Withnail & I

『ウィズネイルと僕』

イギリスでは今30〜40代の人なら多分誰でも知ってる古典。

監督:ブルース・ロビンソン 1986年,日本では現在ビデオ,DVDなど入手不可

UK版,withnail and I 2003年1月追記:
■UK版DVD(リージョンコード2)→Withnail and I
 発売元のAnchor Bay Entertainmentさんサイトによると
 > Widescreen Presentation
 > Withnail & Us a 53 minute documentary on the film made in 1999
 > Rare Pre-Production Photos by Ralph Steadman
 > Original Theatrical Trailer
 > Limited Edition Collectable Poster of the Original Film Art by Ralph Steadman
 > Audio Commentary by Paul McGann (I) and Ralph Brown (Danny)

 ……ということで,内容はUS版(下記)と同じかと思います。
 
英デジタル・テレビ局FilmFourに,作品レヴュー監督インタヴューあります。
 
■US版DVD発売元のhttp://www.criterionco.com/さんで,監督の談話(脚本:10周年記念版からの抜粋)が読めます。
2001年10月追記:
■アメリカでDVDが出ています。(リージョンコードは「1」です。)
Withnail and I - Criterion Collection
 
↑『情報交換の場』でYukoさんに教えていただきました。
(ありがとうございます。> Yukoさん。)
> "Withnail and I"のDVDが発売されています。
> スペシャル版(もしかして限定発売?)ということで,英語字幕のほか,
> チャンネル4のドキュメンタリー番組 "Withnail & Us" や映画の予告編など,
> うれしいおまけ付きです。

 
おまけには,Ralph Steadman撮影の写真,
オリジナルのポスター復刻版(限定)もついているそうです。
◇      ◇      ◇
同じシリーズで,監督B.ロビンソン&主演リチャード・E・グラントの
"How to Get Ahead in Advertising"も出ています。
US版,withnail & I - Criterion Collection

 

NTSC video

ビデオ
PAL / 字幕なし)
Withnail and I

ビデオ
NTSC / 字幕なし)
Withnail and I

脚本
Film Classic:
"Withnail and I"

↑ amazon.co.uk ↑ alphacraze.com ↑ amazon.co.uk
PALです。
日本で見るには
変換が必要です。
NTSCです。
日本でそのまま
見られます。
コックニーなし。
英語の勉強にもいい感じ。

 

あまりにも好きすぎるから,
この映画について何か書くことは,
私にとってとても難しい。

この映画を初めて見たのは,
やがて10年も前になる。

思い切り笑って,
最後にちょっとしんみりして,
そしてパンフレットを見て改めて,
「設定,1969年だった」と気がついた。
(音楽はその時代のものだったが。)

実際それは,1989年でも,
ありそうな光景/出来事/物語だった。

ひょっとしたら1979年でも,
1999年でもありそうかもしれない。

以来,何度繰り返し見たことだろう。

何度見てもまったく飽きることなく,
同じシーンで同じように笑えることがしあわせで,
単館ロードショーに何回も通い,
イヴェントで上映されると聞けば駆けつけた。

ロンドンの名画座でも見た。
『プリンス・チャールズ』という,
なんだかものすごい名前をしたその名画座は,

”Withnailと愉快な仲間たち”に会いに来た人たちで満席で,
「わはは」「がはは」という豪快な笑い声にあふれていた。

こんなに賑やかな映画鑑賞は初めてだった。
(パーティー気分の『ロッキー・ホラーショー』でもない限りは。)

通りを歩く時はおそらく
「スティッフ・アッパーリップ」であろうおじさんが
膝を叩いてひーひー言って,
ポケットからハンカチを取り出して笑い涙を拭いて……

映画ってこうやって見るものなのか,って。

10周年の1996年には雑誌"SELECT"などで特集が組まれ,
ミレニアムの2000年には記念イヴェントが催された。

自分で撒いた種を
決して刈り取らない男,

つかず離れずの距離を保っているはず
なのにどうにも巻き込まれる男,

貧乏臭いセーター,

よれよれだけど仕立ては一流の
コートとスーツ,

穴の空いた靴,

野菜の美,

マグカップの代わりのスープ皿,

酒の代わりのライターオイル,

うなぎの代わりのウサギ,

違う世代の価値観,

違う場所の価値観,

終焉/終演,主演,

出発,

自分の意志,

敷かれないレール,

そういったものが,
作り手側の過剰な演出なく,
静かで深い感情移入を以って,
理解しやすいひとつの喜劇
として描かれる。

一切の価値判断を観客に委ね,
一切の感情移入を観客に委ね,
何らの価値観を押し付けない。

見る側は素直になれる。
素直に笑える。
後に大きな反響が残る。

この映画は,
若き日の監督自身とその親友が
カムデン・タウンで過ごした日々が
もとになっている。
(Withnailという人物は
監督自身とその親友の要素を
掛け合わせて造形された人物である。)

親友は完成した映画を見て
爆笑し,
何年か後にアルコールが原因で
死んだ。

 

監督/ブルース・ロビンソン

『キリング・フィールド(The Killing Fields)』の脚本を
手がけたことでも知られ,
トリュフォーの『アデルの恋の物語』(ピンソン役)
ゼフィレッリの『ロミオとジュリエット』
などに出演している俳優でもあり,
小説も書いている。

映画監督としては,"Withnail & I"の他に
『広告業界で成功する方法(How To Get Ahead
In Advertising)』
『ジェニファー8/闇の標的(Jennifer Eight)』など。
(『ジェニファー8』のみ日本版ビデオあり。)

 

「ウィズネイル」=リチャード・E・グラント

「僕」=ポール・マクガン

「ウィズネイルと僕」

ウィズネイルの服をオーダーメイド(まじで)

ページ内,ほとんどの書籍は
ページ制作時にamazon.com(アメリカ)やamazon.co.jp(日本)では扱いがなかったため,
amazon.co.uk(イギリス)にリンクしてあります。
追記:
amazon.co.jpが英書の扱いを始めたので,ひょっとしたらあるかもしれません。
私自身はほしい関連書籍はすべて買い揃えてしまったので調べてません。ご容赦。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

*このページの文章は『イギリスのこと。』#1に収録した自筆のものに,
大胆かつラディカルなリライトを加えたものです。

  
「映画」トップへ

  
  home

no frills