■ ヴィザについて ■

【ものすごく重要!】(2003年8月追記)
 
2003年11月13日から英国(イギリス)の入国に関しての制度が大きく変わります。特に注意すべきは下記2点。
 
(1)6ヶ月以上の滞在にはエントリークリアランスの事前申請が必要になる
(日本出国前に大使館に申請しなければならない。有料。6ヶ月£36.00,1年£60.00など。[詳細]
通貨換算をどうぞ。£→¥がすぐに出てくるようにしてあります。
↑要は,英国到着後の空港とかでは「観光ヴィザ」しか出しませんよ,学生の立場が欲しかったら,事前に£36なり60なり払って手続きしてから来なさい,ということです。
 
(2)いわゆる「観光ヴィザ Visitor」から「学生ヴィザ Student」への切り替えはできなくなる
(とりあえず観光で入っておいて,学校を見学するなどしてから学校を決めて入学手続きをし,その後「観光」から「学生」に切りかえる,ということができなくなる
 
詳細は↓英国大使館のnoticeとFAQを参照(日本語)。
http://www.uknow.or.jp/be/visa/notice/notice01.htm
http://www.uknow.or.jp/be/visa/visa01.htm
http://www.uknow.or.jp/be/visa/visa02.htm
2003年11月13日以降に6ヶ月以上の予定で渡英される方,疑問点のある方は上の3ページとも必ず熟読してください。
 
なお,8月18日から約2ヶ月間は,在東京の英国大使館は改装工事。ヴィザ申請は郵送のみ。(日本の中のイギリスだ!)[詳細]
 
英国内でのヴィザ申請の手続きも,2003年8月1日から変更。郵送で料金が£155.00(どんぶり勘定でおよそ3万円)。Home Officeに出向く場合は£250.00(およそ5万円……マジですか?!)。詳細は,Home Officeの該当ページ(英語)でご確認ください。通貨換算

 
普通に観光で渡英される方(6ヶ月未満の滞在)はこれまでと同様に事前申請必要なしです。ワーキングホリデー(Youth Exchange Scheme)での渡英もこれまでと同様です。ついでに,ワーホリの一般的注意事項(日本国外務省)
 
■ 激しく参考になりそうな情報:2ちゃんねるの海外板の該当スレ「イギリス留学総合スレッド・パート5」(8月19日時点で最新)
 
■ 以上の件に関する私のメモ,7月9日付け(@チャンネル北国tv=簡単なblog)
 

▼ここから下が,元々の文書の内容です。

「ヴィザ visa」とは「入国査証」のことで,正式にはEntry Clearance, Leave to Enterと言います。(このLeaveは動詞ではなく名詞で「許可」の意味。)
厳密に言えば,日本国籍を持っている人には,これは必要ありません。俗に“ヴィザ(ビザ)”と言われているものは「在留許可」のことです。
以下,「在留許可」のことを「ヴィザ」として話を進めます。
 
私の著書の巻末(204〜205ページ)にも最も基本的なことは書いてあります。より詳しいことを知りたい方には,下記の書籍がおすすめです。

▼ 基本情報:

「ヴィザとは何か」「どういう種類があるのか」などの基本情報は,下記情報源でお調べください。
 

英国大使館 > ビザ情報(日本語)
UK Visas(英語) ← 英国外務省と内務省(ホームオフィス)。

日本国籍を持つ人が観光や留学を目的に渡英する場合,ヴィザは飛行機などがイギリスに到着した後に発給されます。事前に大使館に申請する必要はありません。(「必要はない」というか「しません」。)国籍によっては事前に大使館に出向いて取得しなければならないことがあります。(この場合の「ヴィザ」は,「在留許可」ではなく「入国査証」のことです。)事前申請が必要な国籍は,英語の書類などではvisa nationalと表されています。UK Visasのサイトなどに説明があります。(DO I NEED A UK VISA?の部分をクリックしてください。)

▼ ヴィザの種類:

観光などの場合に発給されるのが「観光ヴィザ Visitor」です。このヴィザの場合はイギリス国内での就労(雇用されること)は一切許されません。たとえ無報酬(いわゆる「ボランティア活動*」を含む)であっても許されませんのでご注意ください。
 
