アメリカ合衆国の京都議定書離脱をめぐって

■ 環境保護主義は絶対善か貧乏神か ■

 

●---- 環境保護主義への批判

ここまできたら,京都議定書だけでなく,環境保護主義への批判も少し見てみようとウェブを検索してみた。

ちょっとうろうろしているうちに行き着いたのがeco-logic on-line (http://www.eco.freedom.org/)。 一見「エコロジカルな活動をする自由主義者団体」のように見えるアドレスだが,実は「エコをロジカル(論理)で語ろう」という主旨で,中身はもろ共和党である。(妊娠中絶反対を貫く集団がfreedomとかそういう単語を標語として堂々と使っているのがアメリカだ。)

このサイト内の,ある大学の研究者(?"Dr"だが"Prof"ではない)の文章の刺激的な表題に思わずクリックしてしまった。

"Evil Republicans, Saintly Environmentalists?"
By Dr. Jack Stauder
http://www.eco.freedom.org/
Eco-logic Online 2001年4月15日号より(4月中は"current issue"をクリック。)

*4月19日追記*
この文書は4月30日までは無料で読めますが,5月1日からは「eco-logic online」にユーザー登録(有料)しないと読めないようです。
5月1日以降,この部分の扱いをどうするかはちょっと考えます。似たような「アンチ環境保護主義」の文書がウェブ上で公開されているのをご存知の方がいらしたら,是非ともご一報ください。(
掲示板

報道機関の伝えるニュースを聞いて反米感情を泡立てる前に,この文章を読んでみることをお勧めする。

Stauder氏の言い分をじっくりと聞いた上で反論ができるのであれば,京都議定書離脱問題でアメリカを批判することができるだろう。反論ができなければ,感情に走る前に冷静になった方がよい。

Stauder氏の論点を紹介するために,一部を引用してみよう。

The paradigm is that environmentalists are always the good guys "saving" the environment, whom we should always support; while the only people who would oppose them are greedy businessmen out to "destroy" the environment for personal profit.
If you want to believe in such fairy tale morality, go ahead. But I see things a little differently, through studying some environmental issues in depth and especially experiencing them ...
(上記ウェブページより)

環境保護活動家,それは常に環境を救う正義の味方,一般大衆のサポートを得て当たり前の存在。そして彼らに反対するのはただひとつ,それは貪欲なビジネスマン,私利私欲のために環境を破壊することも辞さないビジネスマン――これが大前提の世界。
勧善懲悪を信じたければ,どうぞご自由に。だが私の考え方はちょっと違う。自分自身で行った環境問題の研究の結果,また,身を以って体験した結果,私には「正義の味方,環境保護主義者」とは思えないのだ……。 (拙抄訳)

以下,Stauder氏は環境保護活動家がいかにして民衆(労働者)を苦しい立場に追いやっているか,クリントン政権下の環境行政で職を失った労働者の例を2件(鉱山と林業)引き合いに出して語る。とてもわかりやすい。アメリカが京都議定書離脱という方向に向かった理由もこういうところにあるのかもしれないと,一応理解はできるだろう。

例が鉱山とか林業ではぴんと来ないのであれば,身近な例に置き換えてみればよい。日本で4月に発効したリサイクル法,環境のためなら喜んで何千円もの処理費用を負担しますと心から言える人が大多数だったならば,3月末の「駆け込み需要」も起こらなかったに違いない。何千円かの処理費用の負担を敬遠して,まだ壊れていない家電製品(テレビ,冷蔵庫,エアコン,洗濯機)を捨てた人と,「経済的に利益をもたらさないから」と言って京都議定書を離脱したアメリカ政府との違いは何だ?

環境保護が人々の日々の暮らしを壊すこともある。

それでも環境は保護されなければならないと主張できるだけの強さがあるかどうか。

「私たちは環境保護主義によって職を失った」と言う人々を前にしても,環境保護主義を唱えられるかどうか。

これはひとりひとりが考えれて答えを見つけていけばよい。誰かに教えてもらえるようなことではない。

結論を誰かに教えてもらう,あるいはあらかじめ用意された結論以外は耳を傾けないのでは,「盲信しているだけの狂信者」と批判されても仕方がない。

なお,念の為に付け加えておくと,私は個人的にはStauder氏の考え方には組しない。上記ウェブページの文章も,実は,ぶつくさ罵りながらでなければ読み通せなかった。(テクストがね……っていうか,用語がね……語りすぎててね。「イデオロギー」なんて死語……テリー・イーグルトンが言うような「イデオロギー」じゃなくて,「東側のイデオロギー」っていう時の……を引っ張り出して味付けしてるような文章はどうも……。)

 

●---- 結び

ここまで考えた上でFoEの抗議メール活動に賛同できるなら,どうぞ参加してください。FoEへのリンクは2ページ目の下半分にあります。

ただしこのサイトの作者は「参加しましょう」という呼びかけのために長々と時間をかけて調査してこの文章を書いたわけではありませんので悪しからず。また,私自身がどのような行動を取るかについては,一切コメントしません。私がメールを送ろうが送るまいが,他の方の行動に影響してはならないことですので。

あなたの行動はあなたが決めるのです。あなたが考えた上で。

★ お願い ★

この件に関するご指摘・ご意見・ご感想などがおありの方は,通常の掲示板ではなく専用の掲示板をお使いください。ほんとは掲示板を分けるのはあんまり好きじゃないのですが,通常の掲示板にこの話題が入るとサイトのテーマ(ロンドン/イギリス)とあまりにも雰囲気が違ってしまって戸惑う方もいらっしゃるかと思いますので。ご協力をよろしくお願いいたします。

■ リンク ■

News (CBSだけですみません。手抜きです)

● 記者会見のスクリプト ●
Text of Bush News Conference
WASHINGTON, March 29, 2001
http://www.cbsnews.com/now/story/0,1597,282463-412,00.shtml

● ブッシュ大統領,京都議定書離脱の記者会見のニュース記事 ●
Surprise Press Conference
March 29, 2001
http://www.cbsnews.com/now/story/0,1597,282400-412,00.shtml

合衆国政府

● アメリカ合衆国政府(ホワイトハウス) ●
http://www.whitehouse.gov

日本政府・日本の組織

● 環境省 ●
http://www.env.go.jp/

● 地球温暖化防止京都会議(COP3) 1997.12.1 - 12.10(環境省) ●
http://www.env.go.jp/earth/cop3/index.html

● 京都議定書の骨子(外務省) ●
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/kiko/cop3/k_koshi.html

● 日本国政府外務省(河野洋平外相)と
合衆国政府国務省(コリン・パウエル国務長官)の電話会談の内容(外務省) ●
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/kiko/tel.html

● 全国地球温暖化防止活動推進センター ●
http://www.jccca.org/index.html

● 超党派国際議員連盟,「地球環境国際議員連盟(GLOBE)」 ●
http://globeint.org/

● GLOBE Japan ●
http://www2.osk.3web.ne.jp/~globejp/

この後の話の展開は, 専用掲示板ログをごらんください。

前のページへ

<- 「イギリスと関係ない話」目次へ

17 April 2001
(c) no frills