オスカー・ワイルドの小説にも007にも,こんな感じの部屋が出てくる  
 

Geffrye Museum ジェフリー・ミュージアム

address Kingsland Road, E2 inside the museum (3KB)
telephone 020-7739-9893
website http://www.geffrye-museum.org.uk
church (7KB)
右手に見える教会
the museum (9KB)
ジェフリー・ミュージアム
from inside to outside (16KB)
a 17th-century chair (5KB) mirror (4KB)

"You are welcome to sit on this chair" (7KB)

a Victorian chair (5KB) a 17th-century chair (5KB)


キングズランド・ロードのマーケットから南(ショーディッチ方面)に向かってバスに乗ること数分。荒んだ空気が心なしか徐々に薄れてきて,右手に赤レンガのヴィクトリアン・ゴシックの教会が現れると数秒で,左手に広い前庭のある非常に落ち着いた構えの優雅なジョージアン朝の建物が見える。これがジェフリー・ミュージアム。

資料によると,ロンドンの人たちの間でも誰もが知ってるという存在ではないらしいんだけど,ここは行かないともったいない。コロンビア・ロードの花市とハシゴすると,多分いい感じで時間を過ごすことができる。(コロンビア・ロードに行くなら,Bethnal GreenMuseum of Childfood も候補に。)

私が訪れたのは週末の午後だったが,あまり混んではいなくて,数組の家族連れ(うち1組は3世代家族)や30歳くらいの男女のカップルが和気あいあいと見て歩いていた。「こういうのがほしい」とか「うちのと似てる」とか,店でもないのに,あれこれ物を見てああだこうだと話ができる空間としての博物館。ありがたいお芸術を拝みに行くような気分は,ここでは逆にそぐわないかもしれない。

17世紀から現代までのインテリアというか家具調度の博物館。建物自体は18世紀の富豪が建てた救貧院。かつては家のない人々が寝起きしていた部屋が展示室になっている。

救貧院の建物が博物館になったのは20世紀初頭で,元々はイーストエンドの家具職人の教育のための施設(資料館兼研修施設)として創設されたとか。現在もワークショップなどの活動が行われている。

展示物に手を触れるのは禁止だが,インテリア関係の職人さんやデザイナーさんの資料館という性質もあってか,館内写真撮影可。

建物は巨大な4階建てだが,展示室になっているのは1階部分と別館だけ。ざっと見るだけなら1時間あれば充分。(もちろん,熱心に見るとなると時間がいくらあっても足りなくなるのは,他の博物館でもここでも同じ。)

ジョージアンの建築の本館(建物自体がすばらしい)では展示室は”うなぎの寝床”状に細長く配置され,「17世紀」,「ジョージアン=18世紀」,「ヴィクトリアン=19世紀」,「ハイ・ヴィクトリアン=19世紀後半」という具合に,時代の区切りごとの,割と裕福な家の居間を再現してある。(壁紙や家具だけでなく,テーブルの上の食器,壁にかかった鏡などの小物も。)コスチューム・プレイ(あちらの時代劇)の映画のセットを見てるような,あるいは絵画で見たことのある部屋が実物になって目の前にあると言うか。アトラクションじみた過剰な演出はなく,採光も控えめ。

各展示室の脇には,展示室にある椅子の複製品が置いてあって「ご自由にお座りください」とある。遠慮なく座らせていただいて,お尻の感覚で(?)各時代を知ろう。

その付近に建築・インテリア用語の簡略な解説を書いたプレートもある。

展示室の列の真ん中辺に脇道があり,サンルームのようになっていて,ちょっと休憩できる。そこの窓からは庭も眺められるし(私が行ったのは冬だったのでメンテナンス中だったが),閲覧自由の書籍(庭とインテリアに関する本)が置いてあってちょっとした調べ物もできる。ハックニー/ショーディッチのエリアの地図やコミュニティ・カレッジのパンフレットもここで入手可。

時代がかった本館の向こうは,いきなりガラス天井+金属の枠で構成されたホールが開けている。物理的な場所の移動=時間の移動で,そこから先は現代の空間となる。

glass, iron and light (9KB)
 
a 20th-century tea cup (5KB)
↑ショップの陳列ケース。
鍵穴はこの博物館のシンボル。
? (12KB)
↑これは何でしょう?
(答えは一番下に。)

