アタマの中の音声ファイル

「きんきん」

 

その朝起きたらフラット共有のテレビがついていた。
「おはよー」とフラットメイトに挨拶して,
起き抜けの紅茶を飲みながらボーッと画面を見ていたらいきなり
「ぐぅーーーーっど・もーーーーーーーに〜〜ん♪」
というきんきん声。

 
  画面に目のピントを合わせると,
そこにいたのは,
普通のテレビ司会者然とした男性の隣に,
ま黄緑としか言いようのない色のサーキュラースカート(50'sのあれ)のワンピースに
黄色いボブのかつらの人物。
その謎の黄緑嬢が,唇をとんがらかし,口元で人差し指を立てて
何やらぺらぺらとまくしたてて愛敬を振りまいている。
朝っぱらからなんじゃい!と思いつつなおも目のピントを合わせると
 
 

どーみても男。

しかも美青年系でも美少年系でもなく

どーみても男。

(ひげのそりあとがぷちぷちと青い〜。)

 
 

朝っぱらからなんなのよ,これは〜

 

……あああああ!!! 子供たちが,子供たちが,子供たちが,
無邪気な子供たちがにこにこ笑ってわらわらと出てきたあ。

 

私は,やはりお茶を飲んでいたフラットメイトに
「ホワット・イズ・ディス?!」と思いっきりカタカナ英語で訊いた。
「子供番組。」彼はこともなげに答えた。
「子供番組???」
「うん,土曜日の朝だからね。」
「はっ?」
「土曜日ってさあ,学校とかないじゃん。だから子供が見るための番組。」
「私が言ってんのは,そーゆーことじゃあなくってぇ」

私は一息ついた。「この人,男の人だよね?」

「確かに女には見えないねえ」とフラットメイト。
「まあ,珍しくもないけど,俺はやりたくないなあ,コレ。」
「珍しくない?」
「ゲイへの偏見をなくすためらしいよ。」

 
 

テレビの中では,きんきん声が続いている。
「さー,みなさーーん,こっちに来てお遊びしましょー。」
ま黄緑のワンピースが(さわやかに・あやしく・毒々しく)揺れている。
○○○○○○○○○○↑好きな言葉を選んでください。

 

このま黄緑の「歌の(にせ)おねえさん」は,
ほんとはゲイでも何でもない人だろうとフラットメイトは解説してくれた。
それがほんとかどうかは知らない。でも
私のアタマの中で「ジェンダー」だの「セクシュアリティ」だのが,もつれた。
男はこうあるべき,女はこうあるべきという枠組みはナンセンスだと思ってきたつもりだが,
子供にこんなものを,と思ってしまうのは止められなくて,くらくらする。

日本の子供番組って健康的だー。
あっちの枠からこっちの枠へここまで大胆にかつわかりやすくジャンプしたりしないもん。
いやー,それが健康的かどうかはわからないけども,少なくとも「普通」。

そう思った時,私は自分がやっぱり日本人であることを再認識した。
(っつーほど大げさなものではないか。)

 

 

「きんきん」または「きんきん声」に相当する英語は何だろう?と思ったけど
これまた日本語の擬音語の例に漏れず,1語で英語にならないんです。
英語だと動詞で表現するしかないのかなあ。(だれか教授してください。)
この場合,scream? scream kinkilyとか……だめ?

(c) no frills, 1999


【「ドアの鍵」トップへ】

 ... home

no frills