実用英語読解,基礎の基礎

■ 序 ■

英語には文のパターンは5つしかありません。
(この5つのパターンを文法用語では「5文型」と言います。)

にもかかわらず,
実際にはだらだら長くて読むのに苦労する文に行き当たることが多くあります。

どうして英語の文はやたらと長くなるのか----修飾語句のせいです。

日本語では,修飾語句が多くてあまり長くなりそうなら,
多少の語句の繰り返しは厭わず,文を切ってしまいます。例えば,

「世界最大の都市のひとつであるロンドンにおける問題点は,パリや東京やニューヨークでは当たり前に考えられているような,まともな交通機関がないような印象を受けるということである」

と書くよりも(この文を1回読んで即内容を理解できる人はあまりいないでしょう),

「ロンドンは世界最大の都市のひとつだが,問題点がある。それは交通機関である。パリや東京やニューヨークでは当たり前の存在のまともな交通機関が,ロンドンにはなさそうなのだ」

と書きます(文の良し悪しはまあ置いといて,これなら内容はわかりますよね)。

しかし英語では,語句を繰り返すことは好まれないせいもあるのか,
づらづらづらっと続けてしまうことが多いのです。
(づらづらっと続けても”悪文”になりにくいのが英語なのですが。)

以下,英語を日本語にすることではなく,英語を読むための助けになればという意図でまとめた文章ですので,いちいち日本語訳はつけていない箇所があります。ご質問がおありでしたら掲示板へどうぞ。

 

■ 目次 ■

(1) 文が長くなる仕組み

(2)”飾りの部分”のいろいろ

 

  
  「英の語の部屋」トップへ

   home  

no frills トップページに戻ります