Collins Cobuild English Dictionary  

この辞書の特徴この辞書を買う公式サイト

■2003年秋に4版(4th edition)が出ます■
公式サイトのカタログによると,アジアで03年10月,欧州で04年1月に出るそうです。4版の改訂点など,詳細はhttp://titania.cobuild.collins.co.uk/catalogue/cob4.html参照。
4版を購入するには,↓をクリックしてください。
paperback with CD-ROM
paperback without CD-ROM
hardback with CD-ROM
hardback without CD-ROM

※ 「CD-ROMなし」の方はまだリンクつながっていません(9月4日現在)。
 
※ 以下の記事中のリンクは,3版(3rd edition)です。

■ この辞書の特徴
 
Cobuild English Dictionary (3rd edition)コウビルド英英辞典(第3版))は,語の意味を調べるための辞書というより,語の使われ方を調べるための辞書。個人的には初版から3版(最新)まで10年以上お世話になっています。この辞書の最大の特徴は,「コーパスに基づいた辞書である」ということです。
 
それまでの辞書の例文は,辞書編纂者(学者)によって書かれるのが常でした。一方Cobuildは,新聞や雑誌,テレビ,ラジオ,映画,小説など,実際に人々が読んだりしゃべったりしている文をデータベースとして蓄え(これがコーパスです),その中から辞書の例文として適しているものを,例文として採用しました。これが,Cobuildが"Helping learners with REAL English"と謳っている所以です。しかも例文が豊富です。ネットがなかった時代,私はこの辞書の例文の豊富さにかなり助けられました。

※ この辞書が登場したときは画期的なことだったのですが,
今では LONGMAN などほかの辞書も
コーパスに基づいた用例を使うようになっています。

Cobuildのもうひとつの特色は,複数の品詞(名詞とか動詞とか)で用いられる語の語義の並べ方です。例えばhomeという語で見てみると,
 
● 伝統的辞書では,まずは品詞ごとに大きく区分けされ,さらに頻度の高いもの順,または原義に近いものから順番に並べられています。(頻度か原義かは辞書によって異なります。)
    【名詞】1)家 2)故郷 3)療養所,…
    【形容詞】1)家庭の,…
    【副詞】1)我が家へ,…
 
● Cobuildでは,品詞ごとの大まかな区分けをせず,すべての語義に関して,頻度の高いものから順番に並べられています。
    【名詞】家
    【名詞】故郷
    【副詞】我が家へ
    【形容詞】家庭の
    【名詞】療養所
    ……
↑このように,品詞ごとにまとめられていないので,文を見たときに「副詞は副詞なんだけど,意味がわからないなあ」など,まずは品詞を判定するところから語義を調べるのに慣れている人(日本でまじめに勉強するとこのやり方がやりやすくなるかも)にとっては,ここがちょっと使いづらいという意見もあります。
 
語の定義文も独特です。文章で読んで理解する定義文が多いです。 例えばaskの場合,
If you ask someone something, you say something to them in the form of a question because you want to know the answer.
(逐語訳=「もしあなたが誰かに何かをaskするなら, あなたは答えを知りたいので,彼らに疑問の形で何かを言います」。)
 
個人的には,この定義文はとてもわかりやすく感じるのですが, この定義文を読むだけで疲れてしまう,と言っていた人もいました。
 
最後に,この辞書はイギリスで作られており(バーミンガム大学の言語学部の研究がそもそもの発端です),British National Corpusという,イギリスのコーパスを使っています。そのせいか,細かい部分にイギリスを感じることができるので(とりあえずサッカーだったり),イギリスに興味がある人にとっては「読んで楽しい辞書」「イギリス版『新解さん』的存在」でもあります。

※ ただし,01年の第3版での大幅な改訂(編集チームも大幅入れ替え)の結果,
「イギリス色」は若干薄れたかもしれません。
第2版の出た95年以降の世界の変化(インターネットによるグローバル・
コミュニケーション時代の到来など)を反映させた結果かと思われます。
それ以上に,用例が削減されたこと(!)が大きく響いていますが。

版型は,縦24.5センチ,横17センチ,厚さ5センチで,普段持ち歩ける重さとは言えません。(仲間内スラングではこれのことは「電話帳」と呼んでいました。)

■ この辞書を買う(amazon.co.jpに飛びます)
 

Cobuild UK版
Collins Cobuild
English Dictionary
(3rd edition)
コウビルド 説明ブックレットつき

コウビルド英英辞典
(第3版)

 
上の2つの違い:
はUK版そのものの輸入です。は日本で販売代理店(紀伊国屋書店)が説明用のブックレット(「使用の手引」)をつけて売っているものです。このブックレットと箱以外,辞書としては中身は同じですが,価格が違います。ご購入の際は必ず価格もご確認ください。 なお,UK版にはハードカバーもあります。製本や紙質は,ハードカバーの方が格段によいという評判です。

■ 公式サイト
http://titania.cobuild.collins.co.uk/
バーミンガム大学の言語学研究の結晶,英語学習者のための辞書の最高傑作コウビルドのサイト。コーパス"the Bank of English"の利用は有料登録制だが,お試しサーチは無料(Corpus Sampler → ブラウザで普通に/Free Trial Demo → TelnetまたはJava)。無料メールサーヴィス"Wordwatch"の登録もできる。
 
※ 当サイトにはCobuild以外にも辞書サイトなど英語の情報源を集めたページがあります。併せてご利用ください。 http://nofrills.in.coocan.jp/link_britenglish.html
※ 文法解説や学習法など,より広い意味での“英語に関する情報源”は,こちらのリンク集(useful websites)をご参照ください。
 

◆ 関連記事:「言葉の部屋」
 
  
  「本棚」目次へ

 
   ... home

no frills トップページに戻ります

背景画像は PRISM.さん。
この記事は,執筆=多分01年冬ごろ,
文章校正&推敲=03年2月,
アップロード=03年2月。