犬や猫をイギリスに連れて行くための手続き

従来日本から英国に犬猫を持ち込む場合は,検疫のため約6ヶ月係留されなければなりませんでしたが,2001年から,必要な手続きなどをして必要な書類が揃っていれば係留期間が免除され,便到着後約3時間で引き取りが可能となりました。しかし,この制度を利用するのは簡単とは言えません。公式サイトの内容を簡潔にまとめてみましたので,プラン作りにお役立てください。
 
■ 必要な情報が記載されているサイト:
英国政府 Department for Environment, Food & Rural Affairs > PETS (the Pet Travel Scheme)(英語)
英国大使館(UK NOW(日本語)
↑フレーム利用のサイトなので,ダイレクトにリンクできません。「日本から英国へのペット持ち込み:Pet Travel Scheme (PETS)」というファイルを探してください。
 
■ 概要:
従来イギリス入国後に6ヶ月かけて行っていた検疫を,出発前に日本で済ませられるようにした,というもの。従って,出発までに約7ヶ月の時間的な余裕が必要。
 
■ 具体的な手続き:
まず,動物病院でマイクロチップ(個体識別用)を埋め込み,狂犬病の予防接種と*血液採取*をする。
  ↓
病気にかかっていないかどうかを確認するために6ヶ月間の待機を経て,動物検疫所で「証明書(PETS Certificate)」を取得する。この証明書がペットのパスポートとなる。
  ↓
この辺りで,渡航者(人間)の航空券を買う。犬や猫の輸送は飼い主と同じ便になるが,*認定されたエアライン*のみで許可される。
  ↓
出発2日前に動物病院でダニや寄生虫を駆除し,動物検疫所から「駆除証明書(Certificate for Treatment against Ticks and Tapeworms)」を取得する。
  ↓
貨物代理業者(海外引っ越し業者)を通じて,航空便スペースの予約をする。(ペットは貨物扱い。どんなにかわいくても,一緒にキャビンに入ることはできない。)イギリス入国時に通関の手続きをする代理店(利用航空会社による指定あり)に連絡を取り,予約および当日の手続を手配する。
  ↓
イギリスへ出発。日本出発時,ペットが入ったコンテナに動物検疫所の職員に"official seal"を貼付してもらう。機内で「申告書(*Pet Travel Scheme Declaration*)」をもらって記入する(ノンカーボン紙2枚で1組)。この申告書は事前に入手することもできる。(英国大使館までファクスで請求。)
  ↓
イギリスに到着。代理店を通して通関手続を行う。
 

*血液採取
採取された血液は狂犬病抗体の血液検査のため,イギリスのVeterinary Laboratories Agency に送る。犬は日本政府の輸出許可書が必要(問合先=横浜動物検疫所,電話:045-751-5921)。猫は輸出許可書が不要なので直接送付。送り先の住所などは,上記公式サイトを参照してください。
 
*認定されたエアライン
現在のところ,日本航空の成田〜ロンドン便,関西〜ロンドン便,名古屋〜ロンドン便,全日空の成田〜ロンドン便のみ。ただし随時更新がある可能性もあるので,上記公式サイトを随時参照してください。また,認定されていないエアラインで連れて行く場合でも,出国前の血液採取とかダニ駆除など必要なことを全部をして,必要な書類を全部揃えておけば,"early release"という制度により2〜3日内に検疫施設を退出できることになっています。ただ,成田からロンドンまで20時間もかかるような路線では,物理的に不可能でしょう(ペットが身体を壊してしまう)。
 
*Pet Travel Scheme Declaration
英政府の公式サイトでは"The declaration of residency"と表されている書類。入国させるペットが,イギリス入国前の6ヶ月間,日本およびその他のPETS参加国以外に渡航していないことを証明するためのもの。

 

■ 注意事項:
◇ 獣医さんサイドで「何を何のためにどうしたらよいか」ということは,英国政府 Department for Environment, Food & Rural Affairs > PETS (the Pet Travel Scheme) > What Vets Must Do にまとめられている(英語のみ……残念ながらUK NOWにも日本語訳はない。→ ウェブ上の無料翻訳の一例。)
◇ 土佐犬など「危険動物」に指定されている犬は,英国への持ち込みは全く不可。もし持ち込むと,犬には死が,飼い主には逮捕がプレゼントされる可能性が高い。

以上,見てきたように,飼っている犬や猫をイギリスに連れて行くには,かなりの手間と時間がかかります。手間だけならまだしも,時間も長くかかるため,例えば1年程度の滞在で連れて行くことは,現実的とは言えなさそうです。また,連れて行ったペットを日本に連れ帰るとなると,あちらでの手続きはすべて英語でやることになるし,事務作業がすんなり進むとは限らないお国柄(?)なので,より大きな手間と時間をかけなければなりません。ペットを連れて行こうとお考えの方は,そこをよく考慮して判断してください。

■ 関連情報サイト:
日本政府 農林水産省 動物検疫所
犬,猫,小鳥,サル,ウサギ,牛,羊,豚,うずら,みつばち,ヘビ,カエル,あらいぐま,スカンク……壮観だ。ついつい全部見ちゃった。勉強になった。(笑)
A Wan!derful Travel with Your Dog
【犬を連れて出かけよう!】

犬連れの旅行,特に海外渡航情報に力をいれたサイトさん。作者さん自身の海外渡航の時の経験から,「ほしい情報」という観点でいろいろ集めてあります。頼りになる存在!

制度の存在を教えてくれた横綱さんに多謝。


「A to Z」目次

... home

written by locate@no frills, September 2001

http://nofrills.in.coocan.jp/atoz/pet.html
リンクフリーですが,無断転載やコピー&ペーストは禁止。
リンクの場合のご連絡は不要。

 

no frills