■ No Frills
 
■ 「お金持たずの
ロンドン案内」

  ┃
  ┣ トイレ問題,昼間編
  ┃
  ┣ トイレ問題,夜間編
  ┃
  ┣ トイレの基礎知識
  ┃
  ┣ 石鹸類の基礎知識
  ┃
  ┣ 石鹸類購入
  ┃
  ┣ 石鹸類の選び方
  ┃
  ┣ 女性のスキンケア
  ┃
  ┣ 男女共通のスキンケア
  ┃
  ┣ 成功する風呂
  ┃
  ┣ 故障すると大変
  ┃
  ┗ などなど……
 
 
 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆
持っていて損はない
紙媒体(書籍)

◆◆◆◆◆◆◆◆

Rough Guide London

 
地球の暮らし方 イギリス (2000〜2001版)

 
地球の歩き方 イギリス (2001〜2002版)

 
ほんまのロンドン

 
ディープなロンドン

 
ロンドンに関する
日本語の本,一覧


 
この他の書籍について

 
 
Click Here!
 
 
 
 

 「お金持たずのロンドン案内」
目次へ

 

problem 2.
夜でも自然は私を呼ぶのです

この文章は1993年初出で,1995年に"a music-lover's guide to London"としてまとめられたものです。
2001年5月に細かい部分をアップデートしました。

■ トイレトイレトイレ!!トイレはどこだ!!! 〜夜間編

本格的に困るのが,夕方6:00を過ぎて美術館・デパートなどが閉まった後。外を歩いている時なら,ファスト・フードやパブに頼るしかない。

そして,問題のクラブやライヴハウス……総体的に言って,狭い・汚い・数が少ない。第一の問題は,とにかく混んでること。クラブのトイレで長蛇の列に並んでるときに好きな曲がかかったりすると悔しいし,ライヴでも,セッティングの合間にさくっとと思って行っても,既に入り口から人があふれててやきもきすることもしばしば。できれば水分を取らずに行って,踊るなり何なりして汗かいて,トイレとは無縁のうちにすませたい。(脱水症状に陥らない程度に!)

第二の問題点,それは汚いこと。こういう場所のトイレは,普通のトイレよりずっと汚いことが多い。(これは東京でも同じだけど。)しかし,ロンドンでは当然「洋式」。便座が東京のライヴハウスのトイレの床と同じような状態で,「さあ座ってください」とばかりに待っている。しかも「便座が取れている」「紙がない」「紙がなぜかびしょ濡れになっている」「個室のドアの鍵がかからない」「ドアがしっかり閉まらない」「水が流れないのか,前の人の痕跡が火を見るより明らかである」「生理用品を捨てるところが個室内にない」など,場所によっていろいろなトラブルが……。(その場その場では,「くそ〜,なんで便座がねえんだよっ」とか思ったりもしたけど,結局用は足せるんだし,まあいいか。)ただし,何事もなく用を足せるところも多いので,過剰に心配することはないと思う。ある程度の覚悟はしておいた方がいいと思うけど。

日本ではパブルの頃に「快適空間」っていうキャッチフレーズの,きれいで明るくて広いトイレが色々なところにできたけど,景気が好くなったイギリスでは実際どうなんだろう。私が馴染んでたロンドンの公共の場所のトイレは,そんなところにまで金をかける余裕はないのか,必要最低限のものでしかないという感じだったけど……。

a loo in a pub

 
 
 
 
 
 
あるパブのトイレ。 →
実はきれいに掃除されてて,茶色いのは
ホーローの塗装が剥げてるだけなんですが
……見た目悪すぎなので,写真撮ってみました。
右側の白くて丸い大きいのがトイレットペーパーのホルダー。
---- pictured at Kennington, 2000

 

<- 前ページへ ■

■ 次ページへ ->

 ... home

(c) no frills, 1999- 無断転載禁止

no frills