ホールの先の別館はガラスと金属とコンクリートの,開放感のあるモダンな空間。ガラス天井からいっぱいに採り入れられる自然光が心地よい。こちらでは20世紀の居間のインテリアが,やはり時代別に(アール・デコ,50年代,60年代,70年代,……)再現されている。各展示室が本館とは違って円形に配置されており,各年代の様子がぐるりと見渡せる。ショーン・コネリーのジェイムズ・ボンドが座っていそうな部屋にはフォトジャーナリズム華やかなりし頃のグラフ誌が置かれていたりする。

また,居間の再現展示とは別に,照明器具や食器など,インテリアの小道具の展示の棚(棚自体が洗練されてる)があり,かっこいいアール・デコのものやサイケデリックな60年代のものが見られる。この時代の物となるとどっかそのへんのマーケットでもごろごろしていそうだが,やはりきちんと整理整頓されてると見え方が違う。展示されている食器などの小物のレプリカを,館内のショップで購入することができる。

「ご自由にお座りください」のレプリカの椅子は別館にもある。すっきりしたデザインの寝椅子みたいなソファ(買ったらめちゃめちゃ高そう)に座ってみたら,非常に心地よくてすっかりくつろいでしまった。くつろいでいると,20代半ばと思しき女性2人組に"Should be comfortable"と声をかけられた。

別館の地下には企画展の会場やワークショップに使う部屋がある。

冬期(10月〜3月)以外は「ハーブ・ガーデン」も公開されている。あいにく行った時が冬期だったのでどのようなものかは確かめられなかったが,ガイドブックでは「屋外にある部屋」と説明されている。

トイレのサインが妙にかわいかった。(トイレ清潔度高い。)

 

うたぞうさんによるレポート

【企画展】
The House Beautiful -- Oscar Wilde & Aesthic Interior

昔救貧院だった建物を利用して,16世紀からの時代毎の典型的な部屋の内装をひと部屋ごとに再現しているという博物館です。1998年の博物館協会の賞を受賞したとかで,評判がよい博物館です。

前回行ったのは冬の雨の日だったので人が少なかったのですが,今回は晴天の上に展覧会の内容もこれだから,平日とはいえ人は多かったです。

この博物館,企画展用の部屋がたったひと部屋しかなく,しかもかなり狭いのが残念ですが,今回の企画展は小さいながらもなかなかいい展示でした。前回やっていたひとりのデザイナーによるモダン家具の展示が妙に閑散としたイメージだったので,今回は展示品が所狭しと並んで,展示が充実してる印象をうけました。この展覧会にあわせての関連書も出てるのですが,ハードカバーのみで£29.90という値段で(ペーパーバックでもっと手ごろな値段で出してくれたらもっとみんなが買えるのに)内容が展示品以外のものも多かったので残念でした。なお,この本は一般書店でも販売しています。

展示してあった壁紙のうち,ピュージン設計の国会議事堂用のパターンも製作したという,イズリントンの壁紙工場がついに閉鎖の運命に,という話を数ヶ月前の新聞で見ましたが,もちろんそこの製品もあって,つくづく勿体無いと思いました。

博物館裏はハーブガーデンになっていますが,庭の大部分はまだ改造中の印象で,カフェ(なかなかオシャレ)から見える印象は植物が伸びきっておらず,地面ばかり目立ってがらんとしています。

August 2000

 

Geffrye Museum 詳 細 情 報

入場料金 なし(入場無料=楽しんだOR勉強した分だけ寄付金を!)
開館時間 火〜土曜:10:00〜17:00,日曜・祭日:14:00〜17:00 (入場は16:00まで)
休館日 月曜
ショップ インテリア・建築・工芸関係の書籍が充実。展示品のレプリカも。(但し家具はなし。)
交通 地下鉄&鉄道: Liverpool Street, Old Street(徒歩10分〜15分くらい)
鉄道: Dalston Kingsland(徒歩20分くらい:周辺の治安が良くない。なるべくバスで!)
バス: 複数路線あり。Liverpool StreetDalston Kingslandを結ぶ路線が使いやすい。
近場には…… ストリート・マーケット
  ・ Bethnal Green Road
  ・ Brick Lane
  ・ Columbia Road
  ・ Hoxton Street
  ・ Kingsland Road
  ・ Old Spitalfields

◆ 博物館など:
  ・ Bethnal Green Museum of Childhood
  ・ Hackney City Farm

◆ 注目エリア(って言い方もなんだかな……):
  ・ Hoxton Square

(答え:赤ちゃんのおむつ替えルームのサイン。)


「美術館・博物館」目次

  
  home

no frills