大学で学位を取得するコース,もしくは語学学校などで週15時間以上のコースを履修する学生の場合は「学生ヴィザ Student」を発給されます。学費の領収証,学校からの入学許可証,滞在中の生活費をまかなうのに充分な銀行預金残高証明書などが必要です。このヴィザの場合は所定の範囲内で就労(いわゆる「アルバイト」)が許されます。現在,バイトをするための特別な申請は必要ありませんが,バイトをしなければ学業が続かないとみなされると,入国そのものがあやうくなりかねません。また,学生ヴィザでも超短期のものは,事実上バイトは難しいようです。
 
ヴィザには「観光」と「学生」のほかに,「婚約者 Spouse」「就労 Employment」「自営 Self-employment*」などがあります。これらは「観光」や「学生」とは違い,事前に手続きが必要です。下に情報源(IND=Immigration and Nationality Directrateのサイトより)を示しておきますので,各自お調べください。
 

IMMIGRATION RULES ← URL変わってました;IMMIGRATION RULES (Updated May 2003) (英語)
↑「移民法」ですが,日本的に言うと「入国管理法」。法律ですので読むのは大変ですが,ヴィザのことを心配してるなら,読める人は読んどいた方がいいです。(普通の観光の人とかは読まなくてもいいと思います。)年に1回くらいマイナーチェンジが,何年かに1回わりと大き目の法改正があります。(90年代にはEUの人の移動の自由化により,かなり変更されています。)
IND > Staying in the UK(英語)
↑法律をわかりやすくしたようなもの(だと思う)。ドロップダウンで選択しながら進む。
Cooper Fuff Consultants - FAQ
↑イミグレーション専門のソリシターの事務所のFAQ。最も基本的なことが非常に完結にわかりやすく書かれているので,まったく知識のない方におすすめ。

□「自営」について:
「『自営』のヴィザは取れると思いますか?」というお問い合わせをいただくことがあるのですが,私にはわかりません(笑)。各自お調べください。参考までに,フリーランスの立場で雑誌で原稿書いて原稿料もらったりしている程度では,限りなくムリに近いと聞いたことがあります。それでも気になる方は,ソリシターに相談するのがよいのではないでしょうか。

▼ 過去に入国拒否になっている場合:

UK Visas FAQに次のようにあります。該当する方は必ず自分で読んで内容を理解してください。
 
What if I have been refused entry to the United Kingdom before?
If you have been refused entry to the United Kingdom before, it does not necessarily mean that you will not be allowed to enter the UK again, but it is very important that you tell the entry clearance officer of this.
 
If you are not a visa national, depending on the reason you wish to go to the UK, it may be better if you apply for a visa before you travel. The entry clearance officer will then be able to assess whether you qualify for entry before you travel. Note that if you would not normally need a visa, you will not be prevented from travelling to the UK, but you may experience problems when you arrive.

 
なお,上の文章の内容は,「こうすれば入国できます」ということではありません。拙著にも書きました通り,入国審査での係官(the entry clearance officer)の対応は一様ではなく,「必ず入国できる方法」というものはないと思います。

▼ 法的な面で専門家に相談したい場合:

特別な事情があるなどで,ヴィザに関して法律の専門家のアドヴァイスや法的手続きの助けが必要な場合は,「ソリシター solicitor」に依頼します。
 
日本では,在留許可について相談に乗ってくれたり手続きを代行してくれるのは「行政書士」です。イギリスでは「ソリシター」です。(参考:Googleでの「ソリシター」の検索結果ページ。)
 
「ソリシター」は辞書をひくと「事務弁護士」という訳語がありますが,「弁護士」とはいっても法廷で被告の代理人をしたりするのは主に「バリスター barrister」で,「ソリシター」は,主に企業の法務や個人の不動産の売買,遺言書の作成や離婚調停などで法律面の面倒を見てくれる「法律家」です。よって,「弁護士」という語から「訴訟?」と心配する必要はありません。
 
「ヴィザについての相談」は,英語ではimmigration adviceなどと言います。イギリスの電話帳(イエローページ)である YELLで Legal Services をキーワードに検索かけてみると,こういう結果が出てきます。この中から,immigration adviceなどを扱っている事務所を探せばよいでしょう。YELLの検索結果のページには電話番号と住所だけでなく,ウェブサイトを持っている事務所の場合はウェブサイトへのリンクがあります。
 
