童心にかえれる?  
 

Bethnal Green Museum of Childhood
ベスナル・グリーン ミュージアム・オヴ・チャイルドフッド

address Cambridge Heath Road, E2  
telephone 020-8980-2415
website http://www.museumofchildhood.org.uk/
ロンドン地下鉄木造エスカレーター
2000年3月,
Bethnal Green Tubeの
エスカレーターは
木造でした。
 
 
ミュージアム自体の写真は
スキャンとかできてないので
ずーっと準備中。ご容赦。

ベスナル・グリーンの地下鉄駅出口のすぐ前。(鉄道駅からと徒歩数分。)一見幼稚園の園庭のような広場の向こうにある,赤いレンガの建物。正面にカラフルでかわいらしいロゴが踊っている。

ケンジントンにあるヴィクトリア&アルバート・ミュージアムの別館で,19世紀当時スラムだったイーストエンドに文化や教育を広めようとした運動の一環として設立された施設だとか。(イーストエンドにはこういう理由でヴィクトリア朝の痕跡が色濃く残っている。)

一言で説明するなら,「子供時代に関わるものがあれやこれやと,世界各国から集められた博物館」。

「子供時代に関わるもの」であって「子供向けのもの」ではないのがポイント。(日本語では一般的に「子供博物館」という呼称が用いられていますが,「子供」という語のインパクトの強さが博物館の中身にそぐわないような気がするので,このサイトでは「ミュージアム・オヴ・チャイルドフッド」とカタカナ書きにします。ちょっと長くなってしまいますが。)

コレクションの内容は,人形,衣類,玩具(ボードゲームやカード類がたくさん!)など。何百年も前のものから20年くらい前のものまで,また,イギリスのものもあればアフリカのものも日本のものも,と,多種多様。芸術品や資料としても貴重なんだろうなあというものが多いが,この博物館がすばらしいのは,いわゆる「文化財」級の物たちを見て,「さすが文化財だ」「教科書に載っていたからすばらしい」などというふうに感激させられるのではなく,「かわいい」とか「おもしろ〜い」とか「すごいなー」とか「こんなのがあったんだ」などなど,文化財だとかそんなこととは無関係に,素直に喜べる時間を持てること。友達や知り合いと一緒に行くとけっこう盛り上がれるかもしれない。

規模はそんなに大きくはないので,何となく全部ざっと見るだけなら1時間くらいで大丈夫。(もちろん特定の分野に興味があって訪れるのなら,もっともっと時間が必要。)

特別展は「子供向け」に企画されることが多いらしい。が,例えばアメコミの『バットマン』など(これは私が行った前日まで特別展を開催していた),子供を卒業した人の方がより深くコミットしているんじゃなかろうかと思われる内容も企画されている。

私が行った時は他に何組か家族連れが来ていて,「ママ〜,見て〜,お人形さん!」と幼児が熱心に見入ってたり,「これは戦争中の服なんだって」とお兄ちゃんが妹に説明書きを読んであげたりしていた。平日の昼間,前を通りかかると,小学生の団体(「社会科見学」みたいなもの?)で賑わっているのを頻繁に見かけた。

個人的には,ボードゲームの絵柄や上の階の服などを楽しく見て歩いたが,やたらリアルな赤ちゃん人形には心底参った……夜中に起き出していそうで。(そう思った時点で童心にかえってたに違いない。)

 

うたぞうさんによるレポート

この博物館は,前から評判がよかったので,来たい来たいと思いつつ,果たせずにいたところ。前に一度足を運んだのですが,知らなかったとはいえ運悪く休館日にあたってしまい(金曜日……どうして金曜なのか?)がっかり。という次第で,今回初めて中を見ることができました。

以前から何人もの人から聞いていた評判通り,建物もいいし(19世紀後半建造),展示もいい。

私が一番感動したのは,ドールハウス。「お人形さんのお家」以上のものです。ハウスが製作された当時のインテリアや物の配置,種類などが分かるので,建築や生活の歴史を研究してるような人にもかなり参考になる貴重な資料だと思います。ミニチュアとは言え,道具や家具も,当時のままなので,ナショナル・トラストやイングリッシュ・ヘリテージの本物の邸宅の様子と比較もできますし,現在も部分部分改装しながら使われている一般の住宅が,当時どのような状態だったのか,おおまかな推測もできます。ドールハウスはジェフリー・ミュージアムのミニチュア・バージョンとも言えるかもしれません。

2階にあったままごとの家庭用品もすさまじいリアリティーのものが多く,家具までオーク材でしっかり本物と同じ技術で作ってあったりします。ティーセットやキッチン道具など,そのまま実用にも十分耐えうる材質で,装飾も本物。当時の裕福だった階級のすごさたるや……ここまでのものを子供に買い与えられた人もいたのかと思うと,まさに大英帝国の栄光の一部を見た気がします。他の展示物,おもちや,ゲーム,人形などのコレクションも,大人だって十分も楽しめるものなのに,「子供」とついているがために先入観を持って見に来ない人がいたら残念だと思いました。

とは言え,来ている人はやはり子供連れが大半でした。各所に子供が遊べるスペースもあるし,近所に住んでる人には絶好の遊び場でしょう。正直,子供が多すぎて,展示をゆっくり見られないという印象もありますが(子供を押し退けてまで展示を見ようとするのもさすがにははばかられますから),子供にまつわる博物館ということで,誕生から出産,成長に関わってきた品や解説が最上階にあって,これもなかなか意外でした。学校の制服や,時代の違いによる子供の表情や関心,子供に昔の子供服を着せてみられるhands-on展示なども,企画としては「見せっぱなし」でなく,面白いなと思いました。入場無料なのもいいし,カフェでは紅茶が85pでポットで来るのも博物館としては破格だと思います。

日本のものとして,文楽人形や,武者人形などもありました。館のカタログにまで取り上げられているので,目玉の一つなんでしょう。一部保存状態が悪いものもありました。

難点をいえば,最上階の展示品に日光が一部当たっていたことです。16世紀の書物や布製品に,すりガラス越しとはいえ,かなり強い太陽光が当たっていたのは,長期的に考えるとあまり好ましい状態ではないと思います。天井採光は,全体の印象としては明るくていいのですが。展示品の場所を変えるなどの対策が今後必要でないかと感じました。

 

Bethnal Green Museum of Childhood 詳 細 情 報

入場料金 なし(入場無料,楽しんだOR勉強した分だけ寄付金を!)
開館時間 月〜木曜&土・日曜 10:00〜17:50
休館日 金曜
ショップ ミュージアム・グッズ他。
交通 地下鉄:Bethnal Green (徒歩1分)
鉄道:Bethnal Green(徒歩3分くらい)
バス:複数路線あり。Liverpool Streetからいくつか路線がある。
近場には…… ストリート・マーケット
  ・ Bethnal Green Road
  ・ Brick Lane
  ・ Columbia Road
  ・ Hoxton Street
  ・ Kingsland Road
  ・ Old Spitalfields

◆ 博物館など:
  ・ Geffrye Museum
  ・ Hackney City Farm

◆ 注目エリア(って言い方もなんだかな……):
  ・ Hoxton Square

 


「美術館・博物館」目次

  
  home

no frills