today's news from UK  

... January 2003  

(21)7人目の逮捕者。(22)実話版「リトル・ダンサー」。 (23)立てこもり事件終結。 (24)またスト予定だそうです。(25)「世紀の恋」の裏の事実。 (26)対米・対イラク方針転換について。(27)スムーズに進まない。(28)しんみりするアルバム。(29)ダウンロード。 (30)「ゴミ(Trash)を禁止せよ」。(31)スピタルフィールズ最新記事。 (32)モーリス・ギブ死去。(33)イメージ戦略。(34)警官刺殺。(35)「反独裁」のスローガン。(36)「驚愕の」「戦慄の」系潜入レポート。(37)ロンドンの「リトル・アルジェ」。(38)人気のウェブサイト。 (39)値上げ。 (40)味覚破壊の始まり。

(21) 7人目の逮捕者。
2003-01-09 (Thu)
Wood Greenでリシンが発見された件での逮捕者は
1人増えて合計7名に。
警察ではさらに少なくとも2名の行方を追っている。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/2637515.stm
なお,地元Wood Green(←普通の住宅街です。駅前に大き目の
ショッピング・センターがあって,92年にIRAの爆弾テロがありましたが)
の住民のインタビューは下記URLで読めます。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/2638549.stm
最後の方に「ドラッグと同じでどこにでもあると思うよ。
自分に何かできるわけでもなし,自分的には普段通り」という
23歳の人のたくましい(?)コメントがありました。
▲ top

(22) 実話版「リトル・ダンサー」。
2003-01-09 (Thu)
バレエ・ダンサーを目指す少年の物語,映画『リトル・ダンサー』。
(原題は"Billy Elliot"=主人公の名前。)
映画のストーリーと同じく,
バレエ・ダンサーを目指す少年が,
級友からばかにされいじめられるという事件が発生。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/2636297.stm
▲ top

(23) 立てこもり事件終結。
2003-01-10 (Fri)
12月26日から続いていたハックニーでの立てこもり事件は15日目,
木曜日(9日)21時30分(←警察発表)に終結。
警察は交渉により犯人に投降を促し,平和的に解決するという
方策を採ってきたが,
最終的には,警察も催涙弾を撃ちこみ,
また,犯人が家具に放った火が広がって
(消防車も出動……消防士組合のストライキ中ではなかった)
犯人は焼死体で発見された。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/2644309.stm
犯人はほかの事件で警察から手配されていた人物。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/2643679.stm
北〜東ロンドンでは,この立てこもり事件に加え,リシン発見,
さらにストーク・ニューイントンでも新たに発砲事件発生
(↑BBC NEWSの速報に出てるだけで,まだ記事はないみたい)
(↑しばらくしたら出てました。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/2646115.stm
など,物騒なことが続いています。
-----------------------------------------------
今回の事件に対する警察の手法と,
事件があったGraham Roadの声が記事になっています。↓
http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/2645491.stm
▲ top

(24) またスト予定だそうです。
2003-01-10 (Fri)
消防士組合,1月21日にストを予定。
その後も1月下旬と2月上旬の2度のストを予定。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/2644249.stm
▲ top

(25) 「世紀の恋」の裏の事実。
2003-01-10 (Fri)
英国王エドワード8世(エリザベス女王のおじさん)は,
離婚歴のあるシンプソン夫人と結婚するために
王位を捨てた国王として知られ,
その物語は「世紀の恋」として語られることも多い。
その「世紀の恋」の裏にあった,
今まで表立って語られることは少なかった事実
――夫人とナチス党とのつながり――が,
このたび公開されたFBIのファイルによって明らかになった。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/2644123.stm
これまでは夫人がアメリカ人でしかも離婚歴があったことが
英国王の結婚相手として不適とされた,というのが定説だった。
(その点から,チャールズ皇太子の別居・離婚などの際にも
よく引き合いに出されていた。)
▲ top

(26) 対米・対イラク方針転換について。
2003-01-10 (Fri)
ブレア首相が国会で,国連の査察期限の延長も認めるべきとするなど,
事実上の対米・対イラク方針の転換?を表明した。
(記事では"the change of tone"と表現されている。)
一方で英軍予備役の召集など,戦争に向けての動きもあるが,
1月27日(査察団報告の日)以降も
国連の査察が継続されることになるかもしれない。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/2645745.stm
(↑のほかにも記事はたくさんあります。)
というわけで,ホワイトホールの風向きは変化しているようです。
(すみませんが,記事を詳細に読んではおりません。)
▲ top