もっとお手軽に探せるのは,在英の日本語無料情報誌(『ジャーニー』など)。毎号「ご相談ください」といった広告が出ています。
 
費用についてですが,上記のYELLの検索で出てきたある事務所の料金表(Fees)では「1時間の相談=£45」とありました。
 
なお,付け加えですが,ソリシターは難民申請や国籍取得などの手続きも行います。

▼ わからないことを質問したら回答がもらえるかもしれないところ:

ネット上の掲示板やコミュニティには,イギリスをテーマにしたところが数多く存在します。まとまったウェブページの形になっていない情報がたくさんありますので,自分の疑問に対する答えがないかどうか,いろいろなところを見てみてください。下に主だったポータルサイトの掲示板やコミュニティをご紹介しておきます。
 
2003年8月追記:
なお,イミグレは係官によって対応がまちまちだったりしますので,「こうすれば絶対大丈夫」は誰にも言えません。ちょっとした法改正が行われているかもしれないし,内務省の内規が変わっているかもしれません。よって,掲示板などで見つけた「他人の成功例」は,あくまでも他人の成功例であると思ってください。他人からのアドヴァイスも同様です。「せっかく調べた情報がアテにできないのでは困る」という場合は,ソリシターなど英国の法律を熟知した専門家にご相談下さい。
 

2003年8月追記その2:
イギリスのヴィザに関連することについて,no frillsの掲示板類のいずれかでご質問いただく際は,このページに書いてあること,およびリンク先のうち特に公的な文書(英国内務省,在日英国大使館サイト)に書かれていることを把握した上でお願いします。なお,投稿メッセージの1行目に「visas.htmlを読みました」と書いてください。これが書かれていないものには回答しません。(2003年8月26日以降。)
 
出血大サービス,コピペ用文字列(次の行をコピペしてください):
visas.htmlを読みました。
 
何度も書きますが,個々の係官によって判断が分かれるのが常のイミグレに「あなたもこれなら絶対OKの必勝テク」はありません。何が何でも入国拒否は食らいたくないがその可能性があるという方は,専門家へのご相談をおすすめします。っていうか,そういうケースでは,他人の経験談やらアドヴァイスやら聞いても,役に立たない可能性もあります。入国・滞在を許可されるか拒否されるかは,あなた自身を見たイミグレの係官の判断次第。自分の努力でコントロールできる範囲を超えています。イミグレの人が「昨日ワイフと大喧嘩しちゃって。。。僕たちもぅダメポ」モードだったら,何でもかんでも悪く見えるかもしれない。逆に「昨日カレから『一緒に住もう』って言われてぇ♪」だったら,あなたの顔が薔薇色のほほをした天使に見えているかもしれない。
 
他人の経験は他人の経験でしかないのです。
 
ちなみに私(いけだ)自身は留学したこともないし,ヴィザを延長したこともないです。Visitorのステータスでしか入国したことがありません。だから「ヴィザ延長のコツ」は噂話と他人様の体験談でしか知りません。いつも割と長めの自由旅行でしたので,入国拒否&強制送還の可能性もあったことは事実。多少ツッコミを食らったことはありますが,訊かれないことは言わない,訊かれたことには正直に答える(例:職場で1年ごとに1ヶ月の長期休暇あり←バブルの余韻時代),証明する必要があることには証明するための書類を持参する(例:帰りの航空券),やましいことはしないということを理解していただく……実はラッキーだっただけかもしれません。

 
・「投稿には会員登録が必要,閲覧だけなら登録不要」がほとんどです。
・どこに投稿するにしても,ある程度自分で調べないとレスはつきません。
「何もわからないので教えてください」は厳禁です。

 
ロンドン通信 >「質問箱」【← イチオシ!】
投稿する前に「ロンドン通信質問箱 FAQ1」に目を通してください。かなり具体的なことも書かれています。「質問箱」のログも必読です。ヴィザの質問は非常に多いようです。以前に回答が出ていることを重複して質問しないよう,「FAQ1」とログを読みましょう。
 
Yahoo!掲示板 > イギリス(英国)
=活発な掲示板。イギリスから書きこんでいる人が多そう。
 
LYCOS: 掲示板 > イギリス ← 終了
=私が見た時はあまり活発ではなかったけど。
 
教えて! goo > 海外旅行
=質問を投稿しておくと,どこかの親切な人が回答してくれる,というシステム。トピが「海外旅行」なので,留学などはちょっとトピずれかも。
 
