The Rough Guide:
LONDON

rough guide cover

定番ガイドブック。硬派な作り。
日本のガイドブックとは比較にならない情報の質と量。
文章主体,写真なし。

出版社: Rough Guides

価格:£10.99(イギリス)/$17.95(アメリカ)

この本を買う。

amazon.com

amazon.co.uk

amazon.co.jp

*上の写真は2001年発行の4th Edition。

ロンドン基本の1冊。
ロンドンを深く知りたいのなら&英語が読めるなら,
日本で出版されているガイドブックではなく,これを買いましょう。
これ1冊に,普通のガイドブック1冊と
小池滋著の『ロンドン』を合わせたくらいの情報が詰まっています。
普通のガイドブックのような「色気」はありませんが(旅情を誘う写真などはない),
基本情報は見やすく整理されていて,
歴史的背景などを扱ったコラムが充実しています。
さらに,日本で一般的に販売されているガイドブックには
まず載っていないエリア(Harrow,Hackneyなど)も紹介されていることも特徴。
いろいろなエリアの概略を知ることができるので,
住む前の準備にも使えるのでは。
小規模な博物館やギャラリーもたくさん紹介されています。
ただし,食べ歩きやショッピングなどに関してはあまり期待できないかも。
また,保守党(と言うよりサッチャリズム?)には批判的な視点で書かれています。
反保守(つまりやたらと開発したりするのが嫌いな)インテリ層の評価が高い本です。
んなことより何より,単に使いやすく有益でした。

 

 

 

 

  
  「本棚」目次へ

   ... home

no frills トップページに戻ります