Tube Tales

『チューブ・テイルズ』

空気感の短編集

監督:9名 2000年夏〜秋映画/渋谷,シネクイント,2001年3月〜 ビデオ発売・レンタル中

 

個人的な印象

ロンドンを舞台とする映画の価値は,私にとっては,空気が写っているかどうか,だけにかかっている。(もちろん映画として流れとかリズムが成立していることは大前提だが。)

この点では失敗しているどころか,大成功な映画だった。もっと期待しておいてもよかったのかもしれない。

9作の短編をつなぎあわせた「短編集」。程度の差はあるが,どの作品も映像のテンポがよく,目線が自然で,「ああ,こういうのある」と思える光景の連続。

見終わった時の気分は,複数の作家による短編集を読み終えた時のようで,これからも時々めくりたくなる時があるかもしれない。

なお,以下の部分で「邦題」のようにつけてあるのは説明のために私が作った「日本語題」であり,
映画の配給会社がつけた「邦題」とは無縁です。

 

Mr

Cool

@Holborn

『あいつはカッコマン』

あまりに「お手本」的で
話の流れで簡単に読めてしまうオチだけど,
こういう「短編集」の試みでトップに置くと
スターターとしてすっきりと次へ進める。
わかりやすくて端的,無駄がなく,
役者も上手い。
(またもやデクスター・フレッチャー。)

シティあたりの,
自分ではイケてるつもりの
高飛車なヤッピーを見ると
「こういう目にあえばいいんだ」
と思ってしまう人は
きっとロンドンにたくさんいることだろう。

DIRECTOR
AMY JENKINS
WRITER
AMY JENKINS
ORIGINATOR
SUE SMALLWOOD

CAST
JASON FLEMYNG
KELLY MACDONALD
DEXTER FLETCHER

DIRECTOR
STEPHEN HOPKINS
WRITER
STEPHEN HOPKINS
ORIGINATOR
ALEX PIRO

CAST
ALEX: DENISE VAN OUTEN
CITY GENT: TOM BELL
LITTLE GIRL: LEAH FITZGERALD
STATION GUARD:
FRANK HARPER
OLDER LADY: LIZ SMITH

Horny

in a train:

from Bethnal Green

to Bank

『欲情しちゃった』

よくできたコメディーで,
単純に面白かった。

ファイナンシャル・タイムズを読んでる
品の良いおじさん,
そこらによくいる感じの
キャミソール・ワンピのおねえちゃん,
やはりどこにでもいそうなおばさん,
マーガレット・サッチャー(笑),
ブリーフケース。

ロンドンの映画館で見たら,
人々はどんなに笑い転げていることだろう。

余韻を残しつつ
終わるように思わせておいて
いきなり ぶち と音を立てて
切れる物語。

失業者らしき父親と
唇から離れることのないタバコ
=Benson & Hedges。

別れて暮らす大きな瞳の息子と,
同じペースで歩く。

駅のベンチでネッキングに専念する
トラヴェラーズ風のカップル。

ショッピング・トロリーを押して階段を降りる
浮浪者の老女。

それを止めるコックニーの駅員。

うらぶれて薄汚く,落書きだらけの
ほこりっぽい街並み。

アーティスティックな「壁画」の前で,
そして駅のホームで,
知的な世界に没入し独り言をつむぐ
インテリ風の老紳士。

そして幕切れ。

あの人はどこに行こうとしていたのか,

あの言葉は どこに行ったのか。

DIRECTOR
BOB HOSKINS
WRITER
PAUL FRASER
ORIGINATOR
CHRISTINE BARRY

CAST
SON: TOM WATSON
FATHER: RAY WINSTONE
BAG LADY: EDNA DORE
TICKET INSPECTOR:
FRANK HARPER
SUICIDE VICTIM:
WILLIAM HOYLAND
VENDOR: RICHARD JOBSON

My Father,

The Liar

@Shorditch

『父ちゃん,うそつき』

げらげらとは笑わないコメディー。

この"下"なくださいジーンズを履いて
「マ〜ン(ma'an)」を連発する
ティーンエイジャー(アジアン)と
その連れ(黒人)は
周りの人をもささやかに巻き込みながら
たわいもない話を繰り広げる。

