Nil by Mouth

 

『ニル・バイ・マウス』

 

こういう現実もある。あるのだけど。

監督:ゲイリー・オールドマン 1997年,ビデオ発売・レンタル中

 

個人的な印象 個人的には嫌いな路線ではない。とてもいい映画だとは思う。だけど見るべき時を選ばなくてはならない。

娯楽が目的だとしたら,この映画は選ぶべきではない。少なくとも,笑いたい時やほんわか気分になれることを期待して見てはならない。

見ていて,イングランドのフーリガンのルポルタージュ本,『フーリガン戦記(Among the Thugs)』が連想されてならなかった――何をそんなに,暴力的になる必要があるのだろう。

その理由は,暴力的になっている本人にもきっとわかっていない。わからないからこそ辛い。本人も辛いだろうが周りも辛い。根は悪い人間ではないとわかっているから余計に辛い。出口なしと見えた事の顛末の最後にたどり着くのは出口ではなく,ふりだしかもしれない。

『シド&ナンシー』でシド・ヴィシャスを演じた監督は,ドラッグと酒と暴力にすがって日々を過ごすしかない人々をロマンチックに描こうとはしていない。醜いものをいかにありのままに醜く写すかという命題があったに違いない。

映像には圧倒されっぱなしだった。抑えた色調とズームを多用したカメラワークは,昭和50年頃のドキュメンタリー番組のようだが,実はこれはイギリスではかなり好まれている手法であるらしい(Docu-soap)。この映画ではとても効果的,というか,ストーリーとカメラワークとが一体となっていて,作り手に力が入っているところでがっとくる。そういう意味では素直な映画なんだと思う。

監督はこの映画を自身の父親に捧げている。一度は吐き出したかった何かなのかもしれない。

個人的に
とりわけ
「ロンドン」

暴力とクスリと酒とタバコの世界……直接には知っている世界ではないけれど,友人の友人(仮にジェイクとしよう)が生まれ育った環境がこんなふうだったと聞いたことがある。大切に思っている妻や息子にまで暴力をふるわずにはいられない父親。暴力でしか自己表現のできない父親。だからこそジェイクは,周りにいる人たちを大切にしようと,そして自分が相手のことを大切に思っているということを正しく伝えられるようになろうと,心の底から思うようになったという。

出てくる英語のヴァリエーション

男女,年齢問わず,ほとんど聞き取り不能のすごいコックニー。母音は不明瞭,"th"は"f"。『ニル・バイ・マウス』じゃなくて『ニル・バぅ・マーフ』と聞こえる。

 

しかし,ゲイリー・オールドマン,
ハリウッドのばかばかしいアクション映画で「怪演」して自分を安売りするのはやめてほしかった。

米国ソニー(SPE)公式サイト

脚本を買う (amazon.co.uk)

脚本を買う (amazon.com)

  
「映画」トップへ

  
  home

no frills