■ No Frills
 
■ 「お金持たずの
ロンドン案内」

  ┃
  ┣ トイレ問題,昼間編
  ┃
  ┣ トイレ問題,夜間編
  ┃
  ┣ トイレの基礎知識
  ┃
  ┣ 石鹸類の基礎知識
  ┃
  ┣ 石鹸類購入
  ┃
  ┣ 石鹸類の選び方
  ┃
  ┣ 女性のスキンケア
  ┃
  ┣ 男女共通のスキンケア
  ┃
  ┣ 成功する風呂
  ┃
  ┣ 故障すると大変
  ┃
  ┗ などなど……
 
 
 

◆◆◆◆◆◆◆◆
持っていて損はない
紙媒体(書籍)

◆◆◆◆◆◆◆◆

Rough Guide London

 
地球の暮らし方 イギリス (2000〜2001版)

 
地球の歩き方 イギリス (2001〜2002版)

 
ほんまのロンドン

 
ディープなロンドン

 
ロンドンに関する
日本語の本,一覧


 
この他の書籍について

 

 
Click Here!
 
 
 
 
 
 

 「お金持たずのロンドン案内」
目次へ

 

problem 5.
清潔第一,はてどこで買ったらよいものやら……

この文章は1993年初出で,1995年に"a music-lover's guide to London"としてまとめられたものです。
2001年5月に細かい部分をアップデートして大幅に書き改めました。

■ 石鹸類調達の極意(?)

イギリスではBody ShopやNeals Yard Remediesの商品が(日本よりは)買いやすいとは言っても,もっと安いものはいろいろとあります。

まず,"Superdrug," "Boots"といった大手ドラッグストア(chemists')。街の中心部などには必ずあります。90年代前半は「イギリスのドラッグストア」と言えばBootsだったけど,最近はSuperdrugの躍進が顕著。Superdrugはかつてはぱっとしないチェーン店っていう感じだったけど,ロゴや商品のパッケージ,店の内装が明るくポップな感じになって,10代の女の子がいっぱいいたのには驚きました。一方のBootsは商品が全体的に高くなっていて驚きました。(「Bootsなのにこんなに高いの?!」っていう感じ。)両社ともオリジナル・ブランドを持っていて,同じ成分のものがメーカー品より安く買えます。ティッシュとかトイレットペーパーなど,イギリスでは異様に高い紙製品も,大手ドラッグストアのオリジナルが狙い目。もちろん日用品だけでなく薬も売ってます。処方箋も受け付けてくれるから,近所で1軒は見つけておくと便利。

大手ではない薬局(chemists')でもメーカー品の石鹸やシャンプー類は買えます。ニューズエイジェントでも置いてる店もあります。が,小規模な店ではやっぱり値段は高め。£1ショップや過剰在庫処分の投げ売り屋(←"cash & carry"と言う)が近所にあったら,とりあえずそっちをチェックしてみるのが得策かも。

低予算型ライフの求道者は,大手スーパーへ。狙いはオリジナル商品。オリジナル商品といっても,一般のメーカー品と同じく,洗顔料,クレンジング,シャワー・ジェル,バス・オイル,シャンプー,リンス,トリートメントなど,各種そろっています。

「スーパーのオリジナルの石鹸やシャンプーはちょっと不安」という方もいらっしゃると思いますが,私が実際に使ってみた感想としては,品質的には問題なかったかな。シャンプー類は,同じ値段のメーカー品よりセンズベリーのオリジナルのものの方が断然よかったことは確かです。

ただし,あんまり安すぎるのはお肌以前に嗅覚が危ぶまれるというか,「イギリスのかほり」というか(安いB&Bの風呂とかに充満している香り),「トイレの芳香剤みたいな香り」とか「石鹸(苛性ソーダ)そのもののにおいがほのかに香る」というものもあります。中でも要注意は安物で「天然」路線のもの。香料が少ないのだろうけど,いくらなんでも少なすぎる。逆に香料がきついのもあって,顔を洗ってる最中に「うっ」ときてしまう,ということもありうるから,必ずふたを取って匂いを確かめてから買いましょう。ふた取ってにおい嗅いでても,スーパーなら店員さんに怒られるということはなかったです。(何か行動がおばさん臭くて嫌だったけどね。)

 

<- 前ページへ ■

■ 次ページへ ->

 ... home

(c) no frills, 1999- 無断転載禁止

no frills