アメリカ合衆国の京都議定書離脱をめぐって

■ 合衆国政府への抗議 ■

 

●---- 反発する前に

民主主義国家であっても,政府上層部の決定や方針と一般の国民の考えとが一致しないことは多くある。身近なところで日本を見てもそうだろう。日本の場合は直接選挙ではないから,まがりなりにも直接選挙で大統領を選ぶアメリカと単純比較はできないが,小渕内閣が成立させた「盗聴法」は国民の考えと一致しているとは言えないだろうし,森内閣に至っては支持率が10%台なのに国は運営されてて外交もいろいろ行っている。そんな森首相・森内閣の政治行動は,国民の意思を反映しているだろうか。してるわけがない。唯一国民の意思がかろうじて反映されているのは,とにもかくにも退陣が決まったことだけだろう。

話をアメリカに戻そう。

今回の決定についてアメリカを批判するなら,「アメリカは環境問題を考えていない」「あんな決定をする政権を支持するアメリカ国民はいかがなものか」と反発する前に,この大統領が選ばれた過程を思い返してみることは必要である。

去年のアメリカ大統領選挙で最終的に得票数が多かったのは,大統領になったブッシュ氏(共和党)ではなく破れたゴア氏(民主党)だったし, それもゴア氏より一層環境問題に力を入れているネーダー氏(緑の党)にゴア票が流れたため,という側面があった。

離脱という結果だけを見て,アメリカが全体として(あるいはアメリカ国民が)京都議定書からは離脱すべきと考えたと断じるのは早計である。そう考えたのは,接戦の末大統領の椅子に座ったブッシュ氏とその閣僚であり,そう考える人々と同じくらいそれに反対する人々がいる,と考えた方が理に適っていはしまいか。

「アメリカの人の多くがそう考えている」という明らかな根拠でもない限り,批判の対象は政権に限定すべきであって,国や国民全体にまで広げるべきではない。筆者はアメリカの人がどう考えているのか,間接的にしか知ることができないので(つまり肌でアメリカを知っているわけではないので),その辺り,実際には何とも言いがたい。

 

●---- 環境保護NGO

環境保護NGOというと,平和的で,無条件でよいことをしているようなイメージがある。ごみを拾ったり,環境破壊に反対したり,リサイクルに熱心だったり。

だけど,すべての環境保護NGOが「できることから始めよう」「みんなでボランティア活動をしましょう」というやり方をしているわけではない。

世界的に見れば莫大な費用を調達して研究所を構えている環境保護NGOは多いし(言うまでもなく,費用の調達には政治力が必要だ),1999年にシアトルのWTOの会議で暴れまわったのが環境保護NGOだったように,暴力的手段をとることも辞さない集団もある。日本ではNGOが政府や行政に圧力をかけるということはあまり考えられないが,ヨーロッパやアメリカなどのNGOは政府や行政に圧力をかけられるだけの力があることが少なくない(もちろん,政治の現場に「政治家」じゃなくても参加できるという,日本と欧米との根本的違いがあることは前提である。)ヨーロッパやアメリカなどの環境保護NGOに,日本の感覚では想像できないくらい生臭い面があっても,驚くべきことでも何でもない。だからこそ,無邪気に「NGOをサポートしよう!」という態度では対応しきれないし,サポートするならそれなりの覚悟がいる。

そして,ここまで書く必要があるかどうかは筆者自身にもわからないが,利潤を追求する企業というものに疑問を持っているということは,それなりの思想を持っていることを示すことが多い。あくまでも「多い」というだけであって,こういう活動をする人全員とは言えないが。

 

●---- Friends Of The Earth

今回の「米国政府への抗議メールを送りましょう」というメッセージの発信元はFriends of the Earth Europe (FoEE)というNGO(NPO?)組織で,ウェブサイトを見たところ,本拠はベルギー。Friends of the Earth International (FoEI)という全世界的組織(アメリカ合衆国,日本,オセアニアなどにも支部がある)のヨーロッパ支部である。

FoEI http://www.foei.org

FoEE http://www.foeeurope.org

FoE (US) http://www.foe.org

FoE Japan http://www.foejapan.org (日本語)

FoE USでは現在政府監視活動も展開している。http://www.presidentbushwatch.org/
-- This site is committed to monitoring the Bush Administration's actions on environmental issues and promoting pro-environment policies and programs. (from "about us")
(このサイトはブッシュ政権の環境問題への対応を監視し,環境政策を押し進める活動をしています。)

不勉強にして,筆者は今回のことがあるまでFoEという組織について何も知らなかったので(名前だけは聞いたことがあるような気がしなくもないけど),この機会にYahooの"webpages"サーチ(Googleによる)で調べてみた。この組織に関わっている人たちの言い分なら上記ウェブサイトでだいたいわかるが,外部から批判的に書かれた文書(FoEに対する反論)はないものだろうかという思いもあった。

驚いたことに,検索の結果ヒットした実に260件のほとんどが,FoEそのもの,あるいはFoEの好意的な紹介や関連団体のもの,または行政機関の文書(例えばhttp://www.uttlesford.gov.uk/saffire/environ/index.html )で,明らかに批判的な記述が見られるのはわずかに1件だけだった。(http://www.newsmax.com/archives/articles/2001/2/6/163945.shtml:最近のカリフォルニア州の電力危機をめぐる状況に関する偏った論説。長文で,わざわざ読むに値するかどうかは保証しかねるが,FoEが一部の人にどう思われているのかはわかるかもしれない。余談ながら,www.newsmax.comというのはかなり右に偏向したニュースサイトだが,Forum(掲示板)には右も左もばんばん投稿しているのが面白いと言えば面白い。ディベイトの訓練などをするには非常によい環境である。)

という次第で,大雑把に言えば,FoEはとても大きな組織で,相当な力を持っているということがわかった程度である。

なお,基本的なこととしては,彼らにとっての環境保護は現在のグローバル資本主義経済とは相容れないものであるようで,彼らがシアトルで暴れたというわけではないかもしれないが,1999年12月4日(WTOのシアトル会議の直後)に "WTO Talks Collaspe: Environmentalists Achieve Their Goal of No New Round"と題するプレスリリースを出している(http://www.foeeurope.org/press/press1999.htm から)ように,グローバル経済には真っ向から反対している。

彼らの呼びかけに賛同して,ブッシュ大統領のところに抗議メールを送るも送らないも,あなた次第である。

ただし,メールを送るにしても,筆者の解説によってではなく,ご自身の目で直接彼らの抗議行動の主旨を理解してからにしていただきたいので,ここでは抗議メールの文章は掲載しない。送りたい方は,FoE各支部のサイトから抗議メールの文章を探してみてください。

各ウェブサイトを再掲します。

FoEI http://www.foei.org
FoEE http://www.foeeurope.org
FoE (US) http://www.foe.org
FoE Japan http://www.foejapan.org(日本語)

 

次のページへ

前のページへ

<- 「イギリスと関係ない話」目次へ

17 April 2001
(c) no frills