logo

English, especially British English,

might be something that is

somewhat new to you.

 

生まれてこのかた日本語環境で
育ってきたのであれば,
イギリスの言葉の部屋の中で
他人と意思を通じあわせることは
多分誰にとっても
けっこう大変かもしれない。
 
日本にいるうちに
たくさん勉強したからといって
即,イギリスで意志の疎通が
100%達成できるわけではないけれど
(イギリスの言葉は
日本で一般的に習える
「アメリカ英語(米語)」とは
ちょっと違ってたりもするし,
日常の意思疎通の道具だからこそ,
現場じゃなければわからないことがあるし)
何もしないで行くよりは
何か少しでもして行った方が
現地での体験の幅も広がるし,
いちいち日本語サーヴィス
(有料だったり割高だったり)
に頼る必要もなくて
経済的にも安上がり。
 
だからちょっとでも,
英語は準備して行きましょう。
ひとつの「持ち物」として。
 
※ ここで触れるのは,「イギリスで耳にした/口にして通じた英語」についてのものです。その他の英語圏(アメリカなど)特有の言い回しや表現には触れていません。

 
 
※ 筆者は日本の学校でのいわゆる“文法教育”を「詰め込み」「知識偏重」と 一方的に批判する立場ではありません。
 
 Amazon.co.jpアソシエイト
 

▼【英語と日本語の壁】---- カタカナ中毒・直訳中毒では困るかも

イギリスでのコミュニケーションの道具は英語,だけど私らネイティヴ・日本語・スピーカー。英語と日本語は,語や文法だけでなく,ひとつひとつの音も違うのだから,英語の音に意識的になって,英語の音を耳で受け止めて,英語の音を口から発すること。さらに,日本語と英語は「1対1」で対応しているわけではないのだから,日本語から機械的に直訳しないこと。

その1.人の名前
その2.アクセント(強勢)
□ その3.発音の仕方・され方 ---- 作成中
その4.『すみません』チェック!
□ 番外:カタカナ英語は「悪い」英語じゃない。(共同製作共有ファイル)---- 作成中

▼【習わない,でも日常語】---- 案外知らないものかも

日本で普通に教わることができる「英語(=書き言葉)」では習わないけど,実際によく耳にする「話し言葉」を集めました。

「今日辞書をひいた語 -words and phrases I encountered-(2001年6月〜)
旧「今日辞書をひいた語」(2000年9月だけでストップ)
語の一覧 ※↑をやり始める前にやってたもの。

▼【ほんとに使われている書き言葉】

英語教材の文章は教材用に作られています。たくさんたくさん気を使って丁寧に書かれた文章です。でも,実際の文章は「進学校なら高校3年で習うけどね」というような“ムズカシイ”文法も平気で使われています。ここでは実際に使われている文章(書類など)を読んでみましょう。

実用英語読解教室(の試み)
実用英語読解,基礎の基礎

▼【イギリス英語とアメリカ英語】

「同じ言語で隔てられた2つの国」と言われるイギリスとアメリカ。(←これ言ったのは皮肉アーティストのバーナード・ショー。)どっちがいいとか悪いとかじゃなくって,イギリス行って「エレベーター」が探せないと困るから,ちょっと予習していきましょう。

□ 記事を書く時間とエネルギーがありません。別ページでご紹介しているLonely Planet社の"British Phrasebook"はすばらしいです。下の【ウェブ上の情報源】の「英語サイト」にも米語・英語の情報はあります。

▼【買った本のご紹介】

自分で買って使ってみて,「これは使える!」と思った書物(英書)の紹介です。

「本棚」へどうぞ。文法書・辞書・語学書・会話集もいくつか挙げてあります。

▼【ウェブ上の情報源】

ウェブ上には「イギリス英語」に関するサイトがたくさん!
普段お世話になっているところを中心にご紹介します。

英語サイト
日本語サイト

   home  

no frills トップページに戻ります