(27) スムーズに進まない。
2003-01-10 (Fri)
Yahoo!JAPANのニュースで知ったんですが,
イスラエルのアリエル・シャロン首相が資金受領疑惑で大変だそうで,
さらには疑惑の釈明の会見で,のっけから野党批判を展開し,
選挙期間中であることもあって,
野党に不利な内容は放送できないとの判断で
テレビ中継が途中で打ち切りになったとか(毎日新聞の記事),
何だかほんとにおいおい・・・な状況ですが,
ロンドンでの開催が計画されている
イスラエル,パレスチナの代表者を招いての会談も,
イスラエル側が選挙戦を理由に
英国政府との事前交渉のドタキャンと延期を繰り返し,
準備がまったく進まないようです。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/2645865.stm
▲ top

(28) しんみりするアルバム。
2003-01-11 (Sat)
ビートルズの激レアテープが見つかったらしいですね。(記事。
ところでジョージ・ハリスンのトリビュート・アルバムが
2月に出るらしいですが,
トッド・ラングレンとかMC5のウェイン・クレーマーとかの
豪華な参加者の中に,
ジョン・エントウィッスルの名前もあるのです。
亡くなってしまったミュージシャンのトリビュートに参加した
別なミュージシャンも,ほどなくして亡くなってしまったわけで,
しんみりせざるを得ない。合掌。
▲ top

(29) ダウンロード。
2003-01-12 (Sun)
っていうかこういうのは勘弁してほしいんですけど,
ピート・タウンゼンド(The Who)が
児童ポルノの画像をダウンロードしたらしいです。でも,
「自分はペドファイルではない。
児童ポルノ反対運動に参加する上で,どういうものが出回っているか
調査するためにダウンロードした」のだそうです。
詳細は記事をお読みください。→BBCGuardian
ワタシ的には,このことばが本当であることを大いに期待します。
(うそだとしたら,あまりに情けない。
っていうか『トミー』は一体何だったのさ?ってことになってしまう。)
なお,この件を「英国のあるロックスターが」という形で
個人名を明らかにしないで(←多分)報じたのは
よりによってDaily Mail(サイトはあるが,記事は読めません)。
それだけでも情けないが,よりいっそう情けないのは,
その画像をダウンロードするために入力したカード番号が
サイト(既に潰されている)のサーバがある米国のPostal Service から
英国の警察に送られているということ。
なお,米国から英国に送られたリストには7000件のカード番号が
載っているそうです。
(子供の敵でしかない鬼畜,絶対的に多すぎ。)
▲ top

(30) 「ゴミ(Trash)を禁止せよ」。
2003-01-12 (Sun)
↑Mirrorの記事のタイトル。記事は→こちら。
記事の中でも引き合いに出されてますが,フランスを連想させます。
個人的には,こういう意見が保守党じゃなくて労働党から出た
ということに驚きました。
っていうか,出るなら保守党から出るんじゃないのかと思ってたのは
ただの思いこみだったらしいです。
根拠としては,国会で審議中の(←多分)
the new Communications Billが
議会を通過したあかつきには,
地上波放送の権利を米国企業が買うことができるようになるから,
ということがあるみたいです。
もはや「ブリティッシュネス」は保全する取り組みを必要としている
ということであるのかもしれません。
話はそれますが,実は今朝もある英国レポート番組を見ていて,
レポーターをしている日本人女性の英語の語彙がまるきり米語で,
インタビューされてる英国人女性の語彙とまったく噛み合ってなくて,
っていうか英国で英国人にインタビューするなら
誉め言葉くらいは英国の語彙を覚えておいた方がいいんじゃないの
とか思ったところ。
絶対的にどちらが優れているとかそういう問題ではなく,
日本語でも,何見ても「カワイイ」を連発して許される場と
それでは相手にしてもらえない場とがある,って感じが。
でも,そのうちに,
「そんなことを言うのは,年寄りかアングロファイルの外人だけだよ」
っていうことになってしまうのかもしれません。
あと,どうでもいいんだけど,
正月にBSでやってたヴィヴィアン・リー主演の1938年の映画を見てたら
いわゆる「パブ」,
英語で書くとpub(これ自体がpublic houseの略)ですが,
これの窓にPUBLIC BARと書いてあったので,
「あれ?barって米語じゃなかったっけ?」と思ったら,
よくよく考えてみたら,当時は階級別システム。
確認してみたところ,
労働者階級が入るのはpublic barで
階級が上の方々がお入りあそばすのがsaloon barだったようです。
↑話がそれまくっていますが,上記記事の「禁止語句リスト」に
「pubのことをbarと言うこと」というのがあるので,それに関連して。
▲ top

