なんかこぎれい。 

しばらくイギリスで過ごした後に日本に戻ってきて痛烈に感じたのは,「なんかこぎれい」。

90年代前半,音楽のジャンル(ほんとはそうじゃないけど)で「グランジ」が流行った頃に東京でもそこかしこにずろずろした格好の人が歩いていたが,やっぱりどことなくこぎれいで,今にして思うと,ロンドンを歩いていたグランジ小僧:音楽雑誌のグラビアのグランジのバンド=日本のグランジさんたち:テレビ・ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」の音楽青年という感じがする。

数ヶ月前,インターネット上で「日本を英語で語るサイト」というのに巡り合って(すばらしいサイトだったのだが,残念ながら今年の8月に閉鎖されてしまった)そこで海外の人からの質問が紹介されていた。

いわく,「村上春樹の小説(の英訳)に well trained vegetables というのがあるが,それは何?」と。

件のサイトの作者さんは,きれいにパック詰めされた野菜の写真を紹介し,形の不揃いな野菜が存在していることすら忘れてしまっているこの状況は全然自然ではない,というような記事をユーモアを交えた英文で書いていた。

きれいにパックに詰めることが「あたりまえ」なら,そこで暮らす人間の感覚も,無意識レベルで,きちんとしていて当然。雑然ととりあえず箱に入れるだけは入れておくことが「あたりまえ」なら,そこで暮らす人間の感覚も,無意識レベルで,気にしないのは当然。

アメリカから2週間ばかり日本に来ていた知人のひとりがこう言った。「最初は日本ってなんて清潔で過ごしやすいんだと思ったけど,いろいろ回って見て考えが変わった。こんなにきちんとしてるのは疲れるなあ,僕は。」

そんなことを時々思い出すだけの日々を送りつつ,時々は新宿のアイリッシュ・パブにギネスのクリーミーな泡を味わいに行ったりする。そこで,かなりお行儀の良いchips(フライドポテト)を注文すると,カムデンとかポートベロで歩きながら食べていた切れ端あり,焦げたのありの,油がよく切れていない,わら半紙に包んだchipsを懐かしく思い出すことになる。アイリッシュ・パブにはイギリスが懐かしくて行くんだけどな……区切りのつかない気持ちが残るなあ……

そうだ,イギリスでもきちんとした野菜に会えるところがある。高級スーパー「マークス&スペンサー」の野菜売り場。イギリスにいて,日本のお行儀のいい野菜が恋しくなったら行ってみよう。俺は行かないけどね。まず。それよかポートベロとかベリック・ストリートのかわいらしい野菜を見てたほうがしあわせだもん。

この文章,直すの忘れてた……というのも無責任ですが,
ニュー・レイバーでクール・ブリタニアで経済絶好調になった後の2000年,
テスコでもセンズベリーズでも野菜は well trained になっていました。 つまんねーの。

 

(c) no frills, 1999


【「ドアの鍵」トップへ】

 ... home

no frills