歪んだフィルターの向こうとこちら

(2) イギリス人気の理由

(この文章は,1995年11月に自主制作で発行された「イギリスのこと。」第1号から取って少しリライトしたものです。)

     


【「ドアの鍵」トップへ】

【前(1)へ】

「どう思われていようとかまわない」と,思う人もいるかもしれないが,私はそうではない。ただし,誤解を解くべく声高に叫ぶことが目的なのではなく,相手には先入観に捕われず事物をありのままに見てもらいたいし,自分でもそうしたい,ということだ。お互いにそれができないのなら関わらない方がよい。

実際に体験したもうひとつの「誤解」。こういうのがあるから先入観で判断する人は苦手,そう感じた「誤解」。それは,私たちがイギリスくんだりまで出かけていく理由に関してである。

あるライヴハウスでライヴを見ている時に話しかけてきたイギリス人男性が真顔で言った。

「日本人の女の子がなんでこんなに大勢イギリスに来たがるか,僕知ってるよ。日本では伝統的に男性が優位に立ってて,女性はひどい扱いを受けているから,ちゃんと扱ってくれる所に来たいんでしょ。イギリスにはレディー・ファーストの習慣もあるし。」

はあ?どういうこと?と言いたかったが,もう面倒くさいので「ああ,そうかもね。でも私は違うよ。友達に会いに来たんだから」と,にこにこしながら言っといた。

(この『面倒くさいので,微笑んで適当に答える』というのは,ほんとはやっちゃいけないのだ。それが日本に関する数々の誤解の元になってる。)

今思えば,あの時に彼が何を根拠に「日本では女性はひどい扱いを受けている」と言ったのか,ちゃんと確認して,それから「レディー・ファーストで先にエレベーター(イギリス語ではlift)に乗せてもらいたかったりするだけで,わざわざこんな所まで高い航空運賃払って来る人がいると思う?」とでも言えば良かった,と思っている。

確かに,90年代前半までにあちらのメディアで紹介されていた日本社会はすごいものだった。

老若男女の行き交う街角にポルノがあふれ,クラブやパブ(どちらも向こうのものではなく,日本式のもの)で,えっちなかっこうをしたおねーちゃんがおっさんの隣にお座りしているような写真がやたら誇張されて(っていうか,それだけしか載せないで)紹介され,その写真には,何でか知らないけど日本の夫婦の夫唱婦随の考え方と絡めて,『男性の言うことには何でも従う従順な日本人女性』みたいな文脈で語りたおすような文章が添えられてたりすることもあったのだ。この手の誤解の生じる余地も十分にある。

あるのだが,日本人の女性がみんなそういう生活をし,そこから逃げ出したいと思っていると思われると,大変困ってしまう。別に彼のような解釈をする人ばかりではないのだろうけど。

まあ,こういうことは,情報を受け取る側に想像力が足らないというか,書いてある事が全てではないということを前提としてくれないからこそよけいややこしくなるんだし,だからこそ,こっちもいちいち説明するのも面倒くさくなるのだが。

他にも,「日本では会社で上司に向かって“No”とは言えない(They can't say 'No' to their boss)」とか,「日本では1日12時間働くのが当たり前」とか,確かに全然違うとは言えないんだけど,そう言い切っちゃうと違うような気がする,ということを,いろんな人から言われた。きっとテレビの日本の特集番組とかで得た知識なんだろう。


追記(2001年3月):

2000年に観光ヴィザで六本木でホステスのアルバイトをしていたイギリス人女性が行方不明になり(翌01年に惨殺死体で発見された),2001年の「Japan 2001」というイヴェントの前夜祭でか,テレビ局が「現在の日本」に焦点を当てた特別プログラムを編成……日本について伝えられていることもかなり変化してきているだろう。しかもかつての『ハイテク経済大国』はひどい停滞ぶりである。一方でかつての『英国病にかかった老大国』は『クール・ブリタニア』の旗を掲げて見事に立ち直った。

時とともに状況は変わる。今では「ゆとりを見失わない老大国,イギリス」といった言説を目にすることも,めっきり減った。

追記2(2001年3月):

ぶっちゃけた話,「日本人の女は白人の男と寝たいものだ」という,ずれにずれてずれまくった誤解を固定観念にして,その上に下心を塗り付けて服を着て歩いてるような,金を払わなくて済む売春婦が欲しいだけの輩もいるので注意。

【続き(3)へ】

(c) no frills, 1999, 2001

 ... home

no frills