今日辞書をひいた語

個人的なコーパスの試み,というか,書いていかないと自分でも忘れてしまうので実は備忘録。

オレンジの太字=語 白いイタリック体=品詞

灰色の文字=辞書の定義からあてはまるもの(使用している辞書の名前は下記参照)。

文例:
=その語を含む文例。

意味:
=文のだいたいの意味を,背景色と同色で埋め込んであります。画面の左にポインタを置いて選択すると(マウスをクリックしたままその辺りを動かすと),白い文字で浮かび上がります。

 

 

2000年9月23日
(メールニュースで)

tall adj.

((略式))信じられない,大げさな

※ この意味で使われている tall を実際に見たのははじめて。

文例:
The Star, along with many other papers both broadsheet and tabloid, extracts much fun from the tall story of golfer Brian Farley.

(The Guardianのメールニュース The Wrap より。 http://www.guardianunlimited.co.uk

意味:
他にも数々の高級紙もタブロイドも取り上げている話だが,ザ・スターはゴルファーのブライアン・ファーレイのとんでもない話をおもしろおかしく書きたてている,


2000年9月23日
(メールニュースで)

peeve verb

((informal)) If you are peeved about something, you are annoyed about it;((略式))…をいらだたせる,じらす

※ be peeved の形(「いらいらしている」)で使うことが多いみたい。

文例:
Politicians and the BBC are still peeved by what they call a "fudge".

(The Guardianのメールニュース The Wrap より。 http://www.guardianunlimited.co.uk

意味:
政治家やBBCは,彼らの言葉で言う「たわごと」のせいで,今でもいらいらしている状態である。


2000年9月17日
(調べ物をしていて)

Yardie noun

((BR)) a member of a secret criminal organization, based in Jamaica, which is especially associated with drug dealing;西インド諸島,特にジャマイカの犯罪組織の一員

文例:
The murder rate rarely varies significantly. Last year, however, Brent recorded 20 murders, the highest of any borough by far, mainly because of a Yardie-style shooting war on the streets of Harlesden and Kilburn.

意味:
殺人事件の発生率は大きく変動はしていない。しかし昨年,ブレント区では20件を記録している。他の区をはるかにしのいでダントツの1位である。そうなった大きな原因はハーレスデンやキルバーンの路上でヤーディ流の銃撃戦が起きたことである。


2000年9月17日
(調べ物をしていて)

gentrification noun

・ジェントリフィケーション(都心の衰退地区への中高所得者層の移住〔流入〕に伴う地区の再生) ←コレは『リーダーズ』から
・地上げ ← コレは辞書ソフト『バビロン』から

※英英は記載なし(収録語数が少ないからしょうがない)。要するに「景気が好くなったりした影響で,ある地域に新しい種類の住民が住むようになること」だと思うのですが,どーでしょ,『リーダーズ』と『バビロン』のこの記述方法の違い。それでもって,実際にこの単語を見つけた例文の中ではまたちょっと日本語探しが必要か?

文例:
The gentrification of boroughs such as Hackney and Islington is also believed to have fuelled an increase in certain crimes, for instance professionals being mugged walking home with mobile phones or lap-tops.

意味:
(今まで低所得者層が多かった)ハックニー区やイズリントン区などに比較的所得の高い人々が住むようになっているが,それがある種の犯罪の増加に拍車を掛けているということもまた,疑われてはいない。例えば給料の良い職種の人が携帯電話やラップトップ・コンピュータを持って徒歩で帰宅する途中でひったくりに遭う,などといった犯罪である。


2000年9月16日
(調べ物をしていて)

hefty adj.

((informal)) large in size, weight or amount;《略式》たくさんの,多額の,(物が)大きくて重い

※どうでもいいが,辞書でこの語の次になってるのが「ヘーゲル Hegel」。うわ〜,弁証法。

文例:
To avoid the possibility of receiving a hefty fine it's important you know as a landlord, tenant or lodger, when you are required to buy a TV licence.

(イギリスの「TVライセンス」のサイト http://www.tv-l.co.uk/ より)

意味:
家主も入居者も間借り人もそれぞれの立場でどういう時にTVライセンスを買う必要があるかを確認しておきましょう。それを怠ると非常に重い罰金が科されることがあります。


2000年9月15日

four star petrol [four-star] noun

プレミアムガソリン

※イギリスでは原則として有鉛ガソリンは禁止されていますが,中古車やクラシックカーは特例として有鉛ガソリンを使えるそうです。

文例:
"The majority of filling stations are certainly without unleaded petrol but a few do have diesel and four star petrol."

意味:
ほとんどのガソリンスタンドでは無鉛ガソリンはもうありませんが,ディーゼル燃料と(有鉛の)プレミアムガソリンがまだ残っているガソリンスタンドは,少しですがあります。


2000年9月15日

stagger verb staggering adj.

surprise you very much;…を動揺させる > very surprising;びっくり〔呆然と〕させる,信じがたいほどの

※元々「よろめく」という意味。「驚いた挙げ句よろめいてしまう」から「人をよろよろさせるほど驚かせる」になった?

文例:
At Deans Garage in Marlborough motorists were charged £2.05 a litre (£9.22 a gallon) for unleaded petrol and staggering £2.50 a litre for diesel (£11.25 a gallon). The same garage was named and shamed as the most expensive in the country for selling unleaded at 93.9p a litre earlier this year.

意味:
マールボロ(=地名)の『ディーンズ・ガレージ』では,無鉛ガソリンは1リットル£2.05(1ガロンで£9.22),ディーゼルだと何と1リットル£2.50(1ガロンで£11.25)もする。このガレージ(ガソリンスタンド)は今年すでに国内で一番高いとやり玉に上がったガレージ。無鉛ガソリンを1リットル93.9ペンスで売っていた。


2000年9月15日
(イギリスに「石油値上げ阻止!抗議運動だ!」ショック)

fussy adj.fuss noun

very concerned with unimportant details;ささいなことにうるさい < anxious or excited behaviour which serves no useful purpose

※発音は「ファスィ」。名詞の fuss を使った make a fuss about [of / over] ... は音楽雑誌などでは非常によく見る表現。

文例:
"I don't think you can afford to be too fussy at a time like this."

意味:
「こんな時にそんなに細かいこと言ってられないでしょ。」


お世話になってる辞書
"Collins Cobuild English Dictionary," HarperCollins Publishers
『ジーニアス英和辞典』大修館書店
『リーダーズ英和辞典 第2版』研究社

お世話になってるソフト
『瞬訳名人 バビロン』 http://www.babylon.com

文例の出典
無印=ロンドンの夕刊紙 The Evening Standard のサイト,
http://www.thisislindon.co.uk 。上等な英語ではないが読みやすい。

 

  
  「英の語の部屋」トップへ

   home  

no frills トップページに戻ります