カタカナ中毒・直訳中毒では困るかも……  
その4.『すみません』チェック!

「こんなことくらいもう知っている」という方はこのページは飛ばしてください。

下の表の右側のセルをマウスで塗りつぶすと答えが見えます。

電車から降りようとしてるんだけど,ドア付近が混雑していて
なかなか出られない……

「すみません」は何て言う?

Excuse me.
電車の中で気分が悪くなり,倒れそうになったところ,
席を譲ってくれた親切な人が……

「すみません」は何て言う?

Thank you.
ホームにいる電車に駆け込もうとして,おばあさんとひどく
ぶつかってしまい,おばあさんは倒れてしまった……

助け起こしながらの「すみません」は何て言う?

I'm (terriblly) sorry.

 

日本で店に入って店員さんに声を掛ける時,人混みをかき分けて前へ進む時,普通『すみません』と言う。しかし,英語圏で,同じ状況で同じことを言う(意味する)つもりで“I'm sorry”と言えば,これは誤り。あなたの意図は相手には伝わらない。“I'm sorry”という英語は,日本語の『すみません』とイコールではない。しかし,実際には『アイム・ソーリー』を連発する日本人が多いらしい。

『すみません』という日本語には〈謝罪〉の意味もあるが,それよりもむしろ〈声をかけるきっかけ〉の機能で使われることの方が多い。日本語を知らない人はこの辺を理解していないから,『日本人は何故だか謝ってばかりいる』と茶化されたりするし,日本人の側も〈きっかけ〉のつもりで“Excuse me”と言うべき時に,ついうっかり“I'm sorry”と言ってしまうことは,実際よくあることだ。反射的に頭の中の翻訳機が『すみません』→“I'm sorry”と作動してしまうらしい。

“I'm sorry”か“Excuse me”か,なんて,日本語に訳して考えると小さいことのようだが,実際のコミュニケーションという点からすれば,事が基本レベルである分だけ,高いハードルになる。現地の人は日本語に訳して考えるわけないし,彼らには日本語の『すみません』(“I'm sorry”の意味でも“Excuse me”でも使われることば)の概念がないのだから,「ああ,この人は言い間違えてるんだ」とは思ってくれないからである。

基本的に“I'm sorry”というのは,『私が悪かった』ということを認め,『だから私がそれに対してあなたに償うことは当然です』という気持ちを込めたい場合にだけ,使ってよいことば。『すみません』どころか,『ごめんなさい』よりも重いことばだという意識を持っていた方がいい。

例えば調理器具の使い方が分からないので家の人に使い方を教えてもらいたい,こんな時に“I'm sorry, but I don't know how to use this”などと切り出したら,家の人はあなたが使い方が分かりもしない機械を勝手にさわって壊してしまったのかと思うだろう。『すみません』の一言のせいで,気持ちが和らぐどころか,「何て無礼な人。勝手に触るなんて」と思われることにもなりかねない。

この場合には,“Excuse me, but I don't know ...”と言おう。“Excuse me”は,“I'm sorry”と違って,『自分には理由があってあなたの手を煩わせるが,それを許してほしい』という意味。このふたつの使い分けは,思っているほど簡単なことではない。ほんとに無意識に使い分けられるようになるには,ある程度実際に失敗を重ねながら,頭の中の翻訳機をリセットしなければならない。「何故君は謝るんだ。こういう場合には“I'm sorry”なんて言う必要ないんだよ」と言われながら,使い分けを学んでいくのが一番確実。

ただし,“I'm sorry”と言うべき時−−例えばあなたが誤って他人のものを壊してしまった時,約束の時間に遅れてしまった時,こういう時には,ちゃんと相手の目を見て“I'm sorry”と言う。それを言わずにただミステリアスに微笑みを浮かべていただけでは,コミュニケーションなどできるわけがない。“I'm sorry”とはこういう場合にこそ必要。

なお,何かに誘われたけど先約があって行けない,など,自分に落ち度があるわけではないけど相手に悪いな,という場合には,“Sorry, but ...”と言うのもいいみたい。“Sorry”は“I'm sorry”よりも軽い感じがして,どんなに気の置けない間柄であってもちゃんと謝らなくてはならない場合には不向きだが,ちょっと一言,という場合には使える。他人の足を踏んでしまった場合,体に触れてしまった場合などもこれでOK。

また,『すみませーん,わざわざこんなことしていただいて』という場合には,“Sorry”でも“Excuse me”でも,ましてや“I'm sorry”でもなく,“Thank you (for this)”などと言うのが正しい。相手に感謝の意を示すのには,とりあえず“Thank you”,またはくだけた間柄なら“Thanks”,または“Cheers”で事足りる。ロンドンの下町の人なんかは“Thanks”の短縮形の“Ta!”なんてのを使ってたりするが,こういうあまりにもネイティヴなことばは,外国人が使うのは奇妙に受け取られるので,やめた方が無難。特にホームステイする場合なんかは,こういうくだけすぎたことばを使うとほんとに奇妙に思われたりするので,絶対慎むべき。

【まとめ】

すみません=ちょっと失礼/いいですか Excuse me.
すみません=ごめんなさい I'm sorry.
すみません=おっと,失礼 Sorry.
すみません=ありがとう Thank you.

 

追記: 先日都内でトルコ料理の店に行ったら,トルコ人のウェイターさんが“I'm sorry”と言って料理を運んできてくれた。トルコ語にも日本語の『すみません』みたいな言い方があるのでしょうか?

 


(c) no frills, 1999 無断転載禁止

  
  「英の語の部屋」トップへ

   home  

no frills トップページに戻ります