歪んだフィルターの向こうとこちら

(1) 日本の家は……ちょっと待てぇい!

(この文章は,1995年11月に自主制作で発行された「イギリスのこと。」第1号から取って少しリライトしたものです。)

     

【「ドアの鍵」トップへ】

外国で,日本という名の自分の国について現地の人と話をしていて,気の遠くなるような思いをしたことがないだろうか。

以前,何かの本で読んだ話では,ステイしていた家のおばさんが,日本は中国の一部だと思い込んでいた,なんてこともあるらしい。

無理からぬ話,ヨーロッパの地図では,日本は右の端っこ,世界の果てに位置している小さな島に過ぎず,お隣の巨大な国の一部に見えても仕方がない。

日本人は毎日寿司や刺身を食べていると思っていた,と言う現地の人もいるし,他にもクジラを日常食にしているとか,食べ物関係の「誤解」も多い。

まあ,日本を『オリエンタルの神秘の国』にしておきたいんなら,勝手にそういう誤解をしてくれててもかまわないんだけど,ロンドンとかで道歩いてて,「あ,日本人だ!毎日サシミとかクジラとか食ってんだろうな」なんて思われてたら,やっぱ「違う!」と言いたくもなる。

(イギリス人がすべて,午後の紅茶を優雅に楽しんでるわけではないのと同じことなのだよ,ワトソン君。)

私の出会った人物で最大最強のカン違いをしていたのは,アイルランド出身でロンドンで大学に通っていたフラットの先住者だった。

彼は私が日本人だということを知るとすぐさま,
「君の国では家は紙で造ってるんだろ」
と得意気に話しかけてきた。
冗談!そんな話,一体どこから…?と訊き返すと,
「学校でそう習ったよ。」

何でも,
『日本は地震や台風が多いので,家が壊れやすい。そのために,壊れてもすぐに建て直せるように紙を建材として広く用いている』
と学校の先生が教えてくれたそうである。

一見理屈は通ってますが……。

そして,ずーっと昔はそうだったのかもしれないけど……。

その先生もひょっとしたら冗談のつもりだったのかもしれない?とさえ思った。

いくら先生の教えとはいえ,現代の文明国家で,そんな,真に受けるか。紙で家を造るなんて,模型じゃないって。

とあきれつつも,
「確かに,丈夫な紙を使った窓みたいなの(障子)や,紙を張り合わせて木の枠で囲ったドアみたいのがついてるけど(ふすま),それらは外気にはさらされない所につけられるもので,家自体は木材かコンクリートを使ってる」
と説明したところ,アイルランドの彼はへー,ほーと驚いて,
「いやあ,日本のことだからすごいテクノロジーを持ってるもんだな,と思ってたよ。紙で人が住めるような家を造るなんて。僕の故郷では風がものすごく強くて,家は頑丈に石を組んで造ってるから……。」

日本の伝統文化である紙の住空間への応用と,現代日本の象徴たるすごいテクノロジーを,彼は勝手に頭の中で融合させてたらしい。時間軸のないこと!


追記:
メールで寄せられた体験談(はのん さんより。1999年8月)
 
確かに,日本に来ているイギリスのイメージもだいぶ偏りがあるのと一緒で,向こうに伝わっている日本・日本人像も「へっ?」と思ってしまうものがたくさんありました。一番困ったのが「日本はヤクザが国を動かしているって本当かい?」と聞かれた時……そんなわけないでしょう……。香港映画の見すぎで「黒社会が香港経済を牛耳っている」と思いこむのと同じよう気がします。
 
今イギリスに留学中の友人が,手紙に「こっちにいると“日本”ってかっこいい国なんだよ」と書いてきました。ピチカート・ファイヴとかコーネリアスの日本というわけです。それで「日本で売れている」,「日本の若者に支持されている」というのは案外スティタスになるらしいです。なんでも,モーマスという『エル』レーベル系のアーティストが友人の通う美術専門学校に臨時講師として来たらしいのですが,自己紹介で「オレは日本でポピュラーで、日本で一番クールな『キューティー』という雑誌に載ったことがある」ととんでもない自慢をしたらしいです。
 

【続き(2)へ】

(c) no frills, 1999

 ... home

no frills