Lock, Stock &

Two Smoking Barrels

 

『ロック,ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』

 

小気味よさ,娯楽&コックニー。

監督:ガイ・リッチー 1999年夏〜秋映画/渋谷,シネセゾン/2000年〜 ビデオ発売・レンタル中

 

個人的な印象

見ていて,映画の作り手に「○○させられてる」という感じがしない。うまく入りこまされました。

ストーリーに関係のある登場人物の数がかなり多いのに(西部劇なみの人数)ごちゃごちゃしていない。これは登場人物が善・悪はっきりと分かれているからなのだろうけど,そういう単純な割り切り方のわりには,それぞれの人物に立体感がある――それぞれに性格や考え方に過剰でない個性があって,こういう人いるよな〜,って感じながら見ました。

かなり笑えるところがありますが,台詞も動きもギャグっぽいところはほとんどなくて,ばかばかしい笑いとは全然異質の笑いで,人生の教訓めいたほろ苦い笑いでもなく,ほんとに日常生活している中で実際の友人・知人について笑っているのと同じ感覚。

何よりも画面にロンドンの空気が映っていたのがよかった。
役者がみなさんとてもよかった。(「演技しております」調の人がいなかった。)

映像も遊びがあって,しかも遊びすぎてないのがとても効果的。

個人的に
とりわけ
「ロンドン」

楽しむのが先で,細かい点にはあまり気がつかなかったけど,

(1) 映画の冒頭,物語の舞台となるロンドン,イーストエンドの街角で怪しいものを叩き売るシーン。個人的に,知り合いのイースト・エンド出身の人が経験談として話してくれた「路頭商人の心得」みたいなのと重なって,それだけでにたにたしてました。

(2) そう言えば愛しのスーパーマーケットが全然出てこなかった。合法的買い物のシーンがない。

(3) 登場人物の中で唯一「ちゃんと聞き取れる英語」(下参照)のおぼっちゃんたちの部屋のインテリアを見て,彼らは絶対にヴェジタリアンだと確信した。(そう言えば食事のシーンがなかった……。)

(4) ストーリーに現れていない描写が極めてイギリス的。アメリカで大成功はしなさそう。多分わかりにくい。と言うか,アメリカ人が作ったらこういうのはできない。

(5) 名所・旧跡・高級ホテルの類は出てきません。普通の,街角の風景ばかり。(撮影はセットで行われたのでしょうが。)もしこの映画を見て「こういう所に行ってみたい」と思ったとしても,現地の友達と一緒でない限り,実際には近寄らない方がいいでしょう。そういう意味で,リアルなロンドン。

(6) 悪役軍団の着ている革のコートをはじめ,登場人物の衣装。特に色。映像としての効果という側面もあるのでしょうけど,あほみたいな原色やケミカルな青や緑,優しい中間色は,多分彼らのたんすの中にはないのでしょう。

出てくる英語のヴァリエーション

イギリス映画の例に漏れず,登場人物それぞれのアクセント(訛り)が人物描写に重要な役割を果たしています。

● コックニー

映画全体を通して基本はいわゆるばりばりのコックニーで,字幕がなければほとんどわからない。けど,比較的わかりやすいのがバリー・ザ・バプティスト。「エイ」が「アイ」になったり"th"が"f"になったりとコックニーの特徴はピリリと効いてますが,ゆっくり話すので,何とか聞き取れるでしょう。コックニーの特徴をつかむためのいい教材かも。(習得してどうする。)

しかし主人公たちのものすごい英語は聞き取れなくて……上記(1)の知り合いがまさにこのアクセントで話すので,全く聞き取れなかったことを思い出しました。

アクセントだけではなくていわゆるライミング・スラング(rhyming slang)もセリフの中にたくさんありそうな……これはほとんど暗号です。元から英語の字幕が入っているシーンがあったくらい。(スラングを説明するための現地人向けの英語字幕なんて,初めて見た!日本でもニュースとかで東北地方の年配の方のインタビューで標準語の字幕が入っていることがありますが,ああいう感じ。)

やたら長ったらしい映画のタイトルそのものもライミング・スラングの香り。「一切合切」という意味の古い英語表現 "lock, stock and barrel" に,物語の中で重要な役割を果たす「2丁の銃(two barrels)」が掛詞になっています。

● ミドルクラスの英語

一方植物を栽培している人たちは,ストーリー中で "public school boys" と説明されていることでもわかるように,アッパー・ミドルクラスから上の英語(標準語と言ってもよい)。彼らの台詞になると少なくとも何を言っているのかが明瞭にわかるということだけでほっとする。

● その他

他にギリシャからの移民の英語も登場。これも独特のアクセントですが,聞き取れなくはないです。イングランド北部訛り(リヴァプール?)らしきものもありました。

あとは……何かあったかなあ。もう1回見ないと思い出せないです。

人物

● デレク・ジャーマンの『カラヴァッジオ』で若い頃のカラヴァッジオを演じていたカラヴァッジオ顔のデクスター・フレッチャーがカラヴァッジオとは全然違う雰囲気。(映画が違うんだから当たり前ですが。)

● スティングが自分の中にあった「スティングでござい」というイメージと違ってた。おみそれしました!

● サッカー・プレミアリーグのスタープレイヤーだという,ヴィニー・ジョーンズがしゅごい……安岡力也にしか見えなかった。

● 女性はちょろっと出てきますが,女は出てきません。でもホモセクシュアルとは無縁です。いや,ちょろっと言及はされていましたが,これがまためちゃくちゃで……。ロンドンでこの映画見たら,周囲で観客がひーひー言って涙流して笑って,しまいには鼻かんでそう。どうもホモセクシュアルは笑いのネタにされますね。

● ミドルクラスも,どう見ても笑いのネタにされています。って言うか,ばかにされてる。

音楽

The Stooges "I Wanna Be Your Dog"The Stone Roses "Fool's Gold"の使われ方に感動に近いものがありました。元々好きな曲が映画の中でBGM以上のものになってた!ってだけのことなんですが。

ところで,エンドロール見てて気づいたんですが,Fool's Goldってもう10年前の曲。実際に発売されてヒットしたのは92,3年だったと思いますが,いずれにしても光陰矢のごとし。

 

どうやらこの映画の監督は「イギリスのタランティーノ」とか言われているそうですが,
ああいうあからさまな露悪趣味は感じませんでした。
タランティーノが嫌いな人も,宣伝文句に惑わされないで。

チケットにあるコピー,「悪を出し抜け/疾走するイノセンスな完全犯罪」も
全然ストーリーと違う。悪とか善とか,そういう話じゃないです。
あと,余計なことだけど,どうせ言うなら「イノセントな」にして。

アンチ宣伝

映画自体に罪はないんですが,パンフレット1000円は高すぎ。

映画に
関係のない
文句

 

lock, stock film lock, stock novel

脚本を買う (amazon.co.uk)

ノヴェライズ作品を買う (amazon.co.uk)

*アメリカでは品切れor出版延期になっているため,
amazon.com / amazon.co.jp では見つかりませんでした。

配給元ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメントのページへ


  
「映画」トップへ

  
  home

no frills