イギリスでDPE (1)

街角DPE

自分のための普通の写真なら

 

ロンドンの街角のケミスト(薬局)とかニューズエイジェントにはよくDPE(Development, Printing & Enlargement)の看板が出ています。

たいがいのところは翌日仕上げ(午前中持ち込み分),値段は店によって差がありますが,安いところで£2.99。£3.99も多く,£4.99のところもあります。ネガのコマ数(写真の枚数)は関係ありません。12枚でも24枚でも26枚でも同じ値段。

あちらの写真は日本で言う「ハガキサイズ」が普通なので,見栄えがよいです。(ただし日本に持って帰る時に荷物がとても重くなりますが……。)

写真のサイズを表す英語と料金

Economy=ハガキサイズ。£2.99〜4.99。(店による。)

Standard=A5サイズ。£5.99〜6.99。

それと,これは個人的な感覚なのかもしれないけど,色がちゃんとイギリスの色で出ます。微妙な色合いのレンガや石の壁も,おおむねそういう色の出来上がりです。(日本で焼くと,やはりくすむような気がします。)

ただし,ネガ・フィルムをビニールの袋に入れてくれないのがちょっと怖い。日本に帰って来てから,ヨドバシカメラなどの専門店か近所のカメラ屋さんで袋だけ買って,自分で入れることになります。ロンドン市内でも専門店で扱っているところがあるそうです。

フィルムは4コマごとにカットされます(日本では6コマごと)。もちろん撮った写真には影響しませんが,日本で焼き増しを頼んだ時に,写真屋のおやじさんに「だめだよ,自分でカットしちゃ〜」と言われたことがあります。

ところでDPEと言うとチェーン店ケミスト,BOOTSが有名ですが,ここのDPEは実はかなり評判が悪いです。私が利用した時はトリミングがめちゃくちゃ(ナナメってるとか切れてるとか)だったのですが,ひどい場合にはフィルムをだめにされた(現像をやった人がずぶの素人で,フィルムを処理する薬品の順番を間違えたのが原因)という人もいます。BOOTSは店舗数が多いし当日仕上げもあるし,便利は便利なのですが,他に選択肢がない場合でもなければ,個人的には利用しません。何より値段が高いし(£5.99とかしたような気がする)。

そのほかに,都心部には「クイックなんとか」という感じの現像所(?日本の街角の「フジ」とか「コダック」みたいなところ)があり,1時間仕上げとかもやってくれるようです。

なお,リヴァーサル,高感度フィルム(ISO1600など)は専門店に出した方が安心です。モノクロは街角DPEでは受け付けてもらえないので(と言うか,店員に知識がないので受け付けてくれるかもしれないけどフィルムの安全は保証しません),カメラ店などで「モノクロ(a black & white film) なんだけど」と尋ねてみるといいでしょう。1993年に36枚で£6.99,出来上がりまでに5日ほどかかりました。

焼き増しは高いです。1枚20pくらいします。なので,友達と旅行に行った時の写真,パーティーの写真など,何人かに配る場合は,初めから数セット焼いてもらったほうが安く上がります。「エクストラ・セット(Extra Set)」を頼むと,現像する時に全ての写真を2枚ずつ焼いてくれます。安い場合(セールなど)がよくあり,1セット£1.99〜2.99。

*部分的にうたぞうさんに教えていただいた情報が含まれています。

イギリスでDPE(2)
「郵便DPE」

2002年9月19日追記:
私が体験的に知っているのは35ミリのみ,かつ感度800までのカラーネガと白黒ネガのことだけです。
APSについては別ページに簡単に書いておきました。
高感度のフィルムとかポジのことはわかりません。ごめんなさい。

 


「A to Z」目次

... home

no frills