実用英語読解教室

−持ち物としての英語−

イントロダクション(お説教?)なのだ。

 

 

結論から言いますと,

話すことは日本で本を相手にいくら勉強しても埒があかないけど,

読むことだけは日本にいる間に充分準備できるんだから,できることは全部やっておきましょう。

アドヴァイスとして言えることはこの2行です。

 

単語なんかは知らなくてもいいのよ,辞書引けばある程度はわかるんだから。

問題は文法。that節,関係代名詞,仮定法,文法用語はおいといても,

その中身(文の組み立ての仕組み)が全くわかってなかったら,きっついよ〜。

具体的な目安としては,高卒程度,今のセンター試験程度の英語なら90%(発音問題以外)。

これくらいやっとかないとイギリスで書類を独力でサクサクと読むのはかなり大変でしょう。

 

読むことをあなどってはいかんです。

何しろイギリスに1歩足を踏み入れたら,道路標識,メニュー,案内板などなど,すべて英語。

そういう「単語」単位でわかるようなものはほんとに何とでもなるけど,

日常の情報源=新聞やパンフレット類(交通機関とか),

大事な書類(学校の手続き,ヴィザ関係など),とか,

イギリスに行ってから,英語の「文章」を読まなければならないことって結構ある。

新聞とかは,なければないで,これまた何とでもなるのだけど,

大事な書類は「英語わかりません」では済まない。

大事な用件に厳守の締め切り,読めなきゃ大変な思いをするのは自分。

 

行く前は「まあ何とかなるでしょ」って気楽に構えていてもいいかもしんない。けど,

ロンドン/イギリスに行っただけ,住んだだけで英語がいきなりできるようになるわけない。

実際問題としては,だれか英語ができる日本人を頼りにできればいいけど,

頼りすぎは禁物,友情のひび割れの元!

「○○さんは英語ができていいですね」と頼られることがあまりにも何度も重なると,

「こっちだって生まれた時から英語できたわけじゃないわい!」

と,キレてしまうのです。

(↑多くの証言あり。ロンドンで英語ができる日本人からかなり厳しい声をいただいてきました。)

インディペンデントなロンドン・ライフを目指すんだったら,

持ち物として英語も身につけていきましょう。

 

以下のページでは,実際に読まなくてはならない実用英語を例に

限りなく不親切な「読解教室」を実験的に繰り広げてみます。よろしければ読んでってください。

「読解教室」本編の目次へ→

 


 

  
  「英の語の部屋」トップへ

   home  

no frills トップページに戻ります