■ No Frills
 
■ 「お金持たずの
ロンドン案内」

  ┃
  ┣ トイレ問題,昼間編
  ┃
  ┣ トイレ問題,夜間編
  ┃
  ┣ トイレの基礎知識
  ┃
  ┣ 石鹸類の基礎知識
  ┃
  ┣ 石鹸類購入
  ┃
  ┣ 石鹸類の選び方
  ┃
  ┣ 女性のスキンケア
  ┃
  ┣ 男女共通のスキンケア
  ┃
  ┣ 成功する風呂
  ┃
  ┣ 故障すると大変
  ┃
  ┗ などなど……
 
 
 
 

◆◆◆◆◆◆◆◆
持っていて損はない
紙媒体(書籍)

◆◆◆◆◆◆◆◆

Rough Guide London

 
地球の暮らし方 イギリス (2000〜2001版)

 
地球の歩き方 イギリス (2001〜2002版)

 
ほんまのロンドン

 
ディープなロンドン

 
ロンドンに関する
日本語の本,一覧


 
この他の書籍について


 
 

↑「旅行」カテ必見!英国のB&Bが安い!
 
 
 
Click Here!
 
 
 

↑イギリスにもかけられます
 
 
 

↑巨大リンク集
 
 
 
海外生活の夢、
叶えてみませんか?

 
 
 
 
 Amazon.co.jpアソシエイト
 
 
 
 

↑絶版本も見つかるかも
 
 
 
 

 「お金持たずのロンドン案内」
目次へ

 

problem 3.
自然に呼ばれたその時のための基礎知識

この文章は,ほかのところに書こうと思ってたのを,
同じテーマだからやっぱここに,と思い直して,割と最近書いたものです。

■ トイレに関するお作法

◆ 「トイレット」という言葉

イギリスでは「トイレット(toilet)」という言葉は「便所」というような下品な響きはないニュートラルな語。安心して使えます。"gents / ladies"という言い方もありますが,「すみません,お手洗いはどこですか?」という場合などは,私は"toilet"でいいと思う。

イギリス口語ではよく"loo"を使うけど,これはあんまり品が良くないから,時と場合を選んで使った方がいいでしょう。

なお,"bathroom"はアメリカ英語。「バスルームはどこ?」などと訊くと,「お風呂入りたいの?今?」なんて,偏屈な(?)イギリス人からつっこまれることがあります。

◆ 水

音を消すためなどに水を流すことはロンドンではやめましょう。「無駄遣いはいけない」とかそういうことではなく,1回流すと次の水がたまるまでにすんごい時間がかかるトイレが少なくないです。ほんとに5分,10分,時にはそれ以上かかります。便器の中に前の人の紙が残ってる時に,自分が用を済ます前に水を流すと「うキ〜〜〜ィッ!!」となることもあります。

水の流し方にもいくつかヴァリエーションがあります。日本にあるのと同じ,レバーを持ち上げたりひもを引いて流すタイプもありますが,レバーもひもも見当たらない場合は,水のタンクの上に大きなボタンがあるはず。それをぎゅーっと押し込んで流します。ヨーロッパ大陸でよく見かけるタイプです。このタイプは非常に流しにくいです。タンクの中の水の抵抗力に逆らって,一気に下まで押さないと流れてくれません。

◆ 個人の家のトイレの扉

使ってない時は扉を閉めずに開けておくのが普通。でも,やはりあんまり堂々と開け放さず,ちょっとすかしておくくらい(英語で言うと"ajar"という状態)。

◆ 公共の場所のトイレの扉

パブやライブハウス,またB&Bなどでは,「入ってますか〜?」とドアをノックすることはあまりないかもしれません。うっかり鍵を閉め忘れるとノックなしでいきなり開けられてしまうことがありますので注意。まあ,B&Bなどではトイレがとても広くて,仮にノックされても手が届かないからノックし返すことができないんですが。

◆ 公共の場所では荷物は置きっぱなしにしないこと

お店でも駅でも,「トイレに行くだけだから」と荷物を座席やその辺に放置しないように。盗難の危険もさる事ながら,側に人がいない荷物は「爆弾では?」ということになって,警備員が来たり,辺りが立ち入り禁止になったりして,多くの無関係な他人に迷惑をかけます。

私はフランスなまりのおばさんが駅の有料トイレの脇に荷物を放置したかどで駅の警備スタッフに囲まれて怒られているのを見たことがあります。確かにあの入り口は狭くて,でっかい荷物をもって入るのは大変だし,そこらへんの人に「荷物見ててください」って頼むのもためらわれるし(盗難のリスクがある),いろいろあるけど,何よりも当時のイギリスは毎日毎日IRAのテロの脅威にさらされていて,何を見ても「爆弾?!」と騒ぎになるような状態だったという事情は,観光客でも誰でも考えておかなきゃならなかった。IRAが沈静化し,街中に監視カメラが設置されるようになった今は以前ほどにはピリピリとしてはいないようだったけど,それでも99年にSOHOのパブで爆弾テロがあったようにテロがなくなったわけではないし,IRAが激しかった頃の記憶が生きているので,今でも「誰も側にいない荷物(unattended luggage)」に対する警戒心は多くの人が持っています。

……こんなところでしょうか。他に「知っておいた方がいいよ」ということがおありでしたら,ぜひとも『no frills forum(情報交換の場改め)』で教えてください。

 

<- 前ページへ ■

■ 次ページへ ->

 ... home

(c) no frills, 1999- 無断転載禁止

no frills