カタカナ中毒・直訳中毒では困るかも……  
その2.アクセント

この文章は,1996年5月に自主制作で発行された「イギリスのこと。」第2号から取ったものです。

前号「その1.人の名前」編で,「英語においては,アクセントは全て母音に置かれ,アクセントのない母音は曖昧に発音される。〈中略〉アクセントのない母音はアクセントのある母音や子音に比べてかなり曖昧に−−と言うか,いいかげんに−−発音されている場合が多い。それでもアクセントのある母音と子音さえはっきり発音していれば,相手は聞き取ってくれるのが英語なのである」と書いたが今回はそれをもう少し詳しく説明しよう。

「実際向こうに行ってみてから,英語があまりに聞き取れないのにびっくりした」という人は多い。出身地や出身国によってなまりがあることや,特にイギリスの場合は,それまで我々が学校などで耳にしてきたアメリカ英語とは音の感じが違っていることも,聞き取りがしづらい一因ではある。しかし,それでも聞き取りを少しは楽にする準備は,日頃からしておくことはできる。それが“英語の発音のされ方”つまり発音とアクセントのことを頭の中に入れておくことである。これを知っておくのと,知らないでいきなり文字ではなく音としての英語を受け取るのとでは,自分の経験からも,全然違うということが言える。

日本語と英語とでは発音のシステムがまったく違うため,カタカナ英語として頭の中にインプットされている単語が実際はまったく違う音で,そのために聞き取りができない,ということはよくあることだ。有名な例がハンバーガーのMcDonald's で,「マッナー」と発音されるために何のことだか分からなかった,という経験がある人は多いようだ。他にも,音楽関係では,例えば Mudhoney というバンドがあるが,これは日本では「マッドニー」と「ハ」を高めに発音されている。しかし英語では「ハニー」という感じで,「マ」をかなり強く発音する。Echobelly というバンド名についても同じく,「エコーベリー」ではなく「コベリー」という感じ。Radiohead も「レディオヘッド」ではなく「レイディオゥヘッド」,Terrorvision は「テラヴィジョン」で,Smashing Pumpkins も「スマッシング・パンプキンズ」ではなく「スマッシュィンパンプキン」,The Velvet Underground は「ヴェルヴェッアンダグラウン」という感じ。(以上のカタカナ表記はあくまでも“感じ”。細かいこと言うと,母音の発音そのものが日本でよく耳にするのとは違っていて「ハニー」っていうか「ハネー」っていうか,って音だったりする。この辺はカタカナの限界があるので,大体の感じでつかんでください。母音についてはまた別な機会に。)こういう例は挙げ出すとほんとにきりがない。

こういうことをひとつひとつの単語について押さえておかないとコミュニケーションできないか,というと,そういうわけでもない。実際会話する段になれば,ちょっと話をすれば,相手もこちらがどの程度英語ができるのかをつかんでくれて,その上で分かりやすくしゃべってくれたりするし,仕事とか取り引きとかのシリアスな要素を含まない程度の,軽いコミュニケーションだったら,身振り手振りを交えながらの行き当たりばったりコミュニケーションでもかまわないし,そのほうがかえって楽しい。でもやっぱり少しでも楽に,スムーズに行くのなら,その方がいいし,そのためのコツが簡単に押さえられるのなら,そりゃこんなうまい話はない。私だって教えてもらいたいくらいである。

だから,前置きが長かった割には全然大したことは書けないのだが−−しかも私は音声学は専門ではないので,一番分かりやすいところだけしか書けないのだが−−,英語という言語は,全体的にアクセントの置かれる位置に規則性がなく,基本的には単語ひとつひとつを押さえていくしかないのではあるが,それでも最低限知ってりゃ便利ということがある。それは,2つの別個の単語が合わさってひとつになっている場合には,前の単語にアクセントが置かれる,ということである。中学1年の時に notebook(= note + book)を「ノートブック」ではなく,「ノウトブッ」と習ったことを思い出せば分かりやすい。こんな単純な基本的なことだが,それを意識しているとしていないとではかなり違ってくる。現在どうも聞き取りに苦労しているという人は,こういう,学校でも習ってるはずの些細なことを思い出してみるだけでも,多少は聞き取りが楽になるかもしれない。(人間,「こういうことになってるのか」って納得しながら物事を見たり聞いたりしていけば,ただやみくもに片っ端から覚えようとするより頭に入るものである。)

こういうことを意識した上で,日頃からテレビとかで英語に耳を慣らしておくのが,聞き取りという名のハードルをクリアするのには,多分一番有効だと思う。ただひたすらに音声に耳を傾けるのではなく,アクセントにポイントを置いて聴いてみるのは,聞き取りの力をつけるのにいい方法のひとつ。

 アクセントなんて奥深すぎて,そういうことを解説した音声学の専門書(当然難しい)もたくさんあるけれど,研究するつもりでもなければそういう本は必要ない。そういうんじゃなくて,コミュニケーションを楽にしたいのなら,自分の出会った単語のアクセントを覚えていくとか,特に,日本でカタカナ語になってるものについては,実際のアクセントを押さえておくと楽,ということだ。例えば「私『テラヴィジョ』好きなの」「へー,じゃ『ワイルドハー』とかはどう?」とかいう単純な会話のきっかけも,つかみやすければつかみやすいほどいいし,そこからひょっとしたら友情とかロマンスとかが生まれちゃったりするかもしれない。

ただしある程度の基本語彙(中学で習ったようなもの)が常に頭にあるようにしておくことは,現地で現地の人と言葉でコミュニケーションをしたいと思っているのなら,絶対必要。まあ,コミュニケーションは言葉だけにかかっているわけではないし,その人の求めていること・考えていることによって,できるコミュニケーションの性質も変わってくるし,「どういうのが上等なコミュニケーション」みたいなことも言えないわけで,要は本人が楽しいとかおもしろいとか思えるかどうか,それが大切なわけで,自分がそういう思いをできないのはなぜか,それを解決するにはどんな方法があるのかを考えた時に,自分にとって必要なものを get できるように探していかないとね。

(1999年追記:ここで「アクセント」と言っているものは,「強勢(stress)」とも言います。)

 

【発音】へ進む
(準備中)

 

その次を読んでみる

(c) no frills, 1999 無断転載禁止

  
  「英の語の部屋」トップへ

   home  

no frills トップページに戻ります