アタマの中の音声ファイル

「ごろごろごろ」

  旅行者としてイギリスに足を踏み入れて以来の念願,
「いつか短い期間でもいいから,ここで『暮らして』みたい」が,何年かかかって叶った時,
私は八百屋でキャベツを買って,ダブルデッカーのバスの2階に乗っていた。(なぜだろう?)
これから料理されるべき食材を買う,ということは,つまり『暮らす』,
そんなことが実感されてかなりほのぼのとしていた。うきうきもしていた。
ダブルデッカーの2階はけっこう揺れが激しいのだが,
目線が高くなって普段は見えないものが見えたりして,余計に楽しかった。
 
 

と,その時,バスがブレーキをかけて急に止まった。私もがくんと前のめりになった。
ロンドンのバスの運転って,おちゃめ〜,とくすっと笑いたくなった。
その時,足元を「ごろごろごろ……」と転がっていく何かがあった。

 
 

音が去っていった方向に目をやると,そこにはキャベツがあった。 ??????????

そして,自分の足元においてあった自分の買い物の袋からはキャベツが消滅していた。

 
 

あのキャベツは,私が座っていた3列目くらいから,一番前まで,
見事なまでに転がっていってしまった,私のキャベツだったのだ。

一番前のお客さんが親切にも拾ってくれた。
「あ,ども……」と言いながらかなり恥ずかしかったが,笑えてしょうがなかった。
公衆の面前で,よりによってキャベツを拾ってもらうなんて。
しかし,それにしても,キャベツが転がるなんて。
(これがオレンジだったらかわいらしいエピソード,っつーかわざわざ書かない。)

 
 

イギリスの野菜は,日本で私たちがなじんでいるのとは形も味もちょっと違うものがあって,
キュウリがヘチマのように大きいのは有名,味も大味,
トマトは(大陸からの輸入品が多いけど)小柄でプラムくらいの大きさ,味もぎっしり詰まった感じ,
そしてキャベツは,まるでボーリングの球のようにまんまるい。
「キャベツが転がってもおかしいお年頃」っていう言い回しがあっても不思議ではないくらいにまんまるい。
ちなみにお味の方は,滞在していたのが寒い季節ということもあったのでしょうが,
葉が分厚すぎてばりばりで,生には適さなかったです。
どんなに細く,せんキャベツにしても,ばりばりばりばり,とすごい歯ごたえ。
一度食べてみれば,次にイギリスの小説や映画でキャベツを食べている場面が出てきたら,
どんな感じなのかが具体的に分かる,
と思う。ばりばり,もさもさ……。

 
 

 

転がる時の「ごろごろ(と)」という擬音語もそのままでは英語になりません。

手もとの和英辞典(学研『ニュー・アンカー』)では,

動詞のrollだけで「ごろごろころがる」となってますが,

自分で思いついたのもまさに同じ。

ユーモラスな感じを出したかったらin high spiritとかつけたらいいのかな?

(でもそれじゃ八百屋ギャグ……?「生きてるねえっ!」ってやつ。)

(c) no frills, 1999


【「ドアの鍵」トップへ】

 ... home

no frills