LONDON MARKETS

london markets cover

ストリート・マーケットのガイド。情報量豊富。
観光向きと言うより生活向きです。
文章主体,写真なし。

出版社: Cadogan Guides

価格:£8.99(イギリス)/$12.95(アメリカ)

この本を買う。

amazon.com

amazon.co.uk

amazon.co.jp

 

今やロンドンの「ストリート・マーケット」は,観光資源のひとつ。
そのせいかどうか,外国人(私たち)に向けて積極的に宣伝されるのは,
おしゃれがメインだったりアンティークが専門のマーケットがほとんど。

だけど本来「ストリート・マーケット」は,お金に余裕のない生活者のための存在。
店舗を持たない業者が露店(stall)を立て,市価より安く商品を売る「青空市」。
(素人が不要品を売ってるような,所謂「フリマ(flea market)」とはちょっと違う。)

野菜や缶詰などの食料品に大工道具,
トイレットペーパー,ティッシュ,洗剤・たわし,ガムテープのような日用品や,
靴下や下着にTシャツやスパッツのような衣料品,
見るからに“在庫一掃”あるいは“倒産品処分”のような化粧品,
音楽ソフトにコンピュータ・ソフト,果ては旅行かばんのような大物などなど,
いろんなものが安く買えるのだから,
少しでも生活費を切りつめたい時に利用しない手はない。
あるいは,何も買うべきものがなくても,
その場所にあふれる“会話”や“燃え盛る商魂”や“物と人”を見るためだけにでも,
時間を費やして足を運ぶ価値があるでしょう。

つまり,「ストリート・マーケット(street markets)」は
古着フリークやアンティーク収集家のためだけにあるわけじゃない。だから,
この本をポケットに入れて,ロンドン東西南北をうろうろしてみましょう。

この本では,ロンドン市内の約60ヶ所の「ストリート・マーケット」が
----日本で出ているガイドブックや雑誌,
あるいはヴィジュアル重視の(写真集のような)マーケット・ガイドには
なかなか載っていないような,地元の「青空市」も---
詳しく紹介されています。(駐車場情報や近くのカフェ情報もある。)

ロンドンで何冊か類書を見たけど,
実際にいろんなマーケットに行ってみたいなら,この本が内容的にも体裁的にも一番。
(薄くて軽くて持ち歩くのにも便利ということは,「活用できるガイドブック」の命。)
著者が自分の足で歩いて書いた文章は,その場所の空気を充分に伝えてくれます。

 

◆ サイト作者の書籍にもマーケットのレポートがあります。
◆ 関連記事:ストリート・マーケット(準備中)

 

 

 

  
  「本棚」目次へ

   ... home

no frills トップページに戻ります