歪んだフィルターの向こうとこちら

(3) 有名企業と人気作家と超有名バンド

(この文章は,1995年11月に自主制作で発行された「イギリスのこと。」第1号から取って少しリライトしたものです。)

     


【「ドアの鍵」トップへ】

【前(2)へ】

かつては海外における日本のパブリック・イメージは『ゲイシャ・フジヤマ・サムライ』と言われていたが,90年代は違っていた。圧倒的に『ハイテク』だった。「日本にはまだサムライがいるのか」と訊かれたことはないが,「日本みたいな,ハイテクな何でもある国から,何でわざわざこんなところまで来たんだ」と訊かれたことはある。

バーミンガムに行った時に,元英国空軍というおっさんに声を掛けられたのだが,そいつの第一声が「日本から来たのか,すごいな,テクノロジーだ,ニッサンだ,トヨタだ,JVCだ」だった。当時,日産が Derby という都市に工場を作ったところで,何かと新聞に載ったりしていた。(自動車摩擦と言うとアメリカばかりがクローズアップされてるけど,イギリスでも結構いろいろあったらしい。)JVCとはビクターのこと。(最初聞いたときは私がJCBかとカン違いして,「何で日本の信販の名が…」と思ったのだが,おっさんが「俺はJVCのステレオを最近買ったんだ」と言うに及んで,ようやく合点がいった。あのままJCBだと思って話してたらわけわかんなくなってただろうなあ。)

ともあれ,向こうに行ってみたら Made in Japan の多さには多分圧倒されることになる。文房具屋を覗いてみても,「ぺんてる」のペンとか,堂々と置いてある。(日本メーカーものでも文房具はあんまりハイテクじゃないけど,向こうで売ってるのは。)

という具合に,こっちが『外国人の抱くステレオタイプなイメージ』=『ゲイシャ・フジヤマ』って思い込んでても,それは,けっこうはあっけなく裏切られたりする。

中にはかなり詳しい人もいる。妙な方面,というか,マニアックな方面に,だが。

私が出会った中で一番強烈だったのは,Victoria 駅前の公園にいたホームレス。彼は私が日本人だということを確認するとすぐ,「『ハガクレ』を知っているか?」と訊いてきた。ハガクレ,ハガクレ,……ひょっとして『葉隠』のことでは,と思ったら,彼がポケットから取り出した本は,案の定三島由紀夫。彼は英語に移されたMishimaの愛読者だったのだ。かくして,かれこれ30分くらいは彼の三島論,および武士道精神についての講釈を聞かされていたはずである。

何でホームレスのにいちゃんがこんなに詳しいんだ……と思ったが,人には人の事情があるのだろうし,あまり突っ込んで聞く気もなかったので,陽射しの中ふむふむと話を聞いていただけ。彼は「『葉隠』の精神,ミシマの精神は今もなお君たちの中に生きているに違いない」とちょっと夢心地で言ったが,ほんとにそうなのか?答えることはできなかった。

私が会った中にもう1人,Mishimaの愛読者がいた。ある日ベースと小さいアンプを持って遊びに来た,私のフラット・メイトの昔のバンド仲間。面長で神経質そうなその青年は「僕はミシマをたくさん読んでる。彼は偉大な小説家だ。とても面白い。彼を面白いと思うって事は,僕は前世は日本人だったのかもしれない」と自己紹介した。そして,
「日本には有名なバンドがいるだろ,彼らについて何か聞かせてくれない?」と言う。
ありゃりゃ,こんな人でも少年ナイフ(当時日本のバンドとして世界的に超有名だった)かしら,と思ったら,
「違うよ,僕はインディーには興味ないんだ。ほら,いるでしょ,ほんとにすごいバンドが。えっと,えっと,何て名前だっけ」と言う。
私には全くわからない。ノイズとか好きそうでもないし……それ系じゃなくて海外まで名を馳せるバンド……?

悩む私に彼は言った。

「そうだ,思い出した!『スクエア』だ!」

は?『スクエア』ですか?あの,フュージョンの,んべっんべっっってやつ?あのー,すみませんけど,詳しいことは分からないです,私。確かに聴いてる人は多いだろうし,テレビの天気予報や F1 のバックとかでよく流れてはいるけど,それ以上は……。

「そうかあ……。天気予報で流れてるのかあ。Weather Report っていうすごいバンド(これもフュージョン)もあるけどね。ハハッ。」ハハッ,ハハッ,……はー。

面長で神経質そうでMishimaを愛読するベース青年は,超絶技巧愛好者でもあった。

【続き(4)へ】

(c) no frills, 1999

 ... home

no frills