British Phrasebook

front cover

英語(イギリス語)とイギリス社会を,
実生活で使われているフレーズから解説したもの。
この情報量でこの価格は,
「まずは買い!」と言えましょう。

出版社: Lonely Planet Publications

価格:£3.99(イギリス)/$5.95(アメリカ)/
$7.95(オーストラリア)

購入時の値段:¥1,190(紀伊国屋書店,1999年秋)
オンライン書店での値段:¥650〜700

この本を買う。

amazon.com

amazon.co.uk

amazon.co.jp

 

イギリスでは「エレベーター」は"lift",「地下鉄」は"underground"……
それ以上の知識を求めている方に,まじでおすすめ。

全部英語で書かれていますが,
解説部分にそんなに難しい単語は使われていないので,
ある程度読める人なら辞書なしでざっと読んでいけると思います。

あちら版『地球の歩き方』という風情の旅行ガイドブック,
"Lonely Planet"シリーズを出している出版社さんが
1999年に出した「各国語フレーズ集」のイギリス編。
(他にフランス語,ドイツ語,トルコ語,日本語など,数限りなく出ています。)

「フレーズ集」と言っても,
「旅行会話集」(=「部屋を予約したいのですが」の類の文例集)ではありません。

この本はイギリスでの生活の中で実際に使われているイギリス英語のフレーズ集,
ありそうでなかった本です。
日本の複数の出版社さんからも何冊か,同じ趣旨の書籍が出ていますが,
情報量の多さでこれにかなうものは,私は見たことがないです。
(知らないだけかもしれないけど。)
しかもサイズは文庫本より小さくて携帯に便利。
毎日かばんに入れて持ち歩くのもOKのサイズ。

内容としては,まず非常にわかりやすく記述された「英語の歴史」で始まります。
その後に「イギリス英語」として,「発音」「コミュニケーション」
「俗語表現・一般的定型表現」「コックニー」「交通」「宿泊・住居」
「街歩き」「田舎」「飲む・食べる」>「エンターテイメント」「スポーツ」
「イギリスの社会」「アメリカ語とイギリス語の比較」「略語・省略表記」と続き,
次に「各地方の言葉」として「方言」「スコットランドのゲール語」「ウェールズ語」。
しかも,それぞれが一般論ではなく具体例で話をしてくれているので,
非常にわかりやすく,情報量もものすごいことになっています。

(……ここで項目を羅列されてもわかりにくいですよね。)

特徴としては,全体的にベタな解説ではなく,
他の英語圏(特にアメリカ)との違いに焦点を絞って,
どのように発音されるか,どのような語がどのような意味で使われるかを,
具体例で説明しています。
例えば「…に電話をかける」は"call ... up"(アメリカ語)ではなく
"ring ... up"と言うことが一般的, などというように。
日本で発行されている英和辞典では収録されていなかったり,
探すのに時間がかかるようなものも,この本を見ればわりと簡単に見つけられるかも?

個人的に笑ったのが,「スポーツ」の「サッカー(football)」の項。
ページ数の割きかたが異様。
応援歌まで載ってる。しかもわざわざコラム作って。この熱の入れ方は何なんでしょう。
マンチャスター・ユナイテッドのサポーターの応援歌は
「ジョージ・ベスト/スーパースター/ゴール連発,いくつ決めた」
(↑ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』のメロディーで),
対するに敵チームのサポーターは,同じメロディーで
「ジョージ・ベスト/スーパースター/ふりふりパンティにスポーツ・ブラ」
と歌ったんだそうです。(ばかばかしい……覚えちまったよ,わたしゃ。)

圧巻は「各地方の言葉」の中にある「方言」の項目。
(これが載ってるから買ったようなもの。)
ブリテン島各地の方言の「決めフレーズ」めいたもの
(こういうのは若い世代の人はあまり使わないそうですが)と,
特徴的な発音の概略の解説があります。
(取り上げられている地方は,イングランド南西部=オクスフォードなど,
北部=ヨークシャーなど,東北部=ニューカッスルなど----いわゆる「ジョーディー」,
西北部=リヴァプール・マンチェスターなど,中西部=バーミンガムなど,
西部=ブリストルなど,そしてスコットランド,ウェールズ。)

イギリスでは「訛りを矯正する」ということは一般にはあまりなく
(テレビ関係者や政治家はその限りにあらず),
その人の言葉のアクセント(訛り)でだいたいのバックグラウンドがわかります。
映画などでは,人物描写の一部として,アクセントが使われています。
現地の人だったら聞いただけでわかることなのですが
(「この登場人物は北部の人」などと),
字幕で見ている外国人にはいまいち伝わらない部分もあることは否めません。
(字幕翻訳家の方々も,いろいろ苦労はされているのでしょうが。)
でも,見る側が訛りについて基本的なことを知っていれば,
同じ映画を見るのでも,見える世界がぐっと広がるわけです。
実際に音声で示してもらうのが一番なのですが,なかなかソースがない。
そこのところを,文字情報の限界の中でですが,この本は補ってくれます。
音楽誌のインタビューなどを読む時にも,
「ここはおどけておじいさんっぽく方言でしゃべってるんだな」とか,
そういう空気みたいのはつかめるようになるでしょう。
(ある意味,ワンランク上の英語?)

なお,同じ「方言」でも,ロンドンの下町の「コックニー」だけは
別項目として単独で取り上げられています。
「その手は桑名の焼きはまぐりよぉ」調の洒落のきいた言い回し(言葉遊び),
「紳士」の使う英語ではないし(コックニーは下層階級の言葉です),
日本から行く人が実際に自分から使う機会はないでしょうが,かなり楽しいです。

なお,ゲール語やウェールズ語は「方言」「訛り」ではなく,英語とは別な言語です。
本気で勉強したい方には別なソースもあります。ネットで検索するのが早いでしょう。

 

◆ 関連記事:「言葉の部屋」

 

  
  「本棚」目次へ

   ... home

no frills トップページに戻ります