アメリカ合衆国の京都議定書離脱をめぐって

■ 前置き ■

 

●---- ジョージ・W・ブッシュ大統領の発言 (日本語訳)

CO2問題ですが,今日この場でもまた別な機会にもはっきりと言いますが,わが国の経済にとって害となる行動は取るつもりはありません。まず何よりも優先されるべきはわが国に暮らす人々だからです。最も大切なのは国民です。経済状況への懸念もあります。エネルギー政策も懸念材料で,カリフォルニア州の電力危機,これも気がかりです。確固としたエネルギー政策を確立すること,それと同時に現実的で常識的な環境政策を進めていくこと,それがわが国のためなのです。このことについては,同盟諸国にも理解を求めていきます。
わが国の経済が好調な状態を持続することが,同盟諸国の利益になるのです。アメリカ政府は自由貿易政府で,わが国はそれらの国と互いに貿易をしているのです。私の政府がどのような方針かは理解されつつありますし,同盟諸国とわが国の絆は非常に深いものです。絆が深い者同士だからこそ本当のことが言えるわけで,もし意見が合わないことがあれば,それをはっきり言葉にし,どこで意見が食い違っているのかを明らかにすることができるのです。
我々に話し合う気があるのかどうかを心配する声もあるでしょうが,その心配はいりません。我々には十二分に話し合う用意はありますし,どんどん意見交換もするつもりでいます。

Text of Bush News Conference
(http://www.cbsnews.com March 29, 2001) より拙訳

 

●---- アメリカ政治

アメリカは,小さな政党もあるにはあるが,基本的には共和党(保守的)と民主党(革新的……「革新」という言葉はちょっと違うかもしれないが,「保守」と対立する日本語ということであえて「革新」を使う)の2大政党制である。

2001年に発足した現政権は共和党政権で,ジョージ・W・ブッシュ大統領以下,閣僚は共和党所属,もしくは民間出身者で構成されている。

国会(Congress)は上院(House Of Senate)と下院(House Of Representatives)の2院制。上院での勢力は共和党50人対民主党50人で数字上は拮抗しているが,副大統領のチェイニー氏が上院議員であるため,共和党が優位である。一方下院では共和党221人対民主党211人で,わずかの差ではあるが,共和党が優位である。

http://www.senate.gov./senators/index.cfm
50 Democrats / 50 Republicans / 0 Independent

http://www.cbsnews.com/now/story/0,1597,182934-412,00.shtml
Republicans Retain Control Of House, 221-211

アメリカ議会では大統領と閣僚がA党なら議会はB党という「ねじれ」が発生し,いろいろな面でスムーズに運営できないことがたびたびあったが,現政権ではすべて共和党なので政権運営は円滑に進むだろう。だが,政府上層部の考えが上院でも下院でもさほど反対されずに通過してしまうということは,実はあんまり歓迎すべきことではない。

本当はここをもっと深く掘り下げることができればいいのだが,あいにく筆者は現在のアメリカ政治に精通しているわけではないのでこの辺で先に進む。

こんな中途半端なことをしたり顔で書くのは,良いことではない。しかも筆者のウェブサイトは「日本人がロンドン(イギリス)に滞在目的で行く場合に知っておいた方がよいこと」というくくりで作成・運営されているものであり,アメリカの政治は,はっきり言えば圏外である。が,書かざるを得ない動機と事情があってのことであり,何卒ご容赦いただきたい。

 

●---- ここで取り上げる事情

その事情というのは,筆者のウェブサイトの掲示板(「情報交換の場」)に,ヨーロッパのあるNGOが発信源である「米国政府への抗議メールを送りましょう」という文書が投稿されたことに端を発する。

彼らが何に抗議して世界中の人々に呼びかけているかというと,例の「米国,京都議定書を離脱」というブッシュ大統領の決定に対してである。

そういうメッセージを掲示板に投稿されたことを筆者が怒っているのではないことは,まずはっきり明記しておく。感情レベルでは,筆者も「米国経済の利益にならないから京都議定書を離脱する」というニュースを知った時は「やってくれるよな,この**##☆☆〜〜!(不適切な表現を含むので自主規制)経済だけが大事なのか?!」と腹も立ったし,「だからアメリカは嫌いだ」とも思った(そう,私は反米派までは行かないが,少なくともある程度は嫌米派である。それは決して感情レベルの嫌悪ではなく,少しはアメリカについて勉強してみて……大学でちょこっとやってみただけだから大きなことは言えないが……その結果,自由経済と民主主義ってああなのか?と疑問を抱き,そしてアメリカに対して失望したのである)。実際,筆者が隔日ペースで書き込んでいる『ニュースねた』のページでも話題にしようと一度は思った。

