イギリスのビデオ,日本のビデオ

PAL / NTSC (video)

イギリスのビデオ=「PAL」,日本のビデオ=「NTSC」。

「PAL」と「NTSC」には,基本的には互換性がない。
とは言え,最近はPALのデッキはNTSCは自動認識して再生してくれるのが主流だそうだから,
日本からイギリスにソフトを持ち出す場合はほとんど心配は要らないだろう。

逆に困るのがイギリスから日本にソフトを持ち込む場合。
PALに変換するか専用にデッキを買うしかない。
イギリスでビデオソフトを買って日本で見るなら,
できれば対米輸出用の「NTSC」のものを。(アメリカも日本と同じNTSC。)

 

    ■ イギリス→日本    

イギリスのビデオテープ(PAL)は,日本の普通のデッキ(NTSC)では再生できない。
日本でPALのテープを見たかったら,
業者に変換してもらうか,あるいは「ワールド仕様」のデッキを購入することになる。

(1)変換業者
「8mmとVHS,βとVHSなどの変換できます」という看板を出しているところに問い合わせを。
ただし,市販ソフトは著作権の関係上断られることもある。

 

(2)「ワールド仕様」のデッキ
NTSC,PALだけでなく,SECAMなどにも対応し,電圧も100〜240V対応で海外でも使えることが売り。
価格的には,普通のVHSデッキより高くなるが,セールを狙えば案外安く手に入る。

aiwa HV-MX100(希望小売価格¥108,000,家電量販店のセールで¥50,000〜)

Sumsung SV5000W (価格は同上)*機種・価格は2001年2月現在。

 

 

    ■ 日本→イギリス    

イギリスで売られているデッキのほとんどは,PALでもNTSCでも再生可能なので,
日本で録画したVHSテープはイギリスで普通に見ることができる。
(3倍速録画も再生可能。)
ただしイギリスのデッキは,録画はPALでしかできない。
また,年式が古いものだとNTSCは再生できないこともある。

補記:DVDについて。

 

日本でのPAL再生=『イギリスのこと。』#2の記事より圧縮してアップデート

イギリスでのNTSC再生=うたぞうさんからの情報

 


「A to Z」目次

... home

no frills