(31) スピタルフィールズ最新記事。
2003-01-12 (Sun)
拙著で「2000年にロンドンを訪れた際に一番雰囲気が良かった
マーケット」と書いたスピタルフィールズの再開発について,
BBC NEWSに記事が出ています。→こちら。
タイトルが「スピタルフィールズ,マーケットの圧力に屈する」。
記事を読んで,私は神田神保町のすずらん通りの変貌ぶりを連想しました。
でも,神田と決定的に違うのは,隣接している地域が,というか
侵食してこようとしているものが,まさにビジネスそのものである
ということ。
(やや暴言に近いことを敢えて言いますが,
投機目的でトルコリラの暴落を願ったりするような奴ら。)
あの場所が,スーツにネクタイのビジネスマンと,
どこにでもあるチェーン店の見飽きたロゴだけに埋め尽くされるというのは
「んな光景は見たかぁねぇよ!」という意味で悪夢に近いものがあります。
▲ top

(32) モーリス・ギブ死去。
2003-01-13 (Mon)
数日前から危篤が報じられていたビージーズのメンバーの方が
亡くなった。合掌。
個人的にはあまりよく知らないグループではあるのですが,
(つまり,メンバー名や顔は知らない)
『小さな恋のメロディ』が『サタデー・ナイト・フィーバー』と
同じ人たちの歌だと知ったときは,
なんて多才な人たちなんだろう!大人ってすごい!と思ったものです。
(↑ツッコミ不要。なぜなら当時私は真に子供だったので。)
『メロディフェア』は,rememberという語が初めて聞き取れた曲でもあり
耳コピしてピアノで弾いていたりしたこともあります(ただし右手のみ)。
↓BBCのTalking Point(読者投稿)のモーリス・ギブ追悼のページ
http://news.bbc.co.uk/1/hi/talking_point/2649027.stm
ジョー・ストラマーの時のTalking Pointのメッセージが
あまりにひどかったから,見ない方がいいかもなーと思いつつ,
何となくクリックしてみたら,心のこもった追悼メッセージが多く,
こういうときに使うべき言葉ではないかもしれないけれど,
ほっとしました。
あと,投稿者の国籍がバラエティに富んでいて驚きました。
欧米&英語圏だけでなく,イラン,レバノン,UAEなど。
再度,合掌。
▲ top

(33) イメージ戦略。
2003-01-15 (Wed)
う〜む,極めてばかばかしい。
いや,確かかなり前にうたぞうさんから聞いたことがあるのだが,
例えばStreathamという地名をSt. Reathamと言い換える,
というような「地名の言い換えや変更」が,
本当に本格的にシリアスに流行っているらしい。
それも,地元住民の(時には自嘲的な)言葉遊びの段階ではなく,
不動産業者などがこぞって新しい名前を考え出しているという。
住宅を売買するときに,少しでもいい感じの地名であれば
その分確実に(かつ高く)売れるのだろう。
ばかばかしい。
ばかばかしいばかりではなく,寒々しく空虚な感じすら覚える。
うれしなつかしの「バブル」そのものという感じがする。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/2653845.stm
↑でいろんな「言い換え・変更」の例が見られます。
(ただしこの記事で紹介されているのは,
すべてが「バブル」的言い換えというわけではありません。)
そう言えば,日本でも,どこだっけ?割と最近,
住居表示の変更に伴って,町名に「沼」がつくとかつかないとかで
住民が「イメージが悪い」といやがっているとかいう話もあったが,
一方では,確か東京の浅草界隈だったと思うが,
「浅草○丁目」などの無味乾燥な現在の住居表示から,
昔の伝統的な町名(黒い門があったので「黒門町」など)に
戻そうという動きもある,という話も,割と最近聞いた。
▲ top

(34) 警官刺殺。
2003-01-15 (Wed)
私は今朝のニュースで知ったのだが,
北ロンドンで発見されたリシンに関連して
マンチェスターで捜査を進めていた警察官が刺殺されるという事件が発生。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/2659133.stm
記事によると,
怪我をした警察官は全部で4名,
容疑者逮捕ではなく情報収集のために現場に入っており,
そのため,防弾チョッキのようなものは着けていなかった。
▲ top