だが,ちょっと冷静になってみよう。本当にそれは一方的に批判し反発すべきことなのか?その批判と反発のためにエネルギーを費やす価値があることなのか?

筆者は議定書離脱のニュースをまず新聞で知り,そして普段見ている夜のニュース番組で知った。新聞はさくっと読み進められる記事で純粋に「ショッキングなニュース」だった。一方,ニュース番組はと言うと,ほぼ毎日見ているそのニュースでは,メインのキャスターが今回のアメリカ政府の決定をはっきりと批判していた。キャスターの言うことはいちいち尤もで,私の中に深い共感が広がる。そのまま盛り上がってしまえば,アメリカ大使館に抗議のビラでも撒きにいきたくなるほどにうなずける。少なくとも「アメリカの勝手な行動を容認していいのか」くらいのことはどこかで言いたくなる。

が,ブッシュ政権の言い分を聞いてみない限り,そんなに無条件に批判できるものなのかどうかはわからないのではないか。

もちろんニュース番組の制作者もキャスターも,演説を聞くなり現地の新聞を読むなりして政権の言い分を知った上で辛辣な批判をしているのだろう。だからといってそれをそのまんま丸ごと飲み込んでいいものかどうか?ブッシュ大統領自身の言葉を読むまでは何も言えない。

「身勝手なアメリカには頭に来る」という文章を書きそうになった筆者は,そこで踏みとどまった。自分自身の奥に取り除けないくらいに深く根差している「嫌米」の感情が混ざらないような文章でなければ,結局は「嫌い」という感情に基づいた浅い批判になるだけだ。

だいたい「嫌い」という感情に根差した批判ほど,不毛で非生産的なものはない。結論は「やっぱり嫌いだ」とか「よけい嫌いになった」というところ,言ってみれば仲間内の愚痴ならいいんだけど,という辺りに落ちるのは目に見えている。何か気に食わない点があったら「○○だから」と言える理由を見つけることは,自分を納得させるためには有効な手段だが,それが果たして他人にとって情報として価値があるかどうか。第一,感情的にアメリカ(あるいはアメリカ政府)を批判するために貴重な電気を消費するのは,アメリカ政府以上に地球に優しくないのではないか。(ウェブサイトでも掲示板でも何でも,サーバに文書を置いているだけで電気を使っている。)地球に負担をかけずに何かをすることは現代社会では不可能に近いけど,少しでも「地球に優しく」を心がけるなら,少なくとも,パソコンを使って不毛な批判(愚痴)を展開すべきではない。そういうのは要らなくなった紙にでも書こう。あるいは,そのためだけに資源を使わなくて済む形(直接人に会って話すとか)で心のもやもやを晴らすとか。

(というのは極論です。実際は遠く離れた多くの人と共通の話題について話をするためには今ならネットという手段が一番なわけで,「いやしくも環境問題を考えるならネットを使うな」と言ってるわけではありません。そうじゃなくて,不毛な批判に費やすためには,資源は貴重すぎる,ということが言いたいわけです。一部表現が過激かとも思いますが,ある意味意図的に極論として書いていることをご了解ください。)

何だか話がまっすぐに進まないが,そういう事情で筆者はこのことについて文章を書かずにいた。繰り返しになるが,感情論は資源を浪費するだけで,生産的な思考にはつながらない。だから書かなかった。

それを敢えて今書こうというのは,掲示板に投稿されたNGOのメッセージの一件があったことから考えたからであり,それはもう不毛な感情論ではないだろうと自分で納得したからである。

次のページへ

前置きのくせにやたら長くて……いやはや面目ない

<- 「イギリスと関係ない話」目次へ

17 April 2001
(c) no frills