主人公は極度の緊張のため
何を見ても何を聞いても糸が切れそうで,
いらいらしながら
それが耳に入っているのかいないのか。

自称・同級生の文具のセールスマン(白人)は
無神経にも主人公を相手に
どうでもいい話をいくらでも続けようとする。

荒っぽい運転。急停車。

ティーンエイジャーと黒人,
そして主人公と一緒に下車したのは
良い身なりの鋭い目付きの女性(黒人)。

ポスターは「切符は目的地まで」,
大量のカプセルは……。

Grasshopperは「バッタ」ではない。

Grass-

hopper

? Line and
Piccadilly Circus
Station

 

 

 

 

『バッタじゃないよ』

DIRECTOR
MENHAJ HUDA1(HUDS)
WRITER
HARSHA PATEL
ORIGINATOR
GARY DELLAWAY

CAST
MR X: STEPHEN DA COSTA
SHANTEL: ALICYA EYO
CHARLIE:
ROGER GRIFFITHS
STEVIE: DELE JOHNSON
REENA: PREEYA KALIDAS
ROY: PETER McNAMARA
MAZAAR: MAZHAR MUNIR
MO: RAIYO PANTHAKI
MISS CLINIQUE:
MARCIA ROSE
BULLA: ASHISH RAJA
JAMES: JAKE WOOD

Mouth

@East Finchley

『口は目ほどに?』

女の子があまりにぽんぽんぽんぽんと物を言い,
居心地が悪そうな男の子(よくいる),
いやになるほどずうずうしくやかましい女たち
(よくいる),
モンティ・パイソンのおばさんのスケッチばりに
着飾ったひげの濃いおっさんたち
(見たことはないが,時々いるのかもしれない),
ぐてんぐてんに酔っ払ったいやみなヤッピー
(よくいるのだろう),
チェロのケースを抱えた人……

電車の中の人はみなバラバラである。

そこに舞い下りた1羽の白鳥。

みなの心が一瞬白鳥に吸い寄せられ,
そして思い思いの方向に飛んで行く。
「もしあの人が自分の隣に座っていれば……。」
みなが思いを巡らせる。

悪夢のような瞬間までは。

描写法の好き嫌いはあるにせよ,皮肉がよくきいていた。

DIRECTOR
ARMANDO IANNUCCI
WRITER
ARMANDO IANNUCCI
ORIGINATOR
PETER HART

CAST
HEROINE:
DANIELA NARDINI
DUDE: MARK FROST
BRIDE TO BE:
HELEN COKER
GIRLFREND:
SKY GLOVER
BUSINESS MAN:
SIMON GREENHALL
CELLO PLAYER:
DOMINIC HOLLAND
BOYFRIEND:
MATTHEW XIA

DIRECTOR
EWAN MCGREGOR
WRITER
MARK GREIG
ORIGINATOR
SAM TAGGART

CAST
LOUISE: KAY CURRAM
FLAMBOYANT SOLOIST:JOE DUTTINE
ORDON: NICOLAS TENNANT
POT PLANT LADY: CORRINNE CHARTON
CONCERT HALL MANAGER
:
DOUGLAS L. MELLOR

Bone

Great Portland Street

『骨まで愛して?』

冴えない演奏家と,
落とし物の定期券(フォトカード)と,
幸せなファンタジー。

地下鉄を取る目線が新鮮だった。
こんな角度で見たことなかったな,
という。

ただし,映画として収斂しきっていない。

小道具に
ブルース・ロビンソンの本。

「ボーン」って「骨」のことかと思ったら,
「トロンボーン」のこと。
(辞書にもある。)

