貴族の館で古典を  
 

Wallace Collection ウォレス・コレクション

address Hartford House, Manchester Square, W1  
telephone 020-7935-0687
website http://www.the-wallace-collection.org.uk
  

  

 


セルフリッジズの裏手と言えば,最高に閑静で上品な一角。ウォレス・コレクションはその一角の真ん中にある。建物は元々貴族の館で,収蔵品も元々はその貴族の個人的コレクション。(ハートフォード侯爵であった夫からコレクションを相続したレディ・ウォレスが19世紀末に国家に寄贈した。)

コレクションの中身は,18世紀フランス(ロココ)の絵画やレンブラント,ルーベンス,ベラスケス,ゲインズボロにレイノルズと,正統派のお貴族さま路線。

ここを訪れたのは何年も前のことで,確かドラクロアが目当てだったのだが,それまで知らなかったカナレットという画家の細密描写に驚いて帰ってきた記憶がある。またいつか,ロンドンでちょっと別モードに切り替えたくなったら訪れて,今度は調度品や陶磁器などもしっかり見てこようと思う。

 

うたぞうさんによるレポート

有名な美術品コレクターだった Wallece氏のコレクション。自宅をそのまま博物館にしているギャラリーで,Wallece夫人の死後,遺言に従い,展示品の配置を変えないことや,入場無料を続けることを条件に国に寄贈されたものです。Wallece夫人という人は,もともとイギリス人ではなく,Wallece氏がフランス滞在中に見初めた低い階級出身の人で,かなり長くの間入籍もしてもらえず,また,家にあまり寄り付かなかったWallece氏に館に残され,言葉もろくに通じないため社交界でも交流を持てず,フランスから同行した侍女くらいしか話す相手もいないような生活をずっと送っていた方なんだそうです。

2000年にはあちこちの施設が改修されましたが,この博物館も,2000年の夏頃に大改修を終えたばかりで(2000年が開館100年記念で,改装はそれに合わせたらしいです),カフェや地下など新しくてまだきれいです。実際居住していた邸宅を博物館にしているので,「昔のコレクターのすまいたるや!」ということが理解できることと,全体的なインテリアの組み合わせの妙は,ナショナル・ギャラリーなど他の絵画専門のギャラリーとはひと味ふた味違うところです。  

また,保存環境への配慮もかなりのものでした。展示ケースの一部には,見たい人が手で自由に持ち上げて中を見る,という厚い革の覆いがされているのなど,今までいろいろな博物館に行きましたが,初めて見ました。(Apsley Houseなどにもあるのをあとで発見。)

地下に新設されたConservation(修復)コーナーでは,家具調度の製作技術の一部解説コーナー(べっ甲張りの装飾家具の作り方やギルディングの用具と手順)や,修復した家具の実際の修理手順を解説するパネルと使用した材料と道具,原物の展示,また,「中世のよろいを着てみよう」という,今流行りのhands-onのコーナーもあって,画期的だと感心しました。(ここは武器コレクションも有名なのです。)見せっぱなしでなく,教育にも力を入れてることの証明ですね。

話がちょっと外れますが,2000年8月の100周年記念展示で,このコレクションが一時Bethnal Green Museumで公開されてたという事実を初めて知りました。1875年にBethnal Green Museumがオープンした直後(当時は子供博物館ではなく,ローカル博物館だった)にコレクションを一部貸し出ししていたんだそうです。 偶然にも,同じ日にBethnal Green Museumに行ってからここを訪れたので,計らずして「正解」だったようです。びっくり。

残念だったことがひとつ。荷物が多かったので,受付でクロークを聞いたら,「エレベーターで地下に降りたところをまた先にいった左手」とかいうかなりめんどくさい場所を説明され,「なんか変なの」って思ったら,そこが新しいクローク・ルームとはいえ,実際まだ使用されてないがらんとした場所。どうもおかしいと思いながら結局荷物を持ちながら見て回る羽目になったんですが,実は,荷物は受付で預けるようになってたというのが帰る時にわかったのです。そこで,受け付けのお姉さんに苦情を言ったら,「あなたは,クローク・ルームという場所を探してるのだと思ったからそう教えた」という答えが返ってきまして,なんとも呆れたというか……荷物を持ってる客を見て判断もできないのかと,そのあたりの気配りがなかったのは残念。

Wallace Collection 詳 細 情 報

入場料金 なし(入場無料,楽しんだOR勉強した分だけ寄付金を!)
開館時間 月〜土曜 10:00〜17:00,日曜 12:00〜17:00
休館日 クリスマス休暇(12月24〜26日),元日(1月1日),グッド・フライデー,メイ・デー(5月1日)
解説ツアー ガイデッド・ツアーは平日13:00〜。水・土曜は11:30,日曜は15:00の回もある。
無料。(気持ち程度払うものと思っておいた方がよいかも。)
ショップ  
交通 地下鉄:Bond Street, Baker Street(徒歩3分〜5分くらい)

  


「美術館・博物館」目次

  
  home

no frills