いものもあるので,イメージだけでなく,必ずテスターで試してから買いましょう。

◆ Boots www.wellbeing.com

大手ドラッグストアのBoots。COCOさんおすすめのクリームがあります。

クリームではBootsのお花や海っぽい匂いがあるシリーズの「モイスチャークリーム」が良かったです。化粧水の後は,薄くてもいいので,クリーム(油分)を塗ってお肌に膜を張り水分を逃がさないようにしないと,乾燥してしまうので……。(COCOさん

◆ No.7 (Boots) www.wellbeing.com

Bootsが手がけている「自然派」のライン。評判は悪くはないです。が,私は東京のBootsで試供品を試したらぴりぴりとした刺激を感じました。個人差があるものですけど。

◆ Oriental Blossom www.beauty-room.com

ネットで調べてて見かけたイギリスのブランド。使ってみたこともないのにご紹介するのもどうかと思うのですが,サイトを見る限りよさそうな感じでした。マレーシア出身のヘレン・オングさんという女性が手がけているブランドで,パパイヤなどの成分を使ったスキンケア商品があれこれとあります。クレンジング(cleanser),化粧水(skin freshener)が£8.95(200ml),保湿クリーム(moisturiser)が£11.95など,値段は手ごろ。

◆ Japanese Brands

これは番外……現地で買うとなると恐ろしい金額になりますが,「水と空気が違うイギリスで日本と同じ基礎化粧品では間に合わない」「普段使ってるものよりこってりしたものを持っていきたい」という方は,下記のCOCOさんのお話を参考にしてください。なお,『無印良品』なら"MUJI"という名前であちこちにショップがあります。値段は日本で買う場合の2倍くらいです。『シュウ・ウエムラ』のショップもあります。(コヴェント・ガーデンなど。)

イギリスでもデパートに行けば「資生堂」などが買えるけれど,成分が違います。敏感肌の人には不安かもしれませんから,やっぱり日本から買いだめしていくほうが良いと思います。日本から持って行くなら,「ポーラ・デイリーコスメ」の化粧水・乳液なども安くて品質はいいと思います。化粧水のしっとり感は素晴らしいですね,あの値段で。もっと投資が出来る方は,カネボウの『デュウ』という新シリーズの「トリートメント・デュウ」というこってりした化粧水や,資生堂『エリクシール』のしっとりタイプ化粧水だけでも2種類あるのでそちらも抜群にいいです。エリクシールはガラス瓶なのでとても重たいです。あと,海外ブランドですが,『ランコム』の化粧水・乳液もお肌がぷりぷりになります。(COCOさん

その他,「エビアンの基礎化粧品も使いやすい」というお話を伺ったのですが,イギリスにあるかどうかが確認できていません。見たような気はするのだけど……。

上記以外に情報がおありでしたら『情報交換の場』で教えていただけるととてもうれしいです。お待ちしております。

 

この記事をまとめるにあたっては,
『情報交換の場』で次の方々にご意見をいただきました。
ありがとうございました。
COCOさん ◇ Yukoさん ◇ natさん ◇ うたぞうさん ◇ 横綱さん ◇
また,個人的にお話くださった友人・知人の皆様にも多謝。

 

<- 前ページへ ■

■ 次ページへ ->

 ... home

(c) no frills, 1999- 無断転載禁止

no frills