DIRECTOR
JUDE LAW
WRITER
ED ALLEN
ORIGINATOR
JIM SILLAVAN

CAST
OLD MAN: ALAN MILLER
YOUTH 2: ED ALLEN
STATION GUARD: FRANK HARPER
YOUTH 1: MORGAN JONES
WOMAN: CLEO SYLVESTRE

「小品」としか言いようがないが,
こういうのもありだと思う。

死んでしまった(?)小鳥と
無関心な人々と,
ひとりの老人のファンタジー。

誰も手を出さないものに
手を差し伸べることで起きた奇蹟。

押さえた色調と,
老人の顔や手の表情が印象的。

A Bird
In The
Hand

@Highgate

『その手に1羽の鳥』

DIRECTOR
GABY DELLAL
WRITER
GABY DELLAL
ATALANTA GOULANDRIS
ORIGINATOR
TRACEY FINCH

CAST
ANGELA: RACHEL WEISZ
ROSEBUD:
LEONIE ELLIOT
ELIZABETH:
DONA CROLL
STATION GUARD:
DANNY CERQUEIRA
STATION GUARD:
FRANK HARPER
TYPEWRITER MAN:
IAN PULESTON-DAVIES

Rosebud

Mornington Crescent

『ローズバッドの旅』

「ローズバッド」とは
もちろん「薔薇のつぼみ」だが,
市民ケーンとは関係なく,女の子の名前。

赤い服を着た少女(黒人?混血?),
彼女を捜し求める母親(白人),
鈍感で気が回らない駅員,
時間が見える中年女性(黒人)。

長い長い螺旋階段とエスカレーター,
入り組んだ通路が
舞台装置として生きていた。

舞台としての地下鉄という点では,
9作中一番印象的だった。

監督はきっと
ニコラス・ローグが好きに違いない。

Steal
Away

@Bank

『彼方へ』

現金が詰まった
ジェラルミンケースを
強奪する男女,
銃声,割れるガラス,
走り抜ける女,走り抜ける男,
抱き合うふたり,
宙に舞う札,
突然やってきた電車。

座席を埋めた乗客たち,
冷笑されながら
説法を続けるキリスト者,
足蹴にされながら
人の足を洗うキリスト者の弟子。

そして男女にもたらされた
小さな秘蹟
……すべて贖われた,と。

「物乞い」として
追い立てられるキリスト者たち。

そしてわかる,

奪い去られたのは

ジェラルミンケースでは
なかったことが。

バンク・オヴ・イングランドと
ロイヤル・エクスチェンジと
マンション・ハウスに
囲まれた交差点に
ゴスペルが響き,
秘蹟をもたらした弟子は靴を磨く。

DIRECTOR
CHARLES MCDOUGALL
WRITER
NICK PERRY
ORIGINATOR
TJ AUSTIN

CAST
BOY: HANS MATHESON
GIRL: CARMEN EJOGO
ELDERLY DRUNK: TIM BARLOW
BLACK BOY: DARREN CARR
TICKET INSPECTOR:
JIM CARTER
DRAINED YOUNG WOMAN:
EMMA CUNNIFFE
WALKMAN BOY: CLINT DYER
MIDDLE AGED WOMAN:
JELLO EDWARDS
BOY'S MUM:
ANNETTE EKBLOM
WHITE PINSTRIPE SUIT MAN:
SIMON
 KUNZ
CLERK: SIMON PEGG
DRIVER: SEAN PERTWEE
MALE REVELLER: LEE ROSS
PREACHER: DON WARRINGTON

 

www.
tubetales.
co.uk/

映画館のロビーにあった,イギリス版のポスターがとてもよかった。それぞれのエピソードに路線名がついている。Rosebudなら"Lost," Hornyなら"Sexy"など。その語の前に"When you are"をつけるとぴったりくる。イメージが広がる。これがこの映画のコンセプトか,と,映画館に行ってようやくわかった。(あいにく脳細胞がストライキを頻繁に起こすので全部は覚えていない。メモ用紙を持っていれば全部書き取って来たのだが。)

そのイギリス版のポスターを見て,日本公開用のビラも,「疾走するチェーン・ストーリー。今一番なんとかかんとかなヤツらの新感覚なんたらかんたら。乗り遅れるな!」と叫ぶテレビコマーシャルも何も伝えてなかったな,と思わざるを得なかった。「印象的な」シーンだけ切り取って張り合わせてキャッチーなコピーをつけただけでは伝わるものも伝わらない。形だけで魂がないものには意味がないし訴求力もない。

なお,鳴り物入りのユアン・マクレガー監督とジュード・ロウ監督はやはり「映画」に関わってきた人たちなのだなあと感じさせられた,というのが個人的感想です。

  
「映画」トップへ

  
  home

no frills