Noam Chomsky on 9.11

 "Power and Terror"

記録映画,『チョムスキー 9.11 Power and Terror
東京・渋谷ユーロスペースで9月28日からモーニングショウ。
(拡大上映決定。下記ご参照ください。)
京都朝日シネマで10月12日からレイトショウ。
11月22日にDVD発売。
詳細は公式サイトでご確認ください。
公式カタログは『ノーム・チョムスキー』(リトル・モア刊)

latest news...
11月17日より1日3回(10:50,19:15,20:50)に拡大上映!
トークイベントもあるそうです。
■11/19(火)20:50の回上映終了後
ゲスト:島森路子(『広告批評』編集長)+ユンカーマン監督
■12/3(火)20:50の回上映終了後
ゲスト:徐京植(作家)+山上徹二郎(映画プロデューサー)
■11/27(水)21:00より
劇場にて行う「おすぎのシネマトーク」に、
ユンカーマン監督がゲストの一人としてトーク後半に出演します。
詳しくは劇場までお問い合わせ下さい。
(以上,製作会社シグロさまからの情報。)

Everyone's worried about
stopping terrorism.
Well, there's a really easy way:
Stop participating in it.

テロを止めるにはどうしたらよいか。
実に単純なことです。
テロに加わるのを止めればいいのです。

□ 記事の内容 □
チョムスキーについて
映画『チョムスキー 9.11』について (1)
映画『チョムスキー 9.11』について (2) (←ネタばれ注意)

※ 上記,英語イタリックの部分は引用。

 

 

 

 

 

■ チョムスキーについて
 
チョムスキーという人の存在を私が知ったのは,大学生の時である。
それは,この映画でのチョムスキーとは別の顔(本職?),
言語学者としてのチョムスキーであった。
 
しかし,大学時代は,チョムスキーについては
「一応読んだことがないわけではない(それも抜粋を)」
で終わってしまった。
(ちなみに,私の専攻は言語学ではない。←言い訳。)
当然,「生成文法」なるものも私にとってはかなり正体不明のままである。
 
それから何年もたって,「9.11」があった。
その後,数々の政治的発言の主として
「チョムスキー」の名をたびたび目にしたのであるが,
当初それがあの「チョムスキー」と同一人物であるということに
私はまったく気がつかなかった。
「ノーム・チョムスキー」というフルネームを見てもなお,
それがあの「チョムスキー」だとは気がつかなかった。
 
だって畑が違いすぎるんだもん……。
ヴェトナム戦争の時の反戦運動にも大きく関わっていたっていうことも
ほんと,知らなかったし……。
 
ま,そんな話はどうでもいい。
要するに,チョムスキーという人は,
異様に守備範囲の広い頭を持った人なのである。
“反骨の知識人”というキャッチは真実であるがすべてではない。
“反骨”であるだけで,あるいは“知識人”であるだけで,
あれだけのデータを処理して格納し,
さらに必要に応じて引き出せる脳みそと
それを相手にわかるように語る舌を持つことはできない。
「チョムスキー」はチョムスキーなのであり,
それゆえに「生成文法」も「ならず者国家」も語れるのだと思う。
 
チョムスキーは,その名前から容易に察することができるように
ユダヤ系の人である。
1928年にアメリカで生まれ,
10歳で(!)スペイン内乱について考察を巡らし,
30代で「生成文法」に関する理論を確立し,
(一言で言うと,人間が言語を使うとはどういうことかに関する理論)
70歳を超えた現在も,マサチューセッツ工科大学(MIT)の
言語学・哲学科の教授として現役。
一方で,1960年代のヴェトナム戦争以降は
アメリカの外交政策を批判する発言を続けている。
それが「批判するための批判」「自己を正統化するための批判」ではなく,
「一般に知られていることに別な角度から光を当てる批判」
であるからこそ,
ポジティヴな感情を人に与え,人から支持と共感を得ているのだろう。
ネット上をいろいろうろうろしてみると,
フランスの修正歴史主義(「ホロコーストはなかった」説)を唱える人が
大学教授(だと思う)の職を追われたことについて
「何者も自由を奪われるべきではない」と主張して
「ユダヤ人なのに修正歴史主義者の味方」呼ばわりされるなど
興味深いエピソード(←表現不適切)が読めます。
 
チョムスキーという人についてもっと知りたい方は
「『チョムスキー』の検索結果」(Google) を見てみてください。
 

 

 ▲ ページの先頭に戻る

映画『チョムスキー 9.11』について (1)
(↑ネタばれなし)
 
映画『チョムスキー 9.11』について (2)
(↑ネタばれ注意)

 

 ←「イギリスとは関係のない話」トップに戻る

this page was written on 12 September 2002

背景画像はムクドリ条約さん

no frills