wonderland

 

『ひかりのまち』

ありきたりの日々をこんな映画にするなんて。

監督:マイケル・ウィンターボトム 2000年秋映画/2001年〜 ビデオ発売・レンタル中

 

個人的な印象

クローズアップの多用,効果的に用いられるズーム,時折不安定に,ハンドヘルドで回されるカメラ。映像の力。

劇場で見るべきだった!

劇場のスクリーンいっぱいに映し出されるこれらの人々の表情は「私」の目と気持ちにどんなふうに映ったことだろう。

映像の質感がすばらしい。おそらく特別な照明機材は使っていない。画面はきれいすぎず,適度な感情移入を許しつつ想像力の余地を残す。粗い粒子の隙間に,それを見ている「私」が入り込める。

この作品がロンドンで公開された時,たまたまマイク・リー"Topsy-Turvy"(ギルバート&サリヴァンの伝記映画)もロードショウ中で,「ウィンターボトムがマイク・リーに,マイク・リーがウィンターボトムになった」という論調の評を複数見かけたが,この映画におけるウィンターボトムの人間を見る目というのは,マイク・リーの今までの作品におけるそれよりオプティミスティックであたたかい。そして,以前のウィンターボトムより軽やかである。

常にフレームのどこかに「人」の表情を捉えつつ積み重ねられた109分。とてもとても,うつくしい映画。

個人的に
とりわけ
「ロンドン」

映し出されているロンドンは見た記憶のあるロンドン。聞こえてくるロンドンは聞いた記憶のあるロンドン。

SOHOの夜も,すれ違う人も行き過ぎる人も,立ち話をしている人も道端に座っている人も,『ビッグ・イシュー』の売り声も,バスの中でタバコをくれようとする酔っぱらいも。

こういうロンドンをストーリーのある映画の中で見たのは多分初めてだ。

出てくる英語のヴァリエーション

崩れすぎていない,庶民的な英語。ちょっとだけ「エイ」が「アイ」になったりするような。

人物

中心になる人たちは労働者階級の白人。買物は「セイフウェイ」で。

彼らの周辺にアフロ・カリビアン系の人,通りすがりにインド系の人,犬を飼っているのは英語ができない白人。

パイント・グラスを傾ける女性。

離婚した元夫は荒れた気分になると血圧ががーっと上がる。

子供が応援しているチームはクリスタル・パレス。出かけた先はガイ・フォークスの花火。

子供がひとりでいることに警察官が「次は福祉局に」と言うのは,イギリスでは子供には必ず保護者が付き添うよう法律で定められているため。

音楽

オリジナル・スコアが適度に感情的にならせてくれて,かつうるさくない。マイケル・ナイマンについての認識を改めました。

 

『ひかりのまち』という邦題もすばらしい。

配給元アスミック・エースのページへ

  
「映画」トップへ

  
  home

no frills