(35) 「反独裁」のスローガン。
2003-01-15 (Wed)
冷戦時代の終わりに学生だった私は,
ベルリンの壁が人々の手で壊されるのをテレビの画面で見ながら
これで「仮想敵」などというものは必要なくなる,と
無邪気な喜びを感じたものだ。
もちろんそんなのはナイーヴすぎる幻想であり,
冷戦が終結して10余年,現実には,
かつての“西側”諸国は“東側”を吸収合併した上で,
「反共」のスローガンを「反独裁」に変更している。
スローガン(建前)上は,
「独裁」=「反民主主義」は打ち倒すべきものであり,
その筆頭に挙げられているのがイラクであることは周知の通り。
で,ほかにもいくつか「打倒すべき独裁体制」がある。
アフリカのジンバブエのムガベ大統領の政府もそのひとつ。
日本ではほとんど報じられていないが,
ここ数ヶ月,イギリスではジンバブエをめぐって
かなりの騒ぎになっていた。
クリケットという,英国とかつての英国の植民地だけでプレイされる
(世界的に見ればマイナーな)スポーツの
「ワールドカップ」(←実態は「コモンウェルスカップ」だろう)が
独裁国家のジンバブエで開催されるのだが,
それにイギリスから代表チーム(例によってイングランド,ウェールズと
地域別の代表チームが編成されるのだが)が参加すべきかどうか,が
スポーツ界だけでなく政府首脳や有力政治家も巻き込んだ
大きな議論の的となっていたのである。
結局は「参加する」という結論に至ったらしい。
http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/cricket/2657323.stm
しかし,「独裁者の国家で開催されるスポーツ大会は
ボイコットすべきだ」という議論が出るわりには,
同じく独裁国家であり,しかも核兵器まで持っているパキスタンには
制裁を加えるべきとかそういう話はカケラも出ていない。
もちろん,9-11の後のアフガニスタン攻撃・タリバン掃討で
パキスタンが米英に協力したからに違いないのだろうが,
(事実,パキスタンの核開発に対してかけられていた経済制裁は,
アフガン攻撃での対米協力と引き換えに解除されたはず)
パキスタンの軍事独裁政権がよいとか悪いとかは別として,
(実際,ムシャラフの前の文民政権の方が政治腐敗がひどかった
という話も聞いたことがある)
結局,スローガンというものがデタラメであることは
冷戦前も冷戦後も何も変わっていない。
そう言えばモスクワでのオリンピック,LAでのオリンピック,
それぞれ“西側”がボイコット,“東側”がボイコット,という
歴史もある。
▲ top

(36) 「驚愕の」「戦慄の」系潜入レポート。
2003-01-15 (Wed)
イギリスのプレスって,潜入レポートが多い!というわけで
またもや潜入レポートものが出ました。
左派タブロイドDaily Mirrorの記者が,
有名な環境保護NGOのメンバー約30名に同行して,
原子力施設に潜入した,ということです。→こちら。
いくら警備の実態を明らかにするためとはいえ,
こういうやり方には賛成できませんが。
▲ top

(37) ロンドンの「リトル・アルジェ」。
2003-01-15 (Wed)
ウッド・グリーンでリシンが見つかった事件で逮捕されたのは
北アフリカ,アルジェリア出身の人々だったとのこと。
ということで,BBC NEWSに,
ロンドンのアルジェリア人街についての記事が出ている。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/2653203.stm
※記事内にあるBlackstock Roadというのは,
手元の地図で確認しましたが,Wood Greenではなく,
Finsbury Park駅の東南側,Arsenalのグラウンドまで行かない辺りの
通りです。
▲ top

(38) 人気のウェブサイト。
2003-01-16 (Thu)
不幸にも交通事故に遭ってしまい,大怪我をしたねこさんの回復ぶりを
写真などで伝えるウェブサイト(ケンブリッジから発信)が大人気で,
英国Yahooの「ウェブサイト・オヴ・ザ・イヤー」にも選ばれたそうです。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/2660441.stm
▲ top

(39) 値上げ。
2003-01-16 (Thu)
パブで供されるビールのうち,Carling, GrolschとWorthingtonの
3つの銘柄が,1パイントあたり10ペンスの値上げ。
詳細は記事をお読みください。→こちら。
記事を読んで初めて,
カーリングとかがクアーズ傘下だということを知りました。
▲ top

(40) 味覚破壊の始まり。
2003-01-16 (Thu)
Victory is Sweet for Britain などというヘッドラインを見て
何だろ,またスポーツで勝ったのかな?だとしたら,
「イングランド」じゃなくて「ブリテン」って何だろ?
スポーツというわけじゃなくて,
「大西洋単独横断最年少記録」とかかな?と思いつつクリックしたら,
チョコレートの話でした。
欧州大陸に英国から輸入される「チョコレート」について,
イタリアとスペインが
「英国産チョコレートには混ぜものが入ってるから
『チョコレート』とは言えない,『チョコレートもどき』と表示すべし」
と言っているという話で,
「マンマ・ミーア!ベリッシモ!」(「モ」か「マ」かが不安)
とか思ったのだが,
――さらに,ここ27年間,その主張が受け入れられてきたのだそうだが――
EU司法裁判所はその「もどき」説を
イリーガルと認定することになったのだそうです。
つまり,あのチョコレートとは呼びたくないようなチョコレートが
正式に「チョコレート」になる,ということで
Victory For Britainということだそうです。
極めて遺憾です。
正確なところは記事をお読みください。→This is LondonBBC
▲ top

 

no frills

2003年1月分 part3. →  
  ← today's news 過去記事 目次
  ← no frills top
背景画像はDecorate?さん