アタマの中の音声ファイル

「ぶーん」

  もう何年も前,初めてイギリスに行った時のこと。
あれは確か,オックスフォードのマクドナルドの中。
私の前の席に美しい人が座っていた。
少し赤毛っぽいふわふわした髪に,その髪の色によくあったスエードのジャケット,
緑色のスカーフに茶色のセーター。長いまつげが物憂げな影を落とし,
目は机の上の書物のページの上に落とされている。
美しく隆起した鼻の下には,ぽてっとした唇……。
こういう人がいるからああいう絵が描けたんだなあ,と,
ラファエル前派の画家の絵を思い浮かべていると,
その美しい人はやおら,ハンカチを取り出して「ぶーん」と鼻をかみ,
そのハンカチをたたんでジャケットのポケットに入れた。
 
 

今,私は,何を見たんだろう??
あの人が,あの美しい人が,鼻をかんだ?しかも,こんな人前で??
しかも,周りの人たちも全く平然としている!
ってことは,これは普通の行為なわけ?!

 
  これが,私が初めて受けた,超リアルなカルチャー・ショックである。
「欧米では日本と違って,鼻をずるずるとすすっているのはマナー違反で,
ハナミズが出てきたらその場でかまなくてはならない,
鼻をかむことは行儀の悪いことではないとされている,音は立ててもかまわない」,
と何かの本で読んだのは,その旅行から帰国してからであった。

まあ,上品な育ちの人だったら,あるいは誰でも必要な場合には,
鼻をかむ前に一言
"Excuse me"とか言うのだろう。

 
 

日本から向こうに旅行される方々,
くれぐれもハナミズはずるずるとすすらないように。
そんなことしてたらアホだと思われます。
潔くかんでください。
こういう習慣の違いは,異国の人々はわかってはくれません。
ハナミズが垂れそうなのにずるずるしてる奴等を見れば,
自分たちの基準で判断して「こいつはアホや」と決めてかかる,と考えた方がいいでしょう。

文化の差ってそういうものです。だから,郷に入りては郷に従え。

 
 

追記:

「タメ口」ではなく「丁寧語・敬語」の間柄の場合,また,食事中の場合は,やはり
席を外してから鼻をかみましょう。(嫌われたくなければ。)

(この文章は,1995年11月に自主制作で発行された「イギリスのこと。」第1号から取ったものです。)

 

日本語の擬音語というものはそのまま英語にできないのが普通なのですが,
ましてや鼻をかむ時の「ぶーん」という音は,和英辞典に載ってるわけもなく,
以前『イギリスのこと。』を一部英語化した時は
blow one's nose wildlyとしておきました。
言いたかったニュアンスはちゃんと通じたみたいです。

なお,蜂などが「ぶーん」と飛ぶ場合はbuzzingを使って表せます。

 

(c) no frills, 1999


【「ドアの鍵」トップへ】

 ... home

no frills