Noam Chomsky on 9.11

 "Power and Terror"

記録映画,『チョムスキー 9.11 Power and Terror
公式カタログは『ノーム・チョムスキー』(リトル・モア刊)

 

■ 映画『チョムスキー 9.11』について (1)
 
2002年9月11日,都内のツインタワーを会場に先行上映された
映画『チョムスキー 9.11 Power and Terrorを見た。
 
私にはどうも「語り倒されることが楽しい」という性質が強いようで,
自分には備わっていない情報処理能力と言語処理能力を目の前で見せられると
脳内が元気になる。自分もやりたいとかそういうんじゃなくて,
「あー,それそれ,そういうことを言いたかった!」という感覚。
つまり,自分の中にもあるのだけれど,
何となく形を成さずにぼや〜っとした状態であるようなことに
明確な輪郭線と形を与えてくれるとすっきりするという感覚。
(単純なことをわざわざ小難しく演出したものなどはこれとは逆で,
私にとってはイライラするばかりである。)
 
この映画を見て私の脳はかなり元気になった。
「そうそう,そういうこと〜っ!」という感覚。
昨日まで仕事仕事仕事で完全に固まっていた脳みそが,かなり回復した。
(錆びついたボルトに『KURE 556』をスプレーした状態と思われたし。)
 
いや,この映画を見て元気になれるのは何も私ばかりではないだろう。
映画の中でもそう語る聴衆がいたように,
チョムスキーは深刻な問題意識と一緒に元気をくれる。
眉根にシワをよせて沈んだトーンで話すのではなく,
あの年齢(1928年生まれ)でツヤツヤで張りのあるお肌をして,
暖かな笑顔と明晰な言語で語りかけてくれるのである。
 
映画は大きく分けてチョムスキーの講演会の模様を収録した部分と
監督(と製作者?)とのインタビューを収録した部分とで構成されている。
講演会をそのままカメラで撮ったら退屈になりそうなものだが
(映画用の照明とかクレーンカメラとかがないので)
この映画の場合,映像の面の演出は最小限で充分である。
というか,過剰な演出があったりしたらしらけていただろう。
ただ撮っただけに見える映像が,とても雄弁なのである。
 
「アメリカの犯罪」――このようなことを言っているのは
チョムスキー1人ではない。
ほかにも何人かが同じような視点から語っていることは,
「9.11」以降,『哲学クロニクル』などで情報を得ている。
しかし,記録映像という形で,
肌のツヤとか表情とか(あのあたたかい笑顔はすばらしい)
よれっとしたセーターとか伸びすぎちゃった髪の毛とか,
そういう生の姿で語られているものを見ることには
文字情報を読むのとはまったく違うインパクトがある。
 
っていうか,
「戦場での男と男の友情と勇気」とか
「戦争にも壊されなかった愛の物語」とかに1800円払うより
(↑こういうのはたいがいプロパガンダ映画)
この映画に1800円(前売りなら1500円)払った方が
ずっとスッキリさせてもらえるし,生産的だと思う。
 
日本のメディアで伝えられている
「愛国心に埋め尽くされたアメリカ」が
100%の真実ではなかった,ということに希望を抱く。
あれは真実の一部であり,
この映画に描かれているのもまた真実の一部である。
どちらを見ていきたいと思うか,それは私たちひとりひとりの自由であり,
誰にも強制されるものではない。
 

 ▲ ページの先頭に戻る

この映画の公開日程:
東京・渋谷ユーロスペースで9月28日からモーニングショウ。
【拡大上映決定。こちらをご覧ください。
京都朝日シネマで10月12日からレイトショウ。
11月22日にDVD発売。
詳細は公式サイトでご確認ください。

映画『チョムスキー 9.11』について (2)
(↑ネタばれ注意)
 
チョムスキーについて

 

 ←「イギリスとは関係のない話」トップに戻る

this page was written on 12 September 2002

背景画像はムクドリ条約さん

no frills