イギリスで避妊(1)

低容量ピル

処方は無料。

 

情報提供:Cainさん(2000年12月)

★処方

イギリスではピルは一般的な避妊方法ですが,薬局で買うことはできません。GPに登録していればまずそのGPに相談することになります。無料で処方してくれます。(コンドームも無料で配っています。)外国籍の人の場合は,滞在期間が1年に満たないと,基本的にはGPには登録できないことになっているのですが,それでも学校に通っていればまず学校に相談してみるとよいでしょう。私は1996年に6ヶ月間,Bradfordにある公立コレッジの英語コースに通っていたのですが,ピルは無料で処方してもらっていました。

滞在期間が短かった私はGPには登録していなかったので,コレッジの健康相談室みたいなところに相談に行ってみると,「Family Planning Clinicに行くといい」と教えてくれました。そこで学校の近くにあるFamily Planning Clinicに行ってみました。そこのClinicが低容量ピル処方や妊娠関係の一般からの相談を受け付けているのは,週2回・夕方の数時間という限られた時間だけで,毎回,すごく待たされましたが,無料で処方してもらえました。

初診時に問診を受けます。自分や家族の病歴を聞かれるので,病名の英語名は前もって調べておいた方がいいと思います。私の場合,聞かれたのは,
○母親や祖母が子宮ガンや乳ガンなどの婦人科系の病気になったことがあるか
○糖尿病や心臓病,喘息の人が家族や親戚にいるか
○偏頭痛持ちか
○現在,服用している薬はあるか
といったことでした。

当時,子宮体ガンと子宮筋腫と大腸ガンの英語名を知らなかったので,説明するのに四苦八苦したのを覚えています。あと,小学生の時に「陽連菌感染症」で腎炎になったことがあるんですけど,これも,最初,うまく説明できなくてヒヤヒヤしました。既往症はほんと,前もって調べていった方がよいです。

問診の後,別室で医師に身長・体重(服は着たまま)・血圧を測ってもらい,医師と簡単に話をして,その医師のOKが出るとピルを受け取って帰ることができます。初めての時は,ピル服用について説明してあるリーフレットも渡されました。(その際,「コンドームもいる?」と言われたので,無料ならもらっとこうと思って「ください」と言ったら,やたらたくさん渡されてしまいました……。)

 

★種類

ピルには2種類あります(どちらも低容量)。飲み方が異なるもので,医師に「どちらがいいか」と尋ねられました。

(1) Combined pillCombined Oral ContraceptiveCOC
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)に似たホルモンを含む。これらのホルモンが擬似的に妊娠している状態を作るので排卵が止まって妊娠しなくなる。擬似的に妊娠状態になるため生理はなくなるが,その代わりに服用を止める7日間に通常の生理より軽い出血がある。子宮頚部からの分泌液の濃度が増すため,精子は死んでしまう。子宮内膜も薄くなり,万が一卵子が受精しても着床しづらくなる。

21錠で1セット。21日間毎日1錠ずつ服用し,7日間服用を停止する(または偽薬を服用する)。このサイクルをくり返す。

Combined Pill の利点と欠点,副作用

○重くてつらい生理が軽くなる。
○運動などのために生理を一時的に止めたい時は,7日間の服用停止期間も飲み続ければ,生理(出血)がなくなる。(ただし事前に医師に相談すること。)
○7日間の服用停止期間が終わった時にまた飲み始めるのを忘れないようにしなくてはならない。
○主な副作用は,吐き気・頭痛・乳房の張り・倦怠感・体重の増加・血圧の上昇・抑鬱状態。服用を始めて数ヶ月経ってもこれらの症状が治まらない場合は医師に相談すること。(すべての人に副作用が出るわけではない。)
○不定期出血がある人もいる。治まらなければ医師に相談すること。
○まれにだが,血栓ができることがある。(喫煙者・肥満体形・糖尿病・高血圧の人は危険性が高くなる。)
○35歳以上の喫煙者はこのピルは処方されない。
○服用中は定期的に血圧を測定すること。時々このへんをちゃんとしていない医師もいるが,必ず測定を受けること。(1度処方すると後は問診もしないでずっと処方し続ける医師もいる。)
○親・きょうだい・親戚に,若くして心臓病・血栓症を患った人がいる場合,必ず医師に告げること。

