カタカナ中毒・直訳中毒では困るかも……  
その1.人の名前

この文章は,1995年11月に自主制作で発行された「イギリスのこと。」第1号から取ったものです。

いざ,イギリス人と知り合った,その時に必要なのが,相手の名前を正確に覚えるということである。日本でもそれは同じなのだが,英語圏では日本よりも「名前」が重要になる。「名前は知らないけどこの人友達」ということはあまりなく,それが本名でなくても,「友達」と言える間柄なら必ず名前は把握していて,挨拶なんかの時にも頻繁に,相手の名前を呼びかける。日本語で,親しい間柄で「ねえねえ」と呼びかけても別に失礼には当たらないのだが,英語では"Hey"とだけ言うのは知らない人に呼びかけるための言葉,友達同士なら"Hey, John"とかいうふうに,名前を付けるのが普通。だから,相手の名前を知っておくことは,向こうで人間関係を作る上で,大変重要なのだ。名前も覚えてくれない人は相手にされない。

ここで結構大変なのが,欧米人の名前のヴァリエーション。みんながみんな John とか Paul とか George とか,Robert とか Jimmy とかのわかりやすい名前なら別に苦労はないのだが,中には結構ややこしい名前もあるので,要注意。よく聞き取れない名前だったら,メモしてもらって読み方を確認するといい。「慣れてないから」とでも言えば,別に失礼にはならない。

初めて聞く名前ならしょうがないが,実はもっと困るのは,日本で違うふうに読まれている名前。例えば女性の名前で Sarah。レコード・レーベルにもこういうのがあったけど,これは実は「サラ」とは発音されず,あえてカタカナで書くと「セアラ」である。「私 Sarah よ」と自己紹介されても,聞き取れないこともあるので,要注意。同様に

男性名 標準的読み方 非標準的読み方
(または誤読)
女性名 標準的読み方 非標準的読み方
(または誤読)
Graham グレイアム (×グラハム) Edith イーディス (×エディス)
Ivan アイヴァン (×イヴァン)  Eliza イライザ (×エリーザ)
Jacob ジェイコブ (×ジャコブ)  Eva イーヴァ (×エヴァ)
Leonard レナード  (×レオナルド)  Ida アイダ  (×イーダ)
Miles マイルズ (×マイルス) Naomi ネイオミ  (×ナオミ)
Sean ショーン  (×シーン) Zoe  ゾウイ (×ゾエ)  
Stephen スティーヴン (×ステファン)      

以上,あくまでも標準的な英語圏の読み方。その他のヨーロッパ諸国(フランス,スペイン,イタリア,ドイツ等)の系統の人は,同じスペルでも違う読み方をするので要注意。

また,固有名詞は日本語でもいろいろと読み方があるのと同様に,英語でも読み方は一定していないので,ちゃんと確認すること。(日本語の漢字ほどにはややこしくないが…。)

 また,2音節(母音=「アイウエオ」系統が2つあるもの)以上の名前には,たいがい省略した形のニックネームがある。(Michael: Mike, Mick, Mickey, Elizabeth: Eliza, Liz, Lizzy, Bethなど。)そして,例えば Michael さんが "Call me Mike"(「マイクと呼んでくれ」)と言った場合には,普段は必ず「マイク」と呼ぶ。「マイケル」と呼ぶのは,あなたが何か改まって話したい場合や怒り・叱責などの感情を込める場合だけ(この場合,フルネームを使うこともある)。また,逆に,「マイクと呼んでくれ」とも言われていないのに,気分で「マイク」等と呼んだりすれば,失礼になる。

 人名のニックネームは,これまたひとつの名前に対してヴァリエーションがあり,「○○と呼んでくれ」と言われた以外のニックネームで呼ぶのは,これまた御法度。まあ,とにかく,自分で相手から聞いた名前をそのまま使えばいい,ということ。

 また,ひとつの友達の輪の中に,同じ名前が何人もいるということも珍しくない。(欧米の名前のヴェリエーションは,日本のよりずっと少ないので。)その場合はそれぞれがニックネームを使い分けていて,例えば Michael 1 = Mike, Michael 2 = Mick, Michael 3 = Mickey, Micheal 4 = Michael というふうになっている。ここを間違えるとややこしくなるので,これまた要注意。
 Micheal のように,いろいろなニックネームがあればいいのだが,そうでない場合はその時次第。私の経験では,仲間内に Andrew が3人いて,ひとりは Andy, ひとりは身体的特徴で Fat Andy, もうひとりはフルネームで Andy ... と呼ばれていた。また, Matthew(マシュー)3人は,それぞれ Matt, Matty, Matt from ...(マット,マッティー,○○のマット)と呼ばれていた。

 普段呼びかけるのに,苗字だけを使うことは,普通の間柄ではあまりない。が,私の知っている例で,極々親しい間柄で,他の人がいるときにはニックネームで呼び,仲間内だけになると親しげに苗字だけで呼びあっている,という人たちもいた。(1999年追記:親しい仲で苗字で呼び合うのはパブリック・スクールの流儀だとも知りました。しかし,ここで触れた人たちがパブリック・スクール出身かどうかはわかりません。)

