a not-rich's guide to London

〜 お金持たずのロンドン案内 〜

ありあまるほどのお金があれば, 無条件で最上級のロンドンを楽しめるけれど,
お金はあんまりたくさんなくても, ロンドンはそれなりに楽しむことができるのです。
細かいところで財布のひもを固くして, 楽しいロンドン愉快なロンドン。
多少の不便はあるかもしれないけれど, 億万長者には見えないロンドンが見えてきます。

■ 目次 ■

problem 1. 自然が私を呼んでいる
            トイレに行きたい時(昼間)

problem 2. 夜でも自然は私を呼ぶのです
            トイレに行きたい時(夜間)

problem 3. 自然に呼ばれたその時の基礎知識
            トイレのお作法

problem 4. 清潔第一,はてどれを買ったらよいものやら……
            石鹸類の用語と種類

problem 5. 清潔第一,はてどこで買ったらよいものやら……
            石鹸類を買いに行こう

problem 6. 清潔第一,でもかぶれたら困る!
            あちらの人はやっぱ肌が強いのかもしれない

problem 7. お手入れお手入れスキンケア
            女性のための基礎化粧品,現地調達のヒント

problem 8. かさかさお肌はいやなの〜
            手肌や唇のスキンケア

problem 9. 清潔第一,さあお風呂
            成功する風呂

problem 10. さあお風呂と思ったらお湯が出ないのよ
             その上暖房も切れてるんだけど……

……以降,交通機関,B&B,フラット探し,フラット生活,VAT返還など,少しずつアップロードしていきます。

 

■ これらの記事について ■

元々は1995年に自主制作した"a not-rich's guide to London"にまとめた文章。88〜93年にかけての旅行や滞在の体験を基に,「こういうこと,知っておくと行ってから便利だよな〜」と感じた様々なことを書いたものです。
99年にNo Frillsを開設した時にちょこっとアップデートして『ロンドンでお金と時間を使うツボ』というコーナーに掲載し,2000年の久々の渡英を経て,2001年に大幅なアップデートをしました。

誤り・追加情報などおありでしたら,『no frills forum』またはメールでお知らせください。お待ちしてます。

 

"not-rich" 〜 お金持たず 〜 ■

この文章を"a not-rich's guide"と名付けたのは,92年にロンドンで暮らしていた時に,失業中で交通費が出せなくて何もできない状態の友人に"You are NOT poor. You're rich enough to keep yourself and have yourself a good time outside this house."と真顔で言われたから。

その友人の感覚からしてみれば,「はるばる地球の反対側から飛行機に乗ってロンドンまでやってきた」というだけで,私は"a rich visitor from a rich country"だったのかもしれない。

でも,自分の感覚としては決してrichではなかった。会社に勤めて貯めた金を全部持って行って,それが尽きたらマジで無一文,毎日遊び回って暮らしているわけではなく,やることがないから共同台所の掃除をしてたり,日本で見たら5000円だな〜,とか思いながら£5が出せなくてライヴを見るのをあきらめたこともしょっちゅうだし,食べ物だって贅沢してないし……なのに"not poor"

しかし失業中の友人を目の前で見て,「貧乏人の私」「貧乏生活」などとは口が裂けても言えない。

でも「それじゃー使いたいように使える金があるのか」というと,そんなことは決してない。

だから自分のこの状態は"not rich"と呼ぶことにした。

人それぞれ価値基準はいろいろだろうから,何を以てpoorとするか,またはrichとするか,他人が断定することはできないと思う。結局は自分で「ここ」っていう線を決めて,それで行動すればいいと思う。でも「貧乏:poor」という言葉は,あまりに軽々しく使っちゃいけない。

そういうわけで"a not-rich's guide to London"なのです。

 

 ... home

(c) no frills, 1999- 無断転載禁止

no frills