 

(2) Progestogen-only pillMini-Pill
プロゲステロンだけで,エストロゲンはまったく含まない。排卵を止めるわけではなく,精子の通り道(子宮頚)の分泌液の濃度を増し,精子を殺してしまうため妊娠しなくなる。万が一卵子が受精しても着床しづらい環境になる。

28錠で1セット。毎日必ず1錠ずつ服用する。「毎日夕食後」など,時間を決めて飲むのがよいそうです。

35才以上で喫煙する人は,イギリスでは(1)のCombined pillは処方してもらえません。禁煙するか,(2)のProgestogen-only pillを処方してもらうことになります。(ただし,Progestogen-only pillは「体重70kg以上の人には効果が下がる場合があります」とのこと。)

Progestogen-only Pill の利点と欠点,副作用

○期間を空けることなく毎日飲むので,飲み忘れることがない。
○毎日同じ時間に飲まなくてはならない。服用後4〜5時間後が最も効果が高いので,夕食後などと決めておくのがよいだろう。
○年齢が高い人・喫煙者には最適の避妊ピル。
○母乳育児中でも服用できる。
○体重70キロ以上の人には効果が下がる場合もある。
○不定期出血が見られる人もいる。微量の出血が1日おきに,という場合もある。
○にきびができやすくなる人もいる。
○わずかだが,子宮外妊娠のリスクもある。受精卵が子宮外(通常は卵管)で成長を始めることもあるため。

 

★処方後

クリニックを出る前に次の診察の予約を入れます。私はイギリス国外に引っ越すまで,月に1度通ってました。しばらく経つと半年に1度通えばよくなるらしいです。というか,ピルは最高で6セット分しか処方できないそうで,やはり半年に1度は医師の診察を受けることになります。つまり,ピル服用を続けるなら,半年に1度は必ず軽い診察・問診を受けなくてはならない,ということなのでしょう。いいことだと思います。

処方してもらった後でも,何か気になることが起こったら,すぐに相談に行った方がいいです。自分の体に合わないと思ったら,例えば同じCOCでも含有するホルモンのバランスが違うものに変更してもらうこともできるはずです。私の場合,最初はMini-pillを服用していたのですが,それがちょっと合わなかったので,すぐCOCに変更してもらいました。それ以後は特に副作用などはなかったです。生理前後特有の腰痛・頭痛などなどが,ぴたっと止まってびっくりしたくらいです。

 

★飲み忘れた時

(1)COCの場合……
◇ 前日に飲んだ時刻より12時間以内である
 →すぐに服用する。避妊の確率は下がらない。
◇ 前日に飲んだ時刻より12時間以上経ってしまっている
 →すぐに服用する。しかし、避妊の確率が下がるので、セックスする時は必ず他の避妊方法を併用すること。

(2)Mini-Pillの場合……
◇ 前日に飲んだ時刻より3時間以内である
 →すぐに服用する。避妊の確率は下がらない。
◇ 前日に飲んだ時刻より3時間以上経ってしまっている
 →すぐに服用する。しかし、避妊の確率が下がるので、セックスする時は必ず他の避妊方法を併用すること。

つまり,毎日午後8時にピルを服用しているなら,(1)のCOCなら翌日の午前8時までに服用すれば特に影響なし,それ以降になると避妊の確率が下がります。(2)のMini-pillの場合は,当日午後11時までに服用すれば特に影響なし,それ以降になると避妊の確率が下がります。

生活が不規則な人,忘れっぽい人は,飲み忘れてしまった場合の許容時間を考えると,COCの方が精神的に楽でしょう。

 

★その他……

ピルは妊娠しないようにすることはできますが,AIDSを含む性病の感染を予防することはできません。コンドームは使いましょう。

 

参考サイト:
alt.contraceptives on the WWW
http://www.atfloydian.u-net.com/alt-contraceptives/pill.htm

Family Planning Association
http://www.fpa.org.uk/

 


「A to Z」目次

... home

no frills