MSN コミュニティ > イギリス
=いくつものコミュニティがあって,それぞれにいろいろな情報がやり取りされてます。掲示板はそれぞれのコミュニティ内部にあります。
 
海外生活(北米除く)@2ch掲示板
=情報量の多さと情報交換の活発さはここが一番だと思うので……。イギリスに関するスレッドはたくさんあります。特にヴィザについてはいやというほど話題になってるはずです。投稿する前に過去ログを根気よく読むこと。っていうか,過去ログに答えがある可能性が高い。

▼ 法改正など:

「観光ヴィザ」や「学生ヴィザ」には影響はないと思われますが(← 大変更ありました。このページの上の注意書きをご参照ください),難民に関連してイギリスの移民法は改正されることがありえます。一方,IT分野や医療分野を中心に,高度な技術を持つ個人を労働者として積極的に受け入れようという政策もあります。「何年か前とはかなり変わっている」という可能性は高いです。最新動向を確実に知りたい方は,IMMIGRATION RULES ← URL変わってました;IMMIGRATION RULES (Updated May 2003)をチェックしてください。最初のページにstatement of changesへのリンクがあります。

 

2003年8月25日追記:
今年8月1日から制度が変わっていて(←仕事がモノスゴイ状態だったので事前に拾えなくてすみませんでした),さらに11月13日からも制度が変わるとのことで,イミグレの現場もかなり混乱しているようです。上に挙げた掲示板のいくつかを読んでみましたが,どうやら現場にもはっきり「こう対応する」ということが周知徹底されていないようです。つまり,ただでさえ「人によって判断が違う」「運次第」と言われるイミグレが,さらに混乱して(係官は混乱しているつもりなどないかもしれないけど),ますます「友人AはこれでOKでしたが,友人Bはそれでダメでした」な状態になっているようです。
 
そもそも今回の制度変更の理由は何か。8月1日からの「申請料£155.00」(現在英国にいる人に影響する)云々というのは,英国政府の行政改革のため――費用は受益者が負担すべき,政府の財源で負担すべきではない,という改革(←労働党とは思えん)のための変更です。英国の内政の問題です。(しかしほんとにこれは労働党政権なのか?と思うことが多すぎる。)
 
一方,11月13日からの「6ヶ月以上滞在する人は事前にエントリークリアランス」というのは,EUの入国規定が改められたための変更だそうです。で,EUの入国規定が改められた原因はというと,難民申請希望者の流入の増加という問題が根っこにあり(イギリスもフランスもイタリアもドイツも,それで頭を抱えていた。EUサミットでも議題になったはず),さらに,例の9-11で欧州に拠点を置いていた実行犯グループがあったことや,これまでの「大国による植民地化や併合に対して立ちあがる民衆」といった図式で語ることのできるテロ活動(北アイルランド,バスクなど)とはまったく違う,いわゆる「国際テロ」があります。短期滞在の観光客は別として,拠点を築くに充分な期間滞在する者は,事前に申請してもらおうというのが,今回の英国の新制度の背景にあるはずです。
 

■各種参考情報■
全世界のヴィザとパスポート情報 <(株)国際旅行社横浜支店さんのサイトの一部
『成功する留学』> 学生ビザ情報 > イギリス
◇「イギリス ボランティアホリデー」というものがあるようです。
    ⇒Googleでの「イギリス ボランティア」検索結果
『no frills 情報交換の場』ログ,1134番から1168番まで。
    ※ ログを全文検索するとほかにも情報があると思います。
「観光ヴィザ」から「学生ヴィザ」への切り替えについて (英語)< 英国内務省サイトより
   ↑これは2003年11月13日以降はできなくなるはずです。ご注意。

イギリスのヴィザについて,私がはっきり知っているのはこの程度です。
結婚などの場合については全然わかりません。
ちなみに,婚約者ヴィザSpouse申請には£260.00かかるそうです。

 

no frills, August 2002
法改正に伴う改訂19 August 2003
ちょっと加筆25 August 2003

http://nofrills.in.coocan.jp/atoz/visas.html
リンクフリーですが,無断転載やコピー&ペーストは禁止。
リンクの場合のご連絡は不要。


「A to Z」目次

... home
no frills