 日本語でも名前の呼び方に関しては,時と場合によっていろいろと使い分けられているけど,英語でも同じこと。苗字を使う,などの「応用テクニック」みたいなことは,向こうでの人間関係に完全に慣れるまでは,たぶん縁はなかろう。名前をいろいろ教えてもらったりすることも,コミュニケーションの深まっていく,ひとつの指針ではある。

 人名について,もっと良く知りたかったら,一番手軽な参考文献としては,各種英英辞典の付録(Appendix)の「一般的人名(COMMON FORENAMES)」のページがある。辞書によって付いていたりいなかったりするが,手に入り易いものとしては,"OXFORD ADVANCED LEARNERS DICTIONARY OF CURRENT ENGLISH(OALD)"(『オックスフォード現代英英辞典』開拓社:少し大きめの書店なら辞書コーナーにあるはず)がある。

 さて,コミュニケーションという点を考えると,もうひとつ重要なのが,こちらの名前を相手に覚えてもらうことである。普通に,「私,○○です」と名乗れば,問題はないのだが,この時に意外と障害になるのが,日本語と英語の発音のシステムの違いである。

 まず,日本語は,「ん」を除く全ての音に母音が付いているのが特徴。「ん」以外の子音で終わったり,子音同士がくっついたりして発音されることはない。(日本人にとって英語の発音が難しいのは,ひとつには「子音の独立」のためであるが,そのことについては今回は深くは触れない。)また,単語中には特にアクセントはなく,音の高低があるだけである。それを英語圏の人間の立場で考えてみれば,日本語の単語を発音する時は全ての音に母音をつけ,平べったく発音するようにすれば良いだけだから,日本人が英単語を美しく,完璧に発音するのに比べて,簡単なように思える。
 ところが,それがそうではない。平べったい発音というのが英語圏の人にとってはわかりづらいということもあるが,それ以外の要素もある−−これはあくまでも私が常々感じているだけのことで,音声学などのしっかりした根拠があるわけではないのだが−−,つまり,英語は日本語に比べて,母音に重要性を持たせていないようなのだ。

 英語においては,アクセントは全て母音に置かれ,アクセントのない母音は,曖昧に(口をあまり開かずに)発音される。例えば,dictionary の"na"の部分は,はっきり「ナ」と発音されるわけではない。ごく弱く,口の力を抜いて発音される。(「N」の音+「あ〜,疲れた」の「あ」の音に似た感じ。)この曖昧な「ア」は,イギリス英語では,アクセントの置かれる音節ではほとんど用いられないのだが(アメリカ英語ではまた話が違ってくる),他にも実際に聞いていると,アクセントのない母音はアクセントのある母音や子音に比べ,かなり曖昧に−−と言うか,いいかげんに−−発音されている場合が多い。それでもアクセントのある母音と子音さえはっきり発音していれば,相手は聞き取ってくれるのが英語なのである。
 ところが,日本語はそうではない。全体としては平べったく発音しながら,母音はひとつひとつしっかり発音するように出来ている言語である。だから,ひとつの単語の中に母音が複数ある場合には必ず1カ所だけアクセントを置いて発音するのが当たり前で,母音を全てしっかり発音することに慣れていない英語圏の人間にとっては,日本語の単語の中の母音については受け付けない部分があるのではないか,と思う。

 例えば,「ゆき(Yuki)」「ゆか(Yuka)」「ゆうき(Yuki or Yuhki)」「ゆうこ(Yuko or Yuhko)」「ようこ(Yoko or Yohko)」という名前を見ると,どれも Y + K の構造になっており,違いは母音にかかっている。こういうのが,英語圏の人にとって区別のつきにくいパターンである。(これをためしに,母音をいいかげんに発音してみてもらいたい。みんな同じように聞こえるであろう。)相手が自分の名前を聞き取りづらそうにしていたら,何か工夫してみると(例えば「ゆき」ではなく「ゆっきー」と発音してみる,等),より確実に名前を覚えてもらえるかもしれない。実はこの辺がどうも,英語圏の人にとってはややこしいらしいのだ。しかも,同じ「ゆき」でも「由紀」「友紀」「由貴」など,表記がいろいろある,なんて言ったら,パニックになるかもしれない。「ゆか」ちゃんと「ゆうこ」ちゃんは,よく混同され,時には「ユックはどうしてる?元気?最近会ってないけど」という感じで,どっちのことを言っているんだかよく分からなくて,訊かれたこちらとしては「それはユーカーか,ユーコーか」とおもいっきり大げさに発音する,なんてこともある。でも,やってみたら,大げさに発音した方が分かり易かったみたい。

(1999年追記:書き忘れたことです。「ようこ」さんはすぐに覚えてもらえます。多分日本人の女性の名前として一番有名なのではないでしょうか。ビートルズ世代以降の人ならたいがい知っていますので……。)

【アクセント】へ進む -->

(c) no frills, 1999 無断転載禁止

  
  「英の語の部屋」トップへ

   home  

no frills トップページに戻ります