ウェブでニュースを読んだりしていると,とにかく,「英語」って少ない語をあちこちで使い回してる,と感じられることがある。普段着の言葉とよそ行きの言葉と戦闘用の言葉の境界線がわからない。「ごはんできたわよ〜」も"ready",「ミサイルも積んだし戦闘員も乗り込んだので出撃できます」も"ready"なのだから。
 
数ヶ月前,たまたま立ち寄った都心の大型書店で平積みになっていたのが『歴史をかえた誤訳 −原爆投下を招いた誤訳とは!−』という文庫本である。
 
表紙はロン・ヤス(80年代日米関係の象徴ですな)と月面の宇宙飛行士,帯には「外交交渉の舞台裏で……ねじ曲げられた事実があった!」とあって,帯を取るとサダム・フセインときのこ雲,という,まあ,やや,それモンな雰囲気の本に見えたのだが,よく見ると著者が鳥飼玖美子さん(同時通訳者)だったので,安心して手に取った。(ずーっと昔,「英語をどう学んだか」みたいなタイトルの本をとりあえず買ってみたら,中身は著者の海外旅行体験談を借りたとんでも系アンチ・ジューイッシュ思想だったということがある。)
 
例によって,目次も見ずに適当にページを開いてみたら,ドナルド・キーンさんが太宰治の『斜陽』を英訳した時に「白足袋」をどう処理したか,ということが書いてあった。(きっちりとした性格の医師が家に往診にやってくるという場面で,キーンさんは,「白足袋」をそのまま訳したり,あるいは説明的に処理して話の流れを損なうことなく,「白足袋」の持つ文化的な意味=「相手に礼を尽くす装い」を英語圏に移し替えた"white gloves"を用いて処理している。)以後のページで,キーンさんのこの翻訳への賛辞と批判がすっきりと紹介されている。
 
そこを読んだだけで,とりあえず買って損なし!と確信。別な出版社が出していれば,全然別なタイトルと表紙になっていただろう。『真実の英語』とか『翻訳・通訳に見るコミュニケーション・ギャップ』とか。(事実,文庫化される前は『ことばが招く国際摩擦』というタイトルで,ジャパンタイムズから出ていた。こちらも現在でも入手可能なようです。)
 
帰りの電車の中,今度は第1章から読んでみた。
 
昭和20年,軍部はポツダム宣言を「黙殺した」。それが米国には"ignore"と伝えられた。「黙殺」と言った日本国政府の真意も,確実な事実関係もたっぷり検証しなければならないが,そのたった1語がきっかけになって広島と長崎に原爆が落とされたと考えることもできる……という内容。電車を降りるまでにちょうど読み終わる量だった。
 
以下,第1章は
「佐藤・ニクソン会談の失敗」(佐藤首相の「善処します」が通じなかった件),
「比喩でねじれた防衛談義」(「安保ただ乗り論」の中,鈴木首相が日本を「ハリネズミ」に喩えた件)
「『不沈空母』発言の真相」(中曽根首相の発言を取り上げたワシントン・ポストの記事により,日本国内が大騒ぎになった件)
「誤訳が生んだ経済摩擦」(「敵対的貿易」「貿易阻害国」や"fair"と「公平」のことなど)
と続き,
第2章「外交交渉の舞台裏」
第3章「ねじ曲げられた真実」
第4章「まさかの誤訳,瀬戸際の翻訳」
第5章「文化はどこまで訳せるか」
第6章「通訳者の使命」
と,まあ章タイトルは「別な出版社が出していれば云々」という感じのものもあるけれど,非常に興味深い話が詰まっている。あー,こういうの,あるある,っていう感じ。と同時に,英語を日本語にしたり,日本語を英語にしたりするのが,ちょっとこわくなってくる。まあ,たまに勉強するといつもそうなのだが……。
 
鳥飼さんを月とすればすっぽんである私,学ぶところは大きい。
 
ところで,2001年9月の"show the flag"騒動,鳥飼さんならどう説明してくださるか,ちょっとお聞きしてみたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歴史をかえた誤訳 表紙
 








同じ内容の本とは思えない
このルックスの違い。










 
ことばが招く国際摩擦 表紙
鳥飼玖美子『歴史をかえた誤訳 −原爆投下を招いた誤訳とは!−』新潮社(新潮OH!文庫)
本体価格:581円(消費税入れると:610円)
  【しつこいようだが↑は↓の文庫版で,↓を改題・加筆したもの。】
鳥飼玖美子『ことばが招く国際摩擦』ジャパンタイムズ
本体価格:1600円(消費税入れると:1680円)
 
 
 
 
 

2001年9月11日の米国での大惨事の後,日本のマスメディアなどでは「知日派」と言われている米国政府の高官が,日本に対し協力(ないし協調)を求める際に"show the flag"という表現を用いた。後日,別な米国政府高官が語ったように,これは英語の古いイディオムのひとつで,元は「〈英国船が〉外国の港に公式訪問する」(<研究社『大辞典(通称)』より)(つまり船に英国旗を立てて「私たちは英国から来ました」ということを相手国に知らせていたのである),イディオムとしては「自分が誰だかはっきり示す」というような意味であり,この場合は,後にブッシュ大統領が明確な言葉で述べたように「米国につくか,テロにつくか」の立場をはっきり示してほしい,ということだったのだろう。しかし,日本では,どこかで誰かがそのまんま「旗を示す」と解釈したのか,あの発言を契機に「自衛隊派遣」の台本が,論議も経ずに決まってしまった。派遣するかどうかを議論するのではなく,派遣するためには何をどうしたらよいのかが議論され,やたら長ったらしい名前の法案も,同時期の狂牛病に対する農林省と厚生省の手間取り具合と比較するとやたらスピーディにできあがった。 個人的には,「知日派」の政府高官が,日本国民が過敏に反応してしまうような単語(flag)を使ったことに違和感を覚えたのだが。それとも"show the flag"ってそんなにイディオムとして普通なのでしょうか?

 

 

 

  
  「本棚」目次へ

written by nofrills, October 2001

   ... home

no frills トップページに戻ります