クリックするとモリス・ギャラリーのサイトへ行きます。
24 March 1834 - 3 October 1896
WHEN ADAM DELVED AND EVE SPAN
WHO WAS THEN THE GENTLEMAN?
A Dream Of John Ball
ウィリアム・モリスは,アーツ&クラフツ運動を率いた工芸家・デザイナーであると同時に,桂冠詩人に叙せられるほどの詩人であり(ただし本人が辞退),散文家であり,そして熱心な社会主義活動家でした。
モリスはロンドンの東(現在はゾーン4)のウォルサムストウに生まれ,オクスフォード大学で青年時代を過ごし,ロンドンの東南のベクスリーヒースに住み,西ロンドンのハマースミスを拠点に生産活動・社会主義活動を展開し,ハマースミスで永遠の眠りにつきました。
 
このページでは,モリスに関するウェブ上の情報源をまとめておきます。
サイト名が英語で表記されているものは英語サイトです。
■ ロンドン市内&近郊にあるモリスの足跡
The William Morris Gallery ウォルサムストウにあるモリス・ギャラリーのサイト。*map*
Red House フィリップ・ウェッブが設計し,モリスが住んだ家,レッド・ハウス。現在は個人宅。2002年に持ち主が代わる予定。成り行き次第では今後は公開されないことになるかもしれないそうです。 ★2003年1月に,National Trustが購入しました(BBC NEWS記事)。03年中に一般公開されそうです。住所は 13, Red House Lane, Bexleyheath, Kent, DA6 8JF *map* *the Borough of Bexley*
Kelmscott House モリス晩年の活動拠点。毎週木曜と土曜の14:00〜17:00に限り,一部が一般に公開されています。
ケルムスコット・ハウス 公式日本語ガイド。拙訳。
Merton Abbey Mills モリスやアーサー・リバティのテキスタイルの工場だった建物。Sunday marketは2001年末に閉鎖されているはずですが,敷地内にはモリスの名を冠したパブなどもあるらしいです。
Morris Room at V&A ヴィクトリア&アルバート・ミュージアムにはモリスのインテリアが見られる「グリーン・ルーム」もありますが,この「モリス・ルーム」は昼食会やディナーなどで借りることができるそうです。(いくらかかるのかは不明。)
The Society for the Protection of Ancient Buildings (SPAB) 1877年にモリスが設立した,古い建築物を保全しようという団体。現在も活動を続けています。
■ ロンドン以外にあるモリス関連の場所
*すっごくたくさんあります。ありすぎるので,
ここは私がたまたまウェブサイトを見つけたものをメモしているだけ
という感じです。ご了承ください。
Cheltenham Art Gallery & Museum チェルトナム(グロースターの近く)にある美術館兼博物館のサイト。モリスやデ・モーガンら,Arts & Crafts Movementに特化した施設で,サイトではA&C Movementの解説や人物ガイド,収蔵品紹介(作家別に検索できるデータベース)などをしています。サイトデザインが美しい。 *map*
■ 資料集
著者名「ウィリアム・モリス*」 日本で翻訳・出版されているモリスの著作の一覧。http://www.books.or.jp/の検索結果です。
The William Morris Society モリスの生涯と作品と理念を今日の世界に広めるために1953年に設立された協会。アメリカ,イギリス,カナダなどで活動。
the William Morris Internet Archive モリスの著作のアーカイヴ。利用無料。
Open Directory Project > William Morris オープン・ダイレクトリ・プロジェクトのモリス関連リンク集。
The home page of Bob Speel > William Morris ヴィクトリア朝の美術・工芸・建築などの情報をまとめた有名なサイトさんの一部。情報量が多すぎず,おすすめです。
the William Morris 中学生(だと思う)向けの学習サイトの一部。モリスの生涯が簡潔に,かつ大雑把にならないようにまとめられていておすすめです。
the William Morris Pages 資料類へのリンク。
Arthur Sanderson & Sons Ltd モリスが使った版木を使って壁紙・テキスタイルなどを生産・販売している会社。
William Morris Art & Type ケルムスコット・プレスのフォントとかテキスタイルを収録したCD-ROMの販売。ちょっとだけ無料お試しもできます。
『専門書の杜』 専門書専門の(←どうしても日本語が変になる)オンライン書店。『ウィリアム・モリスの全仕事』などのある岩崎美術社が参加しています。(岩崎美術社はほかのオンライン書店などだと取り寄せ扱いのこともあり,ここが一番早いと思います。)

 

 

(c) no frills, 2002 | 2002年3月20日作成 | 作者に連絡する?
このページへのリンクは連絡・申請など一切必要なし。ご自由に。ただし盗用は厳禁。
題字("William Morris")のフォントはNick Curtisさん作成の"Kelmscott Roman"。
背景画像は"Wey Wallpaper", designed